ロードバイクの情報を発信しています!

イツリア・バスクカントリー第1ステージ 2020年グランドツアー優勝者3人が激突!

海外情報
Photo credit: gatogrunge on Visualhunt
この記事は約12分で読めます。

今年のツール・ド・フランスを占う上で重要なステージレースがやってきた。

最強の男達が再びスペインの地で戦うことになる。2020ツール・ド・フランスで逆転劇を演じたタディ・ポガチャルとプリモッシュ・ログリッチが今年初対決するのだ。

ボルタ・ア・カタルーニャで総合優勝を飾ったアダム・イェーツにリチャル・カラパスも登場する。さらに、テイオ・ゲイガンハートもエントリーしており、2020年のグランドツアー優勝者が3人激突することになる。

ツール・ド・フランスで上位に入ってくるだろう、ミケル・ランダ( Bahrain – Victorious)にギョーム・マルタン(Cofidis, Solutions Crédits)も出場する。

ミケル・ランダのアシストとして、新城幸也も登場するので注目だ。6ステージで行われるレースを見ていこう。

なお、Qhubeka ASSOSはセルジオ・エナオがコロナ陽性患者と濃厚接触したので出場していない。チームは6人で戦う。エースはファビオ・アルだ。

 

スポンサーリンク

第1ステージ ビルバオ〜ビルバオ 13.9㎞

コースマップ photo itzulia.eus

 

スペインのバスク地方で行われるステージレースは、2016年までは、ブエルタ・アル・パイス・バスコ、日本ではバスク1周と呼ばれていた。

最多優勝をほこるのはアルベルト・コンタドール(2008、2009、2014、2016)とホセ・アントニオ・ゴンザレス(1972、1975、1977、1978)で、4回ずつ総合優勝している。

昨年はコロナで中止。それ以前は以下のようになっている。すでにプリモッシュ・ログリッチは総合優勝を1回飾っている。スペインのレースなので当然アレハンドロ・バルベルデも優勝している。

  • 2019 : ヨン・イサギレ
  • 2018 : プリモッシュ・ログリッチ
  • 2017 : アレハンドロ・バルベルデ
  • 2016 : アルベルト・コンタドール
  • 2015 : ホアキン・ロドリゲス
  • 2014 :アルベルト・コンタドール

アレハンドロ・バルベルデは20か月振りの勝利をグラン・プレミオ・ミゲル・インドゥラインであげており、調子をあげているので上位には顔を出してくるだろう。

 

第1ステージ  photo itzulia.eus

 

ビルバオからスタートする13.9kmの個人タイムトライアルは、最初から7.3%で2.4 kmの登りを上がらないといけない。

途中の最大勾配は11%となっており、大きくタイム差がついてくるはずだ。しかも、ゴール手前は19%の劇坂が待っている。初日から登りで始まるTTとは厳しい。

 

プリモッシュ・ログリッチ

 

放送が始まる前に、すでにプリモッシュ・ログリッチは走っていた。いきなりのトップタイムをたたき出している。

 

photo Tiz-cyclingストリーミング 以下同様

17分17秒でトップタイムだ。

 

最後の19%の劇坂を上がるスピードが他の選手とは際立って違っていた。

あとからスタートするライダーは、ログリッチの記録を抜かないといけないが当分更新するライダーはいないだろう。

ここまでの2位は、イタリアの1クラスのステージレース、コッピ・エ・バルタリで総合優勝したヨナス・ヴィンゲゴー(Team Jumbo-Visma)で、17分35秒。

 

暫定ながら3位もトビアス・ファスでチームメイトだ。Team Jumbo-Vismaはここまで上位3位までを独占。

 

リチャル・カラパス

イネオスのリチャル・カラパス登場。この大会では使用するギアが示されているのが面白い。

カラパスは58×42のフロントで、リアは11×30。下りがあるので58Tが装着されているのだろう。

 

カラパスは下りでは70km/hを出して走っている。上の写真の時には61km/hだけど。カラパスは18分2秒でゴール。

 

ヨセフ・チェルニー

ヨセフ・チェルニー(Josef Černý)は、Deceuninck-Quick StepにCCC Teamから移籍。

TTスペシャリストで、ジロ・デ・イタリア第1ステージTT6位。最終ステージでも5位に入る実力者だ。ボルタ・ア・カタルーニャのTTでも8位に入っている。

 

チョコ選手権TTチャンピオンなので白いジャージを着ている。

 

テイオ・ゲイガンハート

2020ジロ・デ・イタリア覇者のテイオ・ゲイガンハート登場。パリ~ニース第4ステージの下りで落車してしまいリタイヤ。

それ以来のレース出場となる。TTは得意でないので無難にまとめないといけない。

 

テイオ・ゲイガンハートは8分11秒66と大きく遅れてしまう。TTの改善をもう少ししないといけない。

 

マルク・ヒルシ

マルク・ヒルシは疲れ切ってゴール。17分54秒。

マルク・ヒルシはUAEに移籍してからのレース出場が遅れている。ボルタ・ア・カタルーニャでは本領を発揮できずにいた。

シーズンデビューが遅れた理由は以下を参考までに。

 

ブランドン・マクナリティ

ボルタ・ア・カタルーニャ第2ステージのTTでは4位。総合では少し調子を崩したが13位となっている。今回は、タディ・ポガチャルのアシストに回る。

マクナリティのギアは、フロント58×42、リアは11×28。

 

ブランドン・マクナリティは、中間地点でプリモッシュ・ログリッチの記録を5秒上回る。これは良いタイムが期待できそうだ。

 

あ~、なんとブランドン・マクナリティは、2秒プリモッシュ・ログリッチに届かない。7分42秒82でゴールだ。

彼は間違いなく、総合エースとしてUAEを背負っていく男の一人となるだろう。

 

アダム・イェーツ

UAEツアー総合2位。ボルタ・ア・カタルーニャ総合優勝。絶好調でバスクに乗り込んできたアダム・イェーツ。

間違いなく上位に進出するだろうが、まずはTTでのタイム差を押さえないといけない。ただ、ボルタ・ア・カタルーニャのTTでも7位となっているので大きく遅れることはないだろう。

 

中間地点を4位で通過したアダム・イェーツは、最終5位でフニッシュ。17分49秒32。プリモッシュ・ログリッチとは28秒差だ。

 

タデイ・ポガチャル

タディ・ポガチャル登場。ギアは58×42。リアは11×28だ。さあ、プリモッシュ・ログリッチの記録を抜くのか、それだけが焦点となる。

 

中間タイムは、2位。チームメイトのブランドン・マクナリティには2秒及ばないがプリモッシュ・ログリッチには2秒勝っている。

 

間違いなく、ログリッチを抜くかと思っていたら~。

なんと、タディ・ポガチャルのタイムは17分45秒01で第5位となった。プリモッシュ・ログリッチとは、28秒のタイム差となっている。

 

終わってみると、最初のほうにスタートしたプリモッシュ・ログリッチの記録が全く破られなかった。

2位には、UAEのブランドン・マクナリティ。3位にはヨナス・ヴィンゲゴー(Team Jumbo-Visma)。

4位にもTeam Jumbo-Vismaのトビアス・ファスがはいる大健闘だ。若いライダーが伸びているのは凄いことで、チーム力が更に上がっていると言える。

タディ・ポガチャルとアダム・イェーツは第2ステージからプリモッシュ・ログリッチを追わないといけない。これは厳しい戦いになるだろう。

 

こちらはユーザーがまとめたハイライト動画
Itzulia Basque Country 2021 Stage 1 Highlights Individual Time Trial | (Analysis)

 

リザルト

第1ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTimeAvg
1 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma50500:17:1748.220
2 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates20300:0248.127
3 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma8180:1847.397
4 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma 130:2447.129
5 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates 100:2846.952
6 YATES AdamINEOS Grenadiers 7,,46.952
7 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation 4,,46.952
8 SCHELLING IdeBORA – hansgrohe 30:2946.908
9 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech 20:3046.864
10 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe 10:3146.820

総合

RnkRiderTeamUCITime
1 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma80:17:17
2 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates 17:19
3 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma 17:35
4 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma 17:41
5 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates 17:45
6 YATES AdamINEOS Grenadiers ,,
7 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation ,,
8 SCHELLING IdeBORA – hansgrohe 17:46
9 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech 17:47
10 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe 17:48

ポイント賞

nkRiderTeamPoints
1 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma25
2 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates20
3 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma16
4 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma14
5 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates12
6 YATES AdamINEOS Grenadiers10
7 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation9
8 SCHELLING IdeBORA – hansgrohe8
9 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech7
10 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe6

山岳賞

RnkRiderTeamPoints
1 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates3
2 YATES AdamINEOS Grenadiers2
3 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates1

プリモッシュ・ログリッチは、ポイント賞、山岳賞も独占だ。

ヤングライダー賞

RnkRiderTeamTime
1 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates0:17:19
2 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma0:16
3 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma0:22
4 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates0:26
5 SCHELLING IdeBORA – hansgrohe0:27
6 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates0:35
7 VANSEVENANT MauriDeceuninck – Quick Step0:41
8 HONORÉ Mikkel FrølichDeceuninck – Quick Step0:44
9 DE BOD StefanAstana – Premier Tech0:45
10 VAN WILDER IlanTeam DSM0:49

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました