ロードバイクの情報を発信しています!

ロードタイヤ技術の未来はチューブレスだと言う

海外情報
https://twitter.com/fabiojakobsen

クイックステップのファビオ・ヤコブセンはカリフォルニアツアー第4戦でチューブレスタイヤを使用して今シーズン2回目のWorldTourレースで勝利しました。

アレクサンドル・クリストフ (UAE Team Emirates)も、3月にGent-Wevelgemで優勝したときに、チューブレスホイールとタイヤでWorldTourレースで勝利しています。

プロのレースでは、技術をテストし続けています。ファビオ・ヤコブセンはロードタイヤ技術の未来はチューブレスだと言っています。

 

スポンサーリンク

Specializedが語るチューブレスの未来

http://www.cyclingnews.com/news/jakobsen-wins-tour-of-california-stage-on-tubeless-tyres/

エドワード・ボアッソンハーゲンは、Vittoriaの新しいチューブレスタイヤを使用

Deceuninck-QuickStepのテクニカルパートナー兼タイヤプロバイダーのSpecializedは、ヤコブセンの勝利はラテックスシーラントを使って封印された、初期のパンクがあったことを明らかにした。

パンクはタイヤ内のラテックスシーラントを使用してシールされていたのです。ホイール交換せずタイムロスを防げています。

 

Decuninck Quick-Stepのヤコブセンは、次のように述べています。

「特に高速で走っているとき、そしてブレーキをかけているときは、道路とのつながりが増していると感じています。 今後、チームが許可してくれれば、私はずっと使い続ける予定です。ロードタイヤ技術の未来はチューブレスにあると思っています」

 

チューブレスタイヤは、タイヤのビードがリムに固定されるチューブレス対応ホイールセットと組み合わせて使用​​されます。
インナーチューブの必要性を排除し、よりシンプルなセットアップとチューブラータイヤと同等の重量を提供します。

 

チューブラータイヤは約100年間サイクリングに使用されており、チューブがホイールのリムに接着されているのが見えます。

タイヤの転がり抵抗が低く、パンクした後もライディングを続けることができるため、セットアップには時間がかかり、チームにとってはコストがかかります。

 

http://www.cyclingnews.com/news/jakobsen-wins-tour-of-california-stage-on-tubeless-tyres/

 

チューブレスタイヤは、タイヤの内側の様々な種類の柔軟な液体シーラントと共に使用することができるので、パンクが発生したとき、タイヤまたはホイールの交換およびタイヤのわずかな損失を必要とせずに、タイヤを迅速かつ自動的にシールすることができる。

 

チューブレス技術は、自動車では何十年にもわたって使用されてきました。最近ではマウンテンバイクで使用されています。

技術の進歩、信頼性の向上、軽量化、そしてタイヤがリムから外れないようにすることで、チューブレスタイヤはサイクリングにますます使用されています。

 

Specializedのプレスリリースで、次のように述べています。

「Specializedは、最高レベルのレースとすべてのライダーのためのロードタイヤ技術の未来をしっかりと信じています。

チューブレスタイヤのスピード、ハンドリング、快適さ、そしてフラットプロテクションはすべてのライダーにとって有益なものであり、アスリートの勝利に貢献すると信じています」

 

https://road.cc/content/tech-news/260749-specialized-prototype-tubeless-tyres-pro-win

プロトタイプのチューブレスタイヤ

スペシャライズドは、Decuninck – Quick-Stepチームでプロトタイプのチューブレスタイヤを静かにテストしています。

「スペシャライズドは、最高レベルでのレースでも、そして将来のロードタイヤ技術の未来もしっかりと考えていると言うこと以外に、この製品に関する追加情報はありません。

チューブレスタイヤのスピード、ハンドリング、快適さ、そして平らな保護は、すべてのライダーにとって、そして私たちのアスリートにとっても有益です」

 

パリ~ルーベでは使えない

http://www.cyclingnews.com/news/jakobsen-wins-tour-of-california-stage-on-tubeless-tyres/

クリストフはチューブレスを使用

アレクサンドル・クリストフはCampagnolo Bora WTOとVittoria Corsa Graphene 2.0のホイールとタイヤを組み合わせてGent-Wevelgemを勝利しました。

クリストフはクラシックキャンペーンを通してチューブレスでレースを続けました。

http://www.cyclingnews.com/news/jakobsen-wins-tour-of-california-stage-on-tubeless-tyres/

クリストフの使うホイール

 

しかし、パリ~ルーベでは大きな間違いであることがわかりました 。クリストフは、パリ~ルーベでチューブレスタイヤを使って3回のパンクを経験した後、チューブラータイヤに切り替えました。

レースの後、クリストフは選択が危険であることを認めたが、乗り心地はチューブレスタイヤが良く、パリ~ルーベではまだ準備ができていないことを示唆した。

ヤコブセンはチューブレスタイヤの乗り心地についてのクリストフの考えを反省し、

「これからは、チームが私に任せてくれれば、ずっと一緒にレースをするだろう。ストレートロードでは、チューブレスはより滑らかに転がり、パンクが少なくなるので、体にもいい」

 
https://twitter.com/michaelmorkov

ミカエル・メルケフ

ヤコブセンのチームメイトのミカエル・メルケフは、次のように付け加えています。

「これらのタイヤは、チューブラータイヤに比べて転がり抵抗がはるかに小さいと感じています。チューブレスには非常にワクワクしています。今日のレースも何の問題もなかった。グリップは良く、タイヤには自信があり、転がりも良い」

 

サガンも、1月のPeople’s Choice Classicでチューブレスタイヤを使用し、チューブレスタイヤのトレーニングを行っています。

 

プロのレースでは、アスファルトで路面の状態が良ければ一部の選手はチューブレスタイヤを使用しているようです。パンクリスクの高いコースで使用しなければメリットはありそうです。

ただ、全てのメーカーや選手が取り組んでいる訳ではないので、今後の動向に注目です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました