ロードバイクの情報を発信しています!

ディスクブレーキでケガか? U23パリ~ルーベでのクラッシュから

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/madone/madone-sl/madone-sl-6-disc/p/28714/海外情報
この記事は約3分で読めます。

ディスクブレーキが普及する前に、問題になっていたのがディスクローターでケガをするというのがありました。

普段でもあまりディスクでケガをしたという事故を聞いてないので問題になっていたことも忘れていたくらいです。

それが、パリ~ルーベU23のレースで起こってしまった。

 

Paris-Roubaix Espoirs under-23

https://twitter.com/chamberycf

手術に成功したMatteo Jorgenson

ケガをしたのは、Chambery CFのライダーMatteo Jorgenson(19歳)

事故があったのは、日曜日のフランスでのパリ~ルーベ エスポワール23歳以下のレース。クラッシュで、彼が足に受けたディープカットの原因がディスクブレーキローターであると言いました。

 

Cambraiの病院で手術を待っている間、けがをした足の写真を添えて、

「私はケガするまで、ローターでケガするとは思ってなかった」

とMatteo Jorgensonはツイート。

 

https://twitter.com/matteojorg

 

彼のツイートには、ざっくりと切られた足が写っていたので自主的に削除。見たい場合には彼のツイートを見て下さい。

 

彼は、ケガがディスクブレーキによるものであるという証拠があるかどうかを尋ねられたが、それ以外にはあり得ないと述べた。

事故の時、他のライダーのリアディスクブレーキローターと彼のシューズが血まみれになっているのを確認している。

 

2016年のパリ~ルーベでも

http://www.cyclingnews.com/news/ventoso-blasts-the-use-of-disc-brakes-in-the-peloton/

Francisco Ventoso’s (Movistar)

ディスクローターによるケガは、これまでもありました。

 2016年のパリ~ルーベで、Francisco Ventoso’s (Movistar) はディスクブレーキが彼の膝のすぐ下で大きな傷を引き起こしたと報告 。

主張は一部の人々によって疑問視されたが、UCIはプロトン内のディスクブレーキのテストを中断することを選択。翌年の初めまで再開されなかった。

 

ホイールのクイックレバーでも

ホイールのレバーがケガにつながるという事故もあったようです。

しかも、パリ~ルーベU23と同じ日に起きてます。

http://www.stickybottle.com/latest-news/wheel-skewer-stuck-in-cyclists-leg/

クイックリリースレバーで足にケガをしてしまいました。

 

https://twitter.com/resultsboy

アメリカでの事故ですが、彼はホイールごと病院に行くことに~。

 

こちらも、ツイート削除しました。ホイールごと病院に入っていたので画像は削除しました。

 

事故に絶対はないので、起こりうると考えておかないといけないです。自分だけの落車ならば、起こる可能性は低いと思いますけど。

レースなどで、複数の人とからんで落車すると実際におこる事故だと覚えておかないといけませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました