ロードバイクの情報を発信しています!

Sacra Aceエアロドロップバーが12ワット以上の節約 体験できるエアロ性能

http://www.sacra-cycling.com/en/products/acehandle機材情報
Photo sacra
この記事は約3分で読めます。

Sacraは、元シマノのエンジニアである田中さんがCEOの日本のブランド。

皆さんも、SACRAの製品を使っている人もいるでしょうね。質問すると物凄く丁寧に答えてくれるので買う時にも安心できます。

SACRAから新しいAceドロップハンドルバーが発表。他社に比べて12.4ワット節約でき、バーテープを必要としないデザインで興味津々の製品となっているようです。

 

スポンサーリンク

Sacra Cycling ACEエアロロードドロップハンドルバー

http://www.sacra-cycling.com/en/products/acehandle

Photo sacra 以下同様

ACEバーは、エアロがすべてで、トップウィングセクションが劇的に深くなっている。

驚くべきことに、バーはUCIに準拠していると述べており、サイズ40は200グラムしかない超軽量なハンドルバーに仕上がっている。

 

http://www.sacra-cycling.com/en/products/acehandle

最初のスケッチが面白い(^^;  これがハンドルになるんだから凄い設計だ。

デザイン図を元に実際の3次元モデルを起こそうとデザイナーと合宿をしながら実寸モデルを作成したというから驚きだ。

 

http://www.sacra-cycling.com/en/products/acehandle

滴は独特の形状をしており、表面は滑り止めコーティングされている。

そのために、バーテープは不要だ。これにより30〜50グラム節約できる。

ドロップも非常に浅く、ドロップはわずか100mm(ほとんどの「短くて浅い」バーは約120-125mmのドロップとなる)。

カムテール形状を採用しており空力性能を高める効果はバッチリだ。

 

http://www.sacra-cycling.com/en/products/acehandle

その空力性能について、Sacraは上記のチャートを示している。ノーマルハンドルと比べているので、かなりの差が出ている。エアロハンドルと比べた訳ではないようだ。

 

風速48km/hで、バイクの空気抵抗を測定するために、バイクの角度を2°ごとに±12°に設定。平均して、抵抗は12.4W減少し、バーテープを取り付けても良好な結果が得られた。

エアロホイールの効果は約15Wなので、エアロホイールに似た効果を得ることができる。

これにより、高速だけでなく低速でもエアロ効果を体験できる。

運転中にハンドルの後ろに手をかざすと、空気の乱れが約1/4であることがはっきりとわかるそうだ。

ワットの費用対効果が向上した最高品質のコンポーネント。

価格は36,000円。振動吸収機能を追加したバージョンは220gで42,000円となる。

私はSACRAのチェーンを使用しているがレースで結果を出してくれて嬉しかった。買うのにメールのやり取りを10回以上(^-^;

たんなるマアチュアでも、バカ丁寧にメールに返信してくれるとても良いCEOです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました