ロードバイクの情報を発信しています!

グラン・プレミオ・ミゲル・インドゥラインのワンデーレースを勝ち取ったライダーは?

海外情報
Photo credit: ta_do on Visualhunt
この記事は約7分で読めます。

スペインの英雄、ミゲル・インドぅラインになんで行われるワンデーレース、グラン・プレミオ・ミゲル・インドゥラインが開催。

ミゲル・インドぅラインは、1991年から1995年にかけてツール・ド・フランス総合5連覇を達成したほか、1992年・1993年のジロ・デ・イタリア総合優勝、1995世界選手権優勝など、数多くのタイトルを獲得している。

ツールでは、個人TTでタイムを稼いで山岳でキープするという現代流の勝ち方を行っていたライダーだ。ツール6連覇を目の前にして、山岳で崩れてしまい翌年に引退している。

レースは、今年で21回目の開催となるが、レースの歴史は1951年にさかのぼる。最初は、バスク・ナバラ山選手権といえ名前で行われ、コースはスペインの山岳選手権を何度も務めてきた。

1999年以降から現在のレース名、グラン・プレミオ・ミゲル・インドゥラインとなっている。

過去優勝者は

  • 2019 ジョナタン・イヴェール(B&B Hotels p/b KTM)
  • 2018 アレハンドロ・バルベルデ(Movistar Team)
  • 2017 サイモン・イェーツ(ORICA-Scott)
  • 2016 ヨン・イサギレ(Astana)
  • 2015 アレハンドロ・バルベルデ(Movistar Team)

ここでも、アレハンドロ・バルベルデは2度も優勝を飾っている。今年も参加するので優勝候補の筆頭となっている。

 

スポンサーリンク

エステーリャ~エステーリャ 203.2km

コースマップ photo clubciclistaestella

 

スペインのナバーラ州のエステーリャでスタートする。正式名称は二言語をハイフンで結んだEstella-Lizarra(エステーリャ=リサラ)。

エステーリャは、スペイン語で「星」を意味する言葉。見ての通りのアップダウンの連続で、1級山岳が2箇所。2級山岳が2箇所ある。

だが、勾配自体は最大でも6%程度で距離も長くても4kmと、丘陵コースと言っても良い感じのコースとなっている。

それだけに、パンチャー有利でもあるが総合系のライダーがゴールを落とすことが多いレースでもある。

 

逃げは5人

photo Tiz-cyclingストリーミング 以下同様

 

逃げには、ブエルタ・ア・エスパーニャでは山岳賞ジャージを途中まとうこともある。アンヘル・マドラソ入っている。

スペインのレースではかかせないライダーですね。

  1. アルヘル・マドラソ(Ángel Madrazo)Burgos-BH
  2. IRISARRI Jon(Caja Rural – Seguros RGA)
  3. ALBANESE Vincenzo(EOLO-Kometa)
  4. ORONTE Emerson(Rally Cycling)
  5. ARISTI Mikel(Euskaltel – Euskadi)
  6. CARVALHO Antonio(Efapel)

ただ、逃げグールプは残り70kmで捕まってしまう。

 

残り43kmで、ベン・ヘルマンス(Israel Start-Up Nation)がアタック!

これに3人が合流。これは良いメンバーだ。

  1. ルイスレオン・サンチェス(Astana – Premier Tech)
  2. ベン・スウィフト(INEOS Grenadiers)
  3. ベン・ヘルマンス(Israel Start-Up Nation)
  4.  Jefferson Alveiro Cepeda(Caja Rural – Seguros RGA)

 

当然、後ろはモビスターがアレハンドロ・バルベルデのために集団を引いていく。トレックは、バウケ・モレマを勝たせるために先頭交代に加わっている。

放送が始まる前に、モビスターのエンリク・マスが落車でリタイヤしている。モビスターは、これでアレハンドロ・バルベルデで勝負となる。

 

ラスト24kmでタイム差は43秒まで広がっている。後ろも本気で追っているけれども開いているぞ。逃げのスペシャリスト、ルイスレオン・サンチェスが入っているし、べン・スウィフトも強力だ。

二コラ・コンチ(Trek – Segafredo) が一時集団から飛び出たが、すぐに引き戻されてしまう。

 

最後の登りの頂上まで後、3.2km。ここで一番後ろが切れて3人となる。タイム差は、残り13kmで25秒まで縮まってきた。

下りまでに捕まえないと、難しくなるけど大丈夫かな。

 

ベン・スウィフトが厳しくなってきたところで、ルイス・レオンサンチェスがアタックだ。

 

集団からは、アレハンドロ・バルベルデがアタックをかける。後ろは、イネオスのローレンス・デプルスだ。

 

先頭を走っていた、ルイスレオン・サンチェスも捕まってしまう。

 

登り頂上付近で、アタックをかけたアレハンドロ・バルベルデにルイスレオン・サンチェスが食らいついた。二人は後続に10秒のタイム差をつけて逃げ続ける。

 

後続も人数は少ない。うまく連携して追えるか?

後続には、ペッリョ・ビルバオ(Bahrain – Victorious)、ヘスス・エラダ(Cofidis, Solutions Crédits)、バウケ・モレマ(Trek – Segafredo)などがいる。

 

アレクセイ・ルチェンコ(Astana – Premier Tech)が、追走集団からアタック。一時は二人に追いつきかけたのだけど~。

 

二人は、アレクセイ・ルチェンコが追いついたタイミングで加速して降り落とす。流石ベテラン二人だ。

 

アレクセイ・ルチェンコは、下りをかっ飛ばして前の二人を追う。

 

アレクセイ・ルチェンコがようやく、追いついた所でアレハンドロ・バルベルデがアタックだ!

 

これには、二人も反応出来ない。アレハンドロ・バルベルデは、Astana – Premier Techの二人を見事に追い落とした。

 

アレハンドロ・バルベルデは、ラスト2kmを独走。今シーズンの1勝目をあげた。実に2年振りの勝利だ。

それにしても、狙いすましたようなアタック1発で二人を振り切るとはさすが大ベテランだ。普通ならば、2対1で、いいようにやられてしまう場面なのだけど。

2位には、追い上げたアレクセイ・ルチェンコが入っている。逃げていたルイスレオン・サンチェスは3位だ。

これでアレハンドロ・バルベルデはグラン・プレミオ・ミゲル・インドゥラインで3回目の優勝となった。恐るべき40歳だ。

 

こちらはユーザーがまとめたハイライト動画
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 VALVERDE AlejandroMovistar Team2001255:10:47
2 LUTSENKO AlexeyAstana – Premier Tech150850:06
3 SÁNCHEZ Luis LeónAstana – Premier Tech125600:15
4 BILBAO PelloBahrain – Victorious100500:17
5 GESBERT ÉlieTeam Arkéa Samsic85450:18
6 NEILANDS KristsIsrael Start-Up Nation70400:21
7 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo6035,,
8 HERRADA JesúsCofidis, Solutions Crédits5030,,
9 FRAILE OmarAstana – Premier Tech4026,,
10 DE PLUS LaurensINEOS Grenadiers35220:30

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました