ロードバイクの情報を発信しています!

Petr Vakocトラック衝突から12カ月でカムバック! べットの上で自転車に乗る?

海外情報
https://twitter.com/petrvakoc

長いリハビリを経て、Petr Vakoc(Deceuninck – Quickstep)は今週末にブエルタ・ア・サンファン(Vuelta San Juan)でレースへの待望のカムバックをします。

チェコのライダーは、チームメイトのローレンス・デ・プラスと共に、2018年1月末に南アフリカのトレーニングキャンプの最中でトラックと衝突。

ローレンス・デ・プラスは比較的軽微な負傷で済みましたが、Vakocはそれほど幸運ではありませんでした。

 

スポンサーリンク

長いリハビリからの生還を果たした

photo Cor Vos

Petr Vakocは2016年のツール・ド・フランスに出場

Vakocは、病院での検査の結果、骨折した脊椎骨がいくつか発見されました。 最終的な回復は小さなステップで行われ、彼はシーズン全てを使ってリハビリをすることに。

 

脊椎骨とは
椎骨(ついこつ)または脊椎骨(せきついこつ、英:vertebra)は、脊椎の分節をなす個々の骨のこと。
縦一列に並んでおり、ヒトの場合上から順に頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎5個、尾椎4個の33個存在するが、仙椎および尾椎はそれぞれ癒合しており、仙骨および尾骨と呼ばれる。

引用 Wikipedia

Vakocの場合は、首にギプスをまいているので首の近くの骨が骨折していたのだと思います。骨をくっつけるために固定していないといけないので、仰向け姿勢しか出来なかったのでしょう。

 

その後、自転車を前面を吊り下げたまま数ヶ月に渡って仰向けに横たわっていました。ツイート見ると本当に自転車をたててぺダリングしてます。

起き上がれないのはつらかったでしょうね。長くて大変なリハビリが続きました。

 

ようやくチューブが抜けた!

 

信じられない!  2か月後には寝たままでペダリングしてます。

 

4月になっても寝たままでペダリングしてます。

 

普通に座ることが許可されていないので、正座して散髪してます^^;

 

Vakocは昨年6月に再び道路でロード走行を開始。重傷からの回復に着実に取り組んでいます。

ツイート動画みると、体幹トレーニングとかもやってますね。

 

衝突から1年近く、そして彼の最後のレースから16カ月後、Vakocは今週末にVuelta San Juanでカムバックします。

https://twitter.com/PetrVakoc

 

11月上旬に、彼がこれから100日以内にプロトンでカムバックをしたいと発表されました。それは2月上旬になる予定でしたが、彼の復帰は更に早くなりました。

アルゼンチンのステージレースでは、Vakocは主に彼のチームメイトのアシストになります。 先週、彼はJulian Alaphilippeと一緒にトレーニングをしてきました。

https://twitter.com/PetrVako

ブエルタ・ア・サンファンはアルゼンチンで行われる、アンデス山脈沿いに位置するサンファン州で行われる1クラスのステージレース。

平坦ステージ・個人タイムトライヤル・山頂ゴールなどバランスの取れた7日間のレースとなっており、開幕戦としてレースに臨むチームも多いレースです。

Vakocは、ジュリアン・アラフィリップのアシストとして活躍が期待されています。

https://twitter.com/PetrVakoc

 

チームのビデオより

Petr Vakoc: "Ready for a new beginning"

無事にカムバック出来てよかった。高いレベルへの復帰は並大抵のことではないと思うので本人の努力の凄まじさが伝わってきます。

私も、トラックにぶつかりかけて骨折しているので復帰する人の話題は大変嬉しいです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました