ロードバイクの情報を発信しています!

2021ジロ格闘王のドリース・デポンドがAlpecin-Deceuninckから移籍する理由とは?

海外情報
UnsplashVictorが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

逃げのスペシャリストである、Alpecin-Deceuninckのドリース・デポンドがDecathlon AG2R La Mondiale Teamに移籍する。

 

何故、これほどの選手を移籍させるのか理由がようやくわかった。これはチーム首脳陣とも話合った結果で、彼の将来を考えてのことだ。

これについてドリース・デポンドは、Decathlon AG2R La Mondiale Teamのチームプレゼンテーションで移籍理由を答えている。

 

スポンサーリンク

勝利を狙う走り

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dries de Bondt(@_bondteke_)がシェアした投稿

 

Alpecin-Deceuninckでの5年間を経て、ドリース・デボンド(32歳)はDecathlon AG2R La Mondiale Teamのフランスチームに移籍する。

しばらくの間、公然の秘密となっていたこの移籍だが、一言説明する必要があるだろう。

 

「AG2Rにはマチュー・ファンデルプールも、ワウト・ファンアールトも、タデイ・ポガチャルもいない。

彼はAlpecin-Deceuninckアルペシン・デセウニンクに残ることを許されなかっだ。」と、チームメイトとなるオリバー・ナーセンがインタビューの冒頭をジャックした。

 

Alpecin-Deceuninckの主力選手だったあなたは、本当にAlpecin-Deceuninckの余剰人員になってしまったのだろうか?

オリバーが言うことに即座に反論しなければならない(笑)。 Alpecin-Deceuninckに残るという選択肢も確かにあった。

しかし、マチュー・ファンデルプールや、ジャスパー・フィリップセンといったリーダー的存在や複数の優勝者を擁するチームでは、ステージハイジャックという役割を満喫する許可はどんどん少なくなっていったんだ。

だから、Decathlon AG2R La Mondiale Teamのオファーは、それゆえ、侮れないものだった。たしかに、AG2Rにはマチュー・ファンデルプールも、ワウト・ファンアールトも、タデイ・ポガチャルもいない。

そのため、このようなバルブのない他のチームと同様、チームもクラシックではクリエイティブでなければならない。

私たちはレース中にメンバーを前に送り出す瞬間を選ばなければならない。それが、あの大男たちに対抗する唯一の方法だ。

 

チームでは、オリバー・ナーセンや、スタン・デウルフと共に逃げて勝つ戦法を使うのですか?

チームは、スタン・デウルフとオリバー・ネーセンと共に、私にぴったりの役割を与えてくれる。

チーフ・スポーツ・ディレクターのジュリアン・ジュルディが、プレゼンテーションの一部を私とチームにおける私の役割に捧げてくれた。

このようなことがあると、本当に必要とされていると感じる。さらに意欲的で野心的なシーズンをスタートさせたくなる。

 

ドリース・デポンドは、逃げて勝つという力を十分に持っている。チームが変わることで勝利に貢献できるレースも増えることだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました