ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネはやはりJumbo-Vismaが強い! あ~フルーム

海外情報
photo Critérium du Dauphiné twitter
この記事は約6分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネ第1戦は、またもJumbo-Visma のアシスト陣の層の厚さを見せつけられた感じ。

スプリンターステージがなくなり短縮された5ステージでは、バンチスプリントになるのは目に見えていたけど、登れないスプリンターは淘汰されていた。

最後の1キロでJumbo-Visma は4人を前に残す展開。対するイネオスは2人。ついにイネオスの牙城が崩されるのか~。

 

スポンサーリンク

Stage 1 » Clermont-Ferrand › Saint-Christo-en-Jarez (218.5k)

第1ステージ photo a.s.o

スタートして50kmには、2級山岳が現れる。その後は下り基調なので遅れても集団復帰は可能だが、ゴール手前にも小さな丘陵が並んでいる。

スプリンターには容赦ないコースだ。

 

photo aso

最後のゴール前はかなり登っている。一旦下って、最後はキツイ登りゴールだ。登れるスプリンターしか残れないゴール設定だ。

 

逃げは落車で人数を減らす

photo Critérium du Dauphiné twitter

218kmの長丁場のレースで逃げに成功したのは5人。

  1. Quinten Hermans(Circus-Wanty Gobert)
  2. Tom-Jelte Slagter(B&B Hotels-Vital Concept)
  3. Michael Schär(CCC Team)
  4. Niccolò Bonifazio(Total Direct Energie)
  5.  Brent Van Moer (Lotto-Soudal)

 

ニッコロ・ボニファツィオ(Total Direct Energie)は、スプリンターながら逃げに乗っていたが背中の痛みで離脱。

パリ~ニース第5ステージで優勝していただけに残念。

更に落車によって人数を減らし、残ったのは二人。

 

以下ストリーミングより

一緒に逃げていたTom-Jelte Slagter(B&B Hotels-Vital Concept)は、最後に握手して逃げから離脱することを告げている。

 

ミハエル・シャー(Team CCC)は一人でも逃げ続ける。ツール・ド・フランスには2011年から連続で出場しておりチームにはかかせないライダーだ。

2013スイスチャンピオンでもある。

 

集団はクイックステップが引く展開。

 

集団からは、レミ・カヴァニャがアタック。クレルモン・フェランのTGVと呼ばれる逃げ屋なので期待したのですけど~。

 

二人の後ろから、追いついてきたPACHER Quentinは、前を走るミハエル・シャーにも追いつたのに見ての通り、落車していしまう。

これがなければ、もう少し延命出来ていたはずなのに~。

 

その後、レミ・カヴァニャはミハエル・シャーに追いついて3人になったのだけど、なんとミハエル・シャーが一人でまた、逃げ始める。

これには、レミ・カヴァニャもあきれて、手を上げてしまう。なんとも~。

 

その後、単独となったレミ・カヴァニャは登り途中まで単独で逃げ続けるがJumbo-Vismaのトレインに捕まってしまう。

 

フルームが~

強烈なペースで引き続けるJumbo-Vismaのロバート・ゲシング。かなり長い間先頭を引いており、後ろはどんどん千切れていく。

 

トレインにたまらずサガンが切れてしまう。

残り10.5kmだったけど、サガンでも遅れるペースとはJumbo-Visma 恐るべし。

それもそのはずで、少しでも緩斜面になると時速40km/hを越えることもあるほど。そのペースは速かった。

 

Jumbo-Vismaが前を引きつづる中、画面が集団後方を写している。何かと思うとフルームの姿が~。

まだ、残り6kmもあるのに切れるとは~。

 

残り3.7km付近の映像ですが、前から降りて来たヨナタン・カストロピエホと共に話をしながら上がっている姿が~。

 

この時点でイネオスは前にいるのは、ベルナル・トーマス・シヴァコフ・ミカル・クウィアトコウスキーの4人となってしまう。

結構前半はアシストしていたでしょうけど、それにしても最終局面まで残れないのは厳しいですね。

ディラン・ファンバーレは残り19キロ地点で集団から切れている。

 

残り3キロをきって、集団も活性化。

ピエール・ラトゥールのアタックに続いて、リゴベルト・ウランがアタック。結構引き離したのだけど逃げれるはずもなく。

ウランは、昨年のブエルタでの落車からかなり回復してますね。

最後はバンチスプリントになだれ込むのですが、ここでもトム・デュムランが先頭を引いてペースを作る。

下が最後の場面ですが、すでにワウトが引き離している。

 

エガン・ベルナルはシヴァコフがアシスト。トーマスは少し後ろ。

先頭のワウト・ファンアールトは、この時点で34km/hと群を抜いたスピードでスプリントに。

ダリル・インピーが追いすがるも余裕でゴール。

 

ワウト・ファンアールトは、レース前にミラノ~サンレモの疲れがまだ抜けてないと語っていたのに、このゴールを見るとそんなことはないような~。

明日以降は、アシストに回るでしょうけどJumbo-Vismaは強過ぎる。ラスト1キロを切っても再びトレインを組んで4人で走るのだから、その支配力はイネオスを上回ったと言っても良いのでは。

第2ステージからの戦いが見ものですね。

 

こちらは第1ステージハイライト
Critérium du Dauphiné 2020 – Stage 1 – Stage highlights

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました