ロードバイクの情報を発信しています!

Shimanoニュートラルサポートにはどんなバイクが乗っている?

機材情報
Photo credit: juantiagues on VisualHunt / CC BY-SA
この記事は約4分で読めます。

今年からツール・ド・フランスでもMavicの黄色いサボートカーに変わって、ブルーのShimano

サポーカーが登場する。

 

ShimanoはASOと提携したため、ツール・ド・フランスのみならず、ワールドツアー、コンチネンタル、ウィメンズレースにも、ニュートラルサボートカーとしてMAVICに取って変わる。

Shimanoのサポートカーに乗っているバイクは何なのか見てみよう。

 

スポンサーリンク

PARDUS ROBIN SL

photo uaecycle

ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア、オセアニアのレースで見られるバイクは、その地域のシマノ本社がどのフレームを採用するかによって、わずかに異なることは間違い。

ここでは、2020年にサントス・ツアー・ダウンアンダーで使われたバイクを例にとってみよう。

 

photo Colin Levitch

使われていたバイクは、UAE CycleのPARDUS ROBIN SLというバイクで、リムブレーキ仕様。

これを青く塗りなおして、フレームにShimanoと名前を入れている。

Shimano AU(オーストラリア)とPardusのつながりは、オーストラリアのNational RoadSeriesでレースを行うStGeorge Continental CyclingTeamを通じてもたらされた。

当然のことながら、Shimanoのコンポにハンドル、ステム、Dura-AceC60カーボンクリンチャーが使われている。

 

photo Colin Levitch

このバイクに取り付けられているShimano以外のコンポーネント(フレーム除く)は、25mm MaxxisRelixチューブタイプタイヤのみ。これらには、170TPIケーシングとブランドのSilkShieldパンク保護が付属している。

 

今年のツールや各レースでShimanoのサボートカーを見たら、バイクもチェックしてみたいですね。

ただ、バイクをそのままライダーに貸し出すことはツールとかではないのではないかな。

全く違うサイズだし、ペダルがDura-aceを使っているチームならばよいけど、EF Education – NippoなどはSpeedplayだから用意されていないと使えない。

まあ、パンクの時のホイールとかの貸し出しが主でしょうね。

 

Shimanoニュートラルサポートバイクフルスペック

    • フレームセット: Pardus Robin SL Shimanoエディション、サイズ54
    • フロントブレーキ: Shimano UltegraR8000デュアルピボット
    • リアブレーキ: Shimano UltegraR8000デュアルピボット
    • ブレーキ/シフトレバー: Shimano UltegraR8000デュアルコントロールレバー
    • フロントディレイラー: Shimano Ultegra R8000
    • リアディレイラー: Shimano Ultegra R8000
    • カセット: Shimano Ultegra R8000、11-30T
    • チェーン: Shimano Ultegra 
    • クランクセット: Shimano Ultegra R8000、53 / 39T
    • ホイールセット: Shimano Dura-AceC60カーボンクリンチャー
    • タイヤ:MaxxisRelixクリンチャー25mm
    • ハンドルバー: PRO Vibe 7S
    • ハンドルバーテープ: PRO Sport Control Team LTD
    • ステム: PROPLTアロイ120mm
    • ペダル: Shimano Dura-Ace
    • サドル: PRO Falcon
    • シートポスト: PROPLTアロイ
    • ボトルケージ:プロボトルケージ合金
    • 総重量: 7.89kg

コメント

タイトルとURLをコピーしました