ロードバイクの情報を発信しています!

ボントレガーはR3 TLRチューブレスタイヤを値下げし、2種類のタイヤサイズを追加

機材情報
photo Bontrager
この記事は約4分で読めます。

ボントレガーはBontrager R3 TLRを値下げし、更に定番のタイヤサイズ、25cと28cを追加した。

これまでのBontrager R3ロードタイヤに追加して、 TLR(TubeLess Ready)も、25~32cまでのラインナップを揃えることになる。

新しいビーズと形状のおかげで、チューブレスのセットアップもこれまでになく簡単だと言う。

値下げについては、海外サイトでは64.99ドルから51.99ドルまで下がっている。これは標準のR3タイヤと同じ価格。

だが、日本のサイトではまだ6900円。これが日本でも値下がりするのかはわからない。

 

スポンサーリンク

Bontrager R3 TLR

こちらのプロモーションビデオを字幕付きで見るとわかりやすい
Bontrager R3 Tires

 

新しいR3 TLR(TubeLess Ready)タイヤは、700×32のチューブレスで展開されていたが、700×25と700×28のサイズが追加された。

改良されたHardcase Liteパンクプロテクションストリップを使用し、非常にしなやかな170tpiケーシングを備えている。

 

photo Bontrager

すべてのR3 TLRタイヤは、Bontrager独自のTR-Speedコンパウンドを使用しており、路面での速度が速く、以前のモデルよりもトレッド寿命が長くなっている。

追加された、700×25 mm R3 TLRの重量は285g。700×28 mmは300g。

最も重要なこととして、Bontragerは、これらの新しいタイヤがETRTOおよびISOの管理機関から保留中の更新されたチューブレスロードの技術ガイドラインに準拠していることを確認していること。

 

photo Bontrager

取り付けについてはどうだろうか?

チューブレスは取り付けるのが硬くて難しいとされている。これについてボントレガーでは

Bontrager TLRホイール、シーラント、リムストリップと組み合わせて使用​​することで、チューブレスシステム全体を設計およびテストして、連携して機能させることができます。

となっている。

ボントレガー以外のホイールとの組み合わせのデータはない。

 

photo Bontrager

ボントレガーのサイトの説明では手で取付け出来るようになっている。これが本当ならいうことないが、最後はタイヤレバーがないと無理だろう。

価格は日本のサイトでは6,900円。

30日間満足保証がついているので、気に入らなければタイヤを返品できるのが良い点だ。30日も乗っていれば良いか悪いかは良くわかるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました