ロードバイクの情報を発信しています!

モビスターがレース復帰後に使用するジャージデザインが決定!

海外情報
Photo movistar_team instagram
この記事は約7分で読めます。

モビスターでは、「Design the Champions」ジャージプロジェクトでチームジャージのデザインを募集していた。

 

ネット上で投票が行われてチームが中断後のレースで使用するジャージが決定した。

 

スポンサーリンク

デザインしたのは元オリンピック選手

こちらは優勝したデザインをしたLoris Gobbiのインスタ。最初に出て来る画像はデザインした40枚のジャージ。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🎨🚴‍♂️ Os presentamos a Loris Gobbi (@gobolodesign), el ciclista y diseñador que creó el boceto ganador y base de nuestro ‘Maillot Solidario’ @alecyclingofficial. En este post, su historia ⬇️ #SeguimosConectados ⠀ ⠀ “Mi nombre es Loris Gobbi. Tengo 37 años, soy italiano y resido en la República de San Marino. Fui ciclista de pista, internacional con la selección italiana en el ciclo olímpico de Atenas 2004. Participé en diversas Copas del Mundo, y tras no lograr pasar al profesionalismo me centré muy pronto en mi otra pasión, la moda. Trabajé primero haciendo ‘fast fashion’, con la empresa Terranova Group, con la que diseñé todo tipo de camisetas, y fui evolucionando en mis trabajos de cara a convertirme después en diseñador de moda, hace 14 años. Actualmente trabajo con la marca @calliopeofficial.⠀ ⠀ El ciclismo es mi vida. Como junior competí para el equipo de base de la Saeco, en aquellos años famosos de Mario Cipollini en los que continuamente cambiaban de maillot. Soy de la región de Emilia-Romagna, de la tierra de Marco Pantani y a pocos kilómetros de donde nació Valentino Rossi. Esas influencias han sido claves en mi forma de entender la vida y han impulsado mi creatividad. A través de @dafnefixed empecé a diseñar equipaciones de ciclismo, por puro divertimento, y gracias a que a la gente le gustaban mis diseños fui haciendo colaboraciones.⠀ ⠀ A la hora de diseñar el ‘Maillot Solidario’ he buscado dar color a la vida de la gente en un período gris, triste. Para que veáis lo que me ha inspirado este concurso, he llegado a hacer al menos 40 bocetos antes de lanzar el definitivo. Pienso que ver ese arcoíris después de unos tiempos duros será un signo positivo para la gente, un buen augurio. El fin de las dificultades, la capacidad del ser humano para resurgir de esas situaciones difíciles y buscar nuevas oportunidades, nuevas ilusiones.⠀ ⠀ Vivo y amo el ciclismo desde que mis padres me llevaban de pequeño a ver a Pantani al Giro. Son emociones únicas, que no se olvidan. Me encantaría estar con el equipo cuando se estrene el maillot. He visto varias veces el documental de Netflix y me transmiten una simpatía enorme. Por todo esto, soy un fan más suyo”.

Movistar Team(@movistar_team)がシェアした投稿 –

MovistarチームとAlėは、「Design the Champions」ジャージプロジェクトに応募されたデザインをweb上で投票を行った。

 

こちらが投票結果

Photo movistar_team instagram

最高得点を獲得したのはレインボージャージ。合計3,069票から587票の19.1%を獲得。

このジャージをデザインしたのはイタリアのデザイナーのLoris Gobbi

彼の自転車との出会いは、両親がジロ・デ・イタリアに連れて行ってマルコ・パンターニを生で見たことから始まる。

ジュニアとして、マリオ・チッポリーニがほぼすべてのレースでジャージのデザインを変更した有名な時代に、サエコユースチームに参戦。

 

エミリアロマーニャ州出身で、マルコ・パンターニの故郷に近く、バレンチノ・ロッシの生まれた場所にも近い。これによってサイクリングは彼の人生となった。

彼は2004年アテネオリンピックのイタリア代表チームの一員になる。ワールドカップにも参戦したが、ブロになるチャンスを味わえないことがわかったとたんに、ファッションという大きな情熱にすぐに取り組みんだ。

楽しみのために、サイクリングジャージの作成も数多く手掛けており、多くのコラボ作品を作っている。

彼は今回のジャージコンテストに当たって約40枚のデザインを作成。それだけ考えられるのが凄い!

 

優勝したジャージデザイン

Photo gobolodesign instagram

このジャージの意味は、光を加えることであり、私たちに従う人々の心に虹をもたらすこと。

この困難な状況の終わりに向かって一緒に乗って、生活を明るくし、連帯への道を描いている。

このレインボージャージは、コロナウイルスパンデミック検疫後の最初のUCIワールドツアーレースでMovistarチームが2週間着用する。

レース終了後、チームのメンバーがサインして、オークションにかけることに。すべての収益は、赤十字とイタリア市民防衛に送られることになる。

 

モビスターはこれまでも、グラスブランドの100%と協力して、スペインの病院に250組のサングラスを寄付しており、社会貢献に積極的に関わっている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました