ロードバイクの情報を発信しています!

チャレンジから新しいチューブレス対応タイヤRoad Handmade Tubeless Readyを発表

https://www.challengetires.com/news/handmade-tubeless-ready機材情報
この記事は約3分で読めます。

Challengeは、ロード用ハンドメイドTLR(HTLR)チューブレスレディクリンチャーを発表。

Challengeは、チューブレスクリンチャーに驚くほどの快適さとハンドメイドテクノロジーのハンドリングをもたらすことに加えて、進化した新しいETRTOチューブレス標準に沿ってこれらの製品を生産した。

ビードツービードの内側コーティングは、パンク保護を追加し、空気圧の散逸を大幅に低減。

アラミドビーズ保護ストリップを追加することでリムの擦れを軽減し、寿命を延ばすことに成功したという。

 

スポンサーリンク

Road Handmade Tubeless Ready(HTLR)

Road Handmade Tubeless Ready(HTLR)

Challengeは、標準のクリンチャーの快適性、ハンドリング、そして美しい外観を新しいチューブレスオプションにもたらすことを目指している。

チューブラーに似ているがクリンチャー形式の柔軟なケーシングを使用する「オープンチューブラー」タイヤだという。

オープンチューブラーは乗り心地、快適さ、転がり抵抗の低さに定評があるが、加硫タイヤに比べて繊細な性質のために批判される傾向もあった。

 

そのため、従来のインナーチューブの代わりにラテックスライナーをケーシングに融着させ、パンクが大きすぎてシーラントを固定できない場合にプラグを使用してライドやレースを終えることができるようにしている。

チューブレスには、業界標準がまだないが新しいETRTOとまもなくISO規格が導入される予定。

チャレンジのタイヤはこれに準拠しているという。

 

ETRTOとは

欧州における、自転車のタイヤサイズ、リムの形状などを設定している。(欧州タイヤおよびリム技術機構)標準とも呼ばれる。

 

技術的仕様

  • ビーズガード、アラミドビーズエリアの保護
  • ビーズコーティング
  • TPI:Strada&Paris Roubaix 300tpi / Strada Bianca 260tpi
  • ストラーダ25mm  255g
  • パリルーベ27mm      280g
  • ストラーダビアンカ30mm     305g

これらの製品はすべて、2019年11月から発売開始となる。

 

Challenge Tires HTLR Film

日本での発売は、まだまだ先になるでしょうがチューブレスも新しいタイヤが沢山出てきたので気になる所です。

ただ、価格がまだまだ高いのでちょっと躊躇しますね。

 

チューブレスタイヤに関する関連記事です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました