ロードバイクの情報を発信しています!

フィリップ・ギルバートはチームを6人のライダーに減らすことに激怒

海外情報
Photo by 傅甬 华 on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

フィリップ・ジルベールは、主催者であるRCS Sportがミラノ~サンレモで1チームにつき6人のライダーしか認めないという決定に満足していない。

これは今後のレースシーズンを考えて、多くのチームを出場させるため2チーム追加で招待するための処置だ。

これによりチームは7名編成から6名に人数が減ってしまう。

モニュメント完全制覇を目指すフィリップ・ギルバートが怒っている理由とは?

 

スポンサーリンク

チームプレーでなくなる

photo Philippe Gilbert instagram

今年のミラノ~サンレモは色々な意味で初めてのことが多い。

まず、コースは海岸線を走ることはない。地元の市長がバカンスシーズンもあり反対したからだ。

詳しいコースは以下の記事で書いているので参考にどうぞ。

 

 

レースには、4チームが招待されていたが、さらに2チームが招待された。

イタリアのAndroni Giocattoli – Sidermecと、Bardiani-CSF-Faizanè。各チーム1名ずつ減らすことで162人のライダーがスタートラインに並ぶ。

7名だったら、189人となりUCIが規定する176人をオーバーしてしまいますからね。

 

これについてジルベールは

これは非常に奇妙な決断だ。ライダーが一人減ると大変なことになる。 すでにクラシックでは8人から7人のライダーになっている。それでも大きな調整だった。

これが7人から6人になろうとしているが、これではレースのやり方が非常に限られてしまう。

6人なら個人の戦いとなり、チームなんて必要なくなるんじゃないか?

レースの戦術が組み立てられないと言っている。アタックをつぶすアシストも減ってしまい、レース終盤で人数が減った場合などはなおさらだ。

 

同じようなことをTeam Jumbo-VismaのGMリチャード・ブルッヘも指摘している。

無責任でとんでもない決定。この要求が許可されたという事実は、開始14日未満の私たちのガバナンスにとって理解不能だ。

チームは各レースにメンバーを派遣するために、綿密に計画を立てている。これがレース開始前に行われると、一人のライダーは仕事がなくなることになる。

チームの人数を減らすような大きな問題の場合、もっと早く決定して発表するべきだというのが大方の考えだ。

 

モニュメント制覇を目指すフィリップ・ジルベールにとって人数の削減の問題は大きい。

コースが変わったことで、カレブ・ユアンをアシストするライダーを減らすのか、ジルベールのアシストを減らすのかも大きな問題だ。

現在ロットは4名を確定しているが、これからの人選が難しくなるだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました