ロードバイクの情報を発信しています!

鉄人ダビテ・レベリンは骨折したまま引退はしない!

海外情報
Photo credit: CpaKmoi on VisualHunt
この記事は約6分で読めます。

2021メモリアル・マルコ・パンターニで落車して、両足骨折してしまったダビテ・レベリン50歳。

 

 

しかし、ダビデ・レベリンは、脛骨と腓骨の骨折に負けていない。プロになって29年目、少なくとも3、4世代は経験しているが、それでもまだ元気だ。

2021年の成績は

  • Adriatica Ionica Race / Sulle Rotte della Serenissima (2.1) 総合10位
  • Giro dell’Appennino (1.1) 12位
  • Sibiu Cycling Tour (2.1) 総合10位
  • Turul Romaniei (2.1) 総合7位

Work Service Marchiol Vegaで若い20歳そこそこのメンバーと走って、エースを務めている。

全体としては、まだいくつかの結果を出すことができたが、そうでなければ、もう引退していたでしょう。私にとってトレーニングは楽しみの一つだ。だから、まだ終わっていない。

いまだに、松葉杖だが復帰する気は満々だ。

 

スポンサーリンク

復帰にむけて

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Davide Rebellin(@davide.rebellin)がシェアした投稿

 

こんにちは、まずはお元気ですか?

ひどい打撃、複雑骨折。骨が固まるまで1ヶ月ほど待たなければならなかったが、ようやく足に力を入れることができるようになった。

今のところ、松葉杖で負傷した足にテコを使わずに移動しているし、家の中での移動もさほど問題なくできている。

理学療法とリハビリテーションを続けており、改善が見られるが、まだ少しの辛抱が必要だ。無理はしたくない。

 

復帰出来るのはいつ頃ですか?

12月の初めには新しいレントゲンを撮るので、それまでには回復に向けて良い一歩を踏み出したいと思っている。

年内にはバイクに乗れるようになると思う。

 

これだけボルトや金属が入っていて走れるようになるのか?

Davide Rebellin facebookより

 

そんな大怪我をしたことはありますか?

そんなことはない。これまで、肩の脱臼、肋骨のひび、鼻への打撃など、上半身に問題を抱えていたが、脚には問題がなかった。

典型的な集団落下で、どうしてこんな骨折ができたのか、今でも不思議だ。ペダルから足が離れなかったのかもしれないが、正確にはわからない。足が反対側までねじれているのを見て、すぐに重傷だとわかった。

 

この強制的な停止の日々の中で、あなたは退屈しませんでしたか?

実際には何もできなかった。上半身、腹筋、腕を鍛えるために、1日2〜3時間、自由なボディエクササイズを行った。

その後、1時間半のローラー、フィジオセラピーを行い、その日の大部分が過ぎていった。パートナーでもあるDynatek社との仕事を継続したいと思っている。

 

もっと若かったら、回復も早かったのでは?

わからないけど、もしかしたらそうなっていたかもしれないし、数週間は短くなっていたかもしれない。

でも、そんなことはどうでもよくて、僕の目標は100%の状態に戻して、脚の調子を整えて、気持ちよくバイクに乗れるようにすることなんだ。そして、レースに出るかどうかはその時になってから……。

 

2022年は新しいチャレンジを

Davide Rebellin facebookより

 

ところで、Work Service Marchiol Vegaチームを継続する可能性はありますか?

まず最初に、怪我からどのように回復するかを見てみよう。私はこれまでのキャリアで3ヶ月間のオフを経験したことがないので、自分の体がどのように反応するかを見てみたい。

9月、10月のレースをもって2021年末に引退する気持ちが半分あったことは隠さないが、長いキャリアを骨折で終わらせることはできなかった。

ワーク・サービスと一緒に、3月、4月、5月と、いくつかのレースに出ようと考えている。最後はレースで締めくくりたいと思う。 そして、グラベルで自分自身を立ち上げたいと思っている…。

 

それは何を意味しますか?

来年、UCIはグラベルサーキットを作ることを考えている。グラベルバイクの需要が高まっているDynatek社と一緒に、小さなチームを作って様々なイベントに参加しようと考えているんだ。ロードとグラベルの間の2022年は悪くない。

 

それが未来だと言う人たちに賛同するわけですね。

売上の数字がそうであるように、グラベルの世界は成長している。率直に言って、私自身とても興味があるんだ。私はこの分野の経験がないので、非常にやる気になっている。

 

チームメイトであるワークサービスのメンバーは、あなたのような経験を持つライダーにどのようにアプローチしていますか?

彼らは私を見て、トレーニングや栄養について質問し、レースの戦術を解釈しようとしている。

私はレースにおけるスポーツディレクターのようなもので、参考になるし、みんなも私のやることに純粋に興味を持ってくれる。

そして、その手伝いができることを嬉しく思っている。昔、フランコ・キオッチョリやジャンニ・ブーニョを見ていた時のことを少し思い出したが、私はとてもシャイだったので質問はしなかったんだ。

 

この2~3年でサイクリングに変化はありましたか?

はい、絶対に。レースのやり方も変わった。技術、トレーニング方法、バイク、栄養士、心理学者、これらすべてがパフォーマンスの完成度を高め、レベルを飛躍的に向上させている。

 

今の自転車競技界の若手になりたかったですか?

正直なところ、ない。今では、すべてがよりストレスフルで、具体的なプログラムに沿って図式化されている。

成熟する暇もなく、すぐに結果を求められる。私が経験したときは、すべてが穏やかで、24~25歳のときに初めてグランツールに出場したが、今は20歳ですでにトップに立っている。

チームは後輩たちの中から、熟成に時間がかかるものも含めて探していく。アマチュアで優勝しても、30歳からプロの間で重要な成果を上げ始めたと言えば十分でしょう。要するに、私は今日の若者をうらやましくない»。

 

しかし、彼らはショーをしてくれる…。

もちろん、ポガチャルは、どこでも勝てる現代のライダーの象徴だと思う。

しかし、私が彼を好きなのは、彼がバイクで楽しんでいるからなんだ。彼を見ていると、いつも笑顔で、陽気で、屈託がない。彼はサイクリングに最適なキャラクターだね。

 

50歳でグラベルにチャレンジしようと思うのは凄いことだ。今でも6時間は練習しているというけど、そのレベルに戻れるのかは本人もわからない。

さすがに、3か月以上も自転車から離れると復帰も難しいかもしれない。だけど、鉄人として諦めずに再びレースで元気な姿を見せて貰いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました