ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームはIsrael Start-Up Nationのチームキャンプに参加しない。なんで?

海外情報
Image by bhossfeld from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

2021年からIsrael Start-Up Nationのエースとなったクリス・フルーム。早速チームは新しくなったジャージを公開している。

クリス・フルームも新しいチームのジャージを公開しているが、チームのキャンプには参加しないという。

クリス・フルームがチームキャンプに参加しない理由とは?

 

スポンサーリンク

スペインのジローナでキャンプ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Israel Start-Up Nation(@israelcyclingacademy)がシェアした投稿

 

Israel Start-Up Nationのキャンプは2020年と同じようにイスラエルで行われる予定だった。けれど、イスラエルもコロナの第3波で封鎖している。

国外からの入国は閉鎖されており、16の異なる国籍を持つチームを国内に向かえるのは不可能だ。

そのため、スペインのジローナで1月12日からチームキャンプをスタートする。チームは、そのままスペインのレースに参加予定だ。

 

photo BrianVeloImages

 

だが、クリス・フルームは現在カリフォルニアでキャンプ中。フルームは更なるリハビリと筋力トレーニングのためにカリフォルニアに留まることを選択する。

昨年はブエルタをアシストとして完走するだけの体力はあるのに、更にリハビリが必要というのはちょっと変な感じもするけど。

フルームは、当初アルゼンチンのブエルタ・ア・サンファンでレースを開始する予定だった。

正式発表はまだだが、サンファンは海外からのチームは出場できない。予定レースが変わったことも、欧州に帰国しない理由の一つとなっている。

まだ、寒いスペインでレースするよりは、暖かいカリフォルニアでトレーニングを続けたほうが良いとチームとの話し合いで判断したようだ。

 

2月か3月にイスラエルへ

photo BrianVeloImages

 

イスラエルは予防接種率が非常に高い。100万人以上が予防接種をうけており、全人口の10%がすでに予防接種を受けている。

この1月で、さらに予防接種が進むため、チームは2月か、3月にイスラエルでキャンプを行い国内にチームのメンバーを紹介する予定だ。

 

スペインのジローナのキャンプでは、多くのチームが行うように、チームを分割してトレーニングを行う。

ステージレーサー用、クラシック用、スプリンター用と3つに分ける。

キャンプにはクリス・フルームは参加しないが、マイケル・ウッズ、ダリル・インピー、セップ・ファンマルク、パトリック・ペヴィン、カールフレドリク・ハーゲン、アレサンドロ・デマルキなどの移籍組が参加する。

選ばれたライダーが、キャンプから直接移動し、チャレンジマヨルカに出場する予定だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました