ロードバイクの情報を発信しています!

Giantから2021年モデルTCX Advanced Pro登場 フレームは850gと超軽量

機材情報
photo Giant
この記事は約3分で読めます。

GIANTから2021年モデルのTCX Advanced Proシクロクロスバイクが登場。

フルモデルチェンジされたフレームは、剛性を維持したままフレーム&フォークで260gもの軽量化を実現。

フレームの850gというのは超軽量と言っても良いだろう。

 

スポンサーリンク

Giant TCX Advanced Pro

こちらはプロモーションビデオ
Conquer All Conditions: Introducing The All-New TCX Advanced Pro | Giant Bicycles

2021 Giant TCX Advanced Proのフレームセットは、カーボンコンポジットの製造プロセスにより、前世代のフレームセットよりもはるかに軽量な仕上がりとなっている。

これは変更されたモノコック構造であり、最も重い織り複合シート(重いフレームセットに見られる)を排除して、乗り心地、強度、または剛性に影響を与えずに重量を減らした。

フレームの重量が17.5%減少したことに加えて、カーボンフォークは以前の460gと比較して400gと60g軽量化されている。

 

photo Jessie-May Morgan

ジオメトリの変更はヘッドチューブが3mm高くなったことくらい。タイヤクリアランスは45mmとなっている。

ステムは110mmがセットされている。

 

photo Jessie-May Morgan

ジャイアントは、シクロクロス固有のチューブセットを使用し、平らにして滑らかなトップチューブの形状を特徴としている。これなら担ぎも楽に出来そうだ。

 

photo Jessie-May

TCX Advanced Proモデルには、新しいD-Fuse SLRシートポストが付属している。

これは、既存のD-Fuse SLよりも20%しなりが向上している。

画像下側に見える内蔵シートクランプによって標準の丸型30.9mmシートポストに切り替えることも可能だ。

 

フラットマウントの油圧ディスクブレーキを使用。

 

photo Jessie-May Morgan

2021 Giant TCX Advanced Proは3つのモデルを用意。

SRAM Force eTap AXS、SRAM Force eTap AXSブレーキを備えたTCX ADVANCED PRO 0は重量7.5kgで価格は60万円。

TCX ADVANCED PRO 2はSRAM APEX 1装備で32万円。

フレームセットは22万円。

 

すでに日本の公式サイトにも情報があるので、詳しくはこちらでどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました