ロードバイクの情報を発信しています!

ロンド・ファン・フラーデレンではクリンチャータイヤが石畳のレースで優勝を飾る歴史的快挙を達成!

機材情報
Photo credit: mb36269 on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

歴史的な快挙だろう。

Deceuninck-QuickStepのメンバーは、クリンチャータイヤで石畳のレースに望んでいた。

カスパー・アスグリーンは、ロンド・ファン・フラーデレンでクリンチャータイヤを使用して最初の優勝したライダーとなる。

これはチューブラーで走るのが常識となっていた石畳でもクリンチャーで十分通用することが証明されたレースと言っても良い。

 

スポンサーリンク

クリンチャーホイールとタイヤ

ロンド・ファン・フラーデレンで優勝したカスパー・アスグリーン
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Deceuninck – Quick-Step Team(@deceuninck_quickstepteam)がシェアした投稿

 

Deceuninck-QuickStepのメンバーは、優勝したカスパー・アスグリーンを含めて、Rovalの最新のホイール、Rapide CLXを使用し、28mmのSpecialized Turbo Cotton Hell of theNorthタイヤを使用。

タイヤの中にはラテックスチューブが入っていた。

今シーズン、Deceuninck-QuickStepでは、チューブラータイヤはほとんど控えのバイクにしか装着されていない。

チームは、ほぼすべてのレースでこのRapide /ラテックスチューブ/ TurboCottonの組み合わせを使用している。

ほとんどのレースでは、通常のターボコットンタイヤが使用されているが、石畳の場合には、少し頑丈なターボコットンヘルを使用していた。

 

 

クリンチャータイヤは、一般的に転がり抵抗テストでチューブラーよりも性能が良い。だが、プロチームは何年もの間、パンクした場合に、チームカーが離れているときに問題となるクリンチャータイヤを心配して使っていない。

チューブラーならば、パンクしたまま走りサボートカーを待てるので、タイムロスが少ないのだ。チューブレスタイヤも同様の抵抗に遭遇したが、受け入れられつつある。

だが、こうやってクリンチャーホイールとタイヤで勝って実績を作ってしまうと、また時代が変わってしまうかもしれない。

Deceuninck-QuickStepは、プロレースの常識を実際の走りによって変えることも可能だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました