ロードバイクの情報を発信しています!

Dirty Kanza 2019 最強のグラベルレースを走るマシン 

海外情報
Photo: Brad Kaminski
この記事は約6分で読めます。

2006年に開始された Dirty Kanzaグラベルレースは当初、34人の参加者で始まりました。

2019年の今年のレースでは2,000人以上のレースへと成長。

324.6キロメートルの砂利道を、カンザス州のエンポリアの町の近くので行われた。

現役のプロ選手も走る世界最強のグラベルロードレース。そのレースを走ったマシンの紹介です。

 

スポンサーリンク

Colin StricklandのAllied Cycles ABLE

Photo: Brad Kaminsk

レースは夜明け前からスタート。制限時間は20時間。

 

男子の優勝のColin Strickland Photo: Brad Kaminski

男子の優勝は、Colin Strickland(Meteor X Giordana)

上の写真は、まさにアタックをかけて後ろの追走集団からブレイクアウトしている瞬間。

 

Photo: Brad Kaminski

後ろの追走集団ですが、TREKにEF Education Firstの二人のプロライダー!

 

Colin Stricklandが乗っていたのは、Allied Cycles ABLE。アメリカのブランド。

 

Photo: Brad Kaminski

川の中も走るんですね!

 

https://www.instagram.com/p/ByGNAquJPoQ/

こちらは走ってない綺麗な状態のバイク。

 

https://www.instagram.com/p/ByGNAquJPoQ/

チェーンステイが特徴的。

 

https://www.instagram.com/p/ByGNAquJPoQ/

42mmのタイヤ。ホイールはENVE。

 

https://www.instagram.com/p/ByGNAquJPoQ/

 

 

Amity RockwellのAllied Cycles ABLE

女子優勝のAmity Rockwell Photo: Brad Kaminski

女子の優勝は、Amity Rockwell(Easton Overland Gravel Team)

 

http://www.cyclingnews.com/features/dirty-kanza-2019-gravel-race-tech-gallery/

こちらも、新しいAllied ABLEグラベルバイクで走ってます。フレームは前日に納入されたばかりで仕上げは前日というから驚き。

 

http://www.cyclingnews.com/features/dirty-kanza-2019-gravel-race-tech-gallery/

Allied Cycles ABLEでの高架チェーンステー。独特な形をしてますね。

 

Photo: Brad Kaminski

こけて、ケガしようが笑ってないと優勝なんて出来ないということですか~

 

Ted KingのキャノンデールSuperX

2018年優勝者の2015年までガーミンで走っていた元プロレーサーTed King。

彼はSRAMのRED eTap AXSを装備したキャノンデールSuperXでレース

 

Ted KingはRedshift ShockStopサスペンションシステムを使用。

 

http://www.cyclingnews.com/features/dirty-kanza-2019-gravel-race-tech-gallery/

チタンレールの皮サドルCycles Berthoudを使用。

 

http://www.cyclingnews.com/features/dirty-kanza-2019-gravel-race-tech-gallery/

Ted Kingは、DK200のために42mm幅のRene Herse(以前はコンパスとして知られていた)ハリケーンリッジタイヤを選択。

今回は8位でゴール。

 

レース結果です。注目のプロはというと。

 

Dirty Kanza 200 Men’s top 10

  1. Colin Strickland, 9:58:49
  2. Peter Stetina, 10:07:54
  3. Alex Howes, 10:18:36
  4. Lachlan Morton, 10:18:36
  5. Payson McElveen, 10:35:29
  6. Kiel Reijnen, 10:38:40
  7. Joshua Berry, 10:38:40
  8. Ted King, 10:38:40
  9. Noah Granigan, 10:52:53
  10. Tristain Uhl, 11:02:27

 

Trek-SegafredoのライダーPeter Stetinaが2位。Kiel Reijnen6位。

EF Education FirstのライダーAlex Howesが3位。Lachlan Mortonが4位という結果でした。

 5人のプロのうち4人のライダーがトップ10入でしたね。

Photo: Brad Kaminski

 

TREKのライダー二人は、カスタムペイントされたバイクがドロドロです。

 

Photo: Brad Kaminski

 

現役プロでも、独走で勝てないとはレベルが高いですね。しかし、300キロ以上の砂利道を10時間で走り切るとは凄いパワーとテクニックです。

 

Photo: Brad Kaminski

レース途中では、こんなのもありです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました