ロードバイクの情報を発信しています!

元Team Skyで2019ツール・ド・ヨークシャー総合優勝のクリストファー・ローレスが28歳で引退

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

2018年からTeam Skyに所属し、2019ツール・ド・ヨークシャーで総合優勝もしているクリストファー・ローレンス。

なんと28歳という若さでプロライダーからの引退表明となった。

 

スポンサーリンク

キャリア3勝

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chris Lawless(@chrislawless95)がシェアした投稿

 

クリストファー・ローレスは、2018年からTeam Skyに所属。2019年には、ツール・ド・ヨークシャーで総合優勝。

2018年には、コッピ・エ・バルタリでも勝利をあげており、ポイント賞ジャージも獲得している。

TotalEnergiesに所属していた2022年シーズンは、グランプリ・ド・ドナンで落車して鎖骨骨折。約2か月レースから遠ざかっていた。

シーズン後半の、スハール・セルス・メルクセム/ ヨハン・ムセウ クラシックではLotto Soudalのアルノー・デリーに続いて2位など、悪くない走りも見せていたのだけど。

 

Trek-Segafredoの2年間で勝利がなかったのが痛い。2022年はトップ10で何度かゴールしている。

  • エトワール・ド・ベセージュ第1ステージ 6位
  • マンセル・キッテルクリテリウム 4位
  • スハール・セルス・メルクセム 2位

2022年シーズンのレース数は32レース。UCI獲得ポイントは195。

だが、結局、2022年末TotalEnergiesとの延長契約は得られなかった。勝てないスプリンターはチームに必要ないということなのかもしれない。

2023年から英国のコンチネタルチームWiV SunGodで走っていた。4月4日にLotto Soudal Development Teamと契約できた。しかし、15レースを走ったが結果は得られなかった。

 

クリストファー・ローレンスのInstagramコメント

新年は私にとって新たなスタートとなる。2024年は、私が現実の世界に溶け込み、趣味を仕事とするのをやめる年になるだろう。これまで私を助けてくれたすべての人に感謝したい!

私は人生の次の章を楽しみにしているし、何らかの形でまだサイクリングに携わっていると確信している!

最後までスワイプして、私がこれから何をするのか見てみよう。お酒を飲む 🍻 そして @georginarosemc と過ごす時間を増やす ❤️

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました