ロードバイクの情報を発信しています!

世界最軽量のチューブレスタイヤ Schwalbe Pro One

https://www.bikeradar.com/news/schwalbe-pro-one-tubeless-tyre-released/機材情報
この記事は約6分で読めます。

Schwalbeは、人気のPro Oneチューブレスタイヤをアップデートした。

改良されたパンク保護と耐久性を備え、以前のモデルよりも高速かつ軽量。

最新のPro Oneは、新しいカーカス構造とコンパウンドを利用しており、現在確認されているロードチューブレスの標準にも準拠している。

登場したのは、

  • Schwalbe pro one TLE
  • Schwalbe pro one TT

の2種類。

Schwalbe pro one TTは25mmで205gと世界最軽量のチューブスタイヤと言われる。

 

スポンサーリンク

Schwalbe Pro One TLE チューブレスロードタイヤ

c. Schwalbe, all photos by Irmo Keizer

開発はゼロから再設計。安全性と耐久性を維持しながら、新しい高速軽量ロードレースタイヤを作成した。

 

Schwalbe Pro Oneの主要な技術仕様と詳細 

  • Pro One TLEおよびPro One TT Tubeless Easyを発売
  • Pro One TLEは、前モデルよりも転がり抵抗が13%低減
  • コーナリンググリップが22%増加
  • 245g(25mm Pro One)
  • 非チューブレスPro Oneも利用可能、重量235g(25mm)
  • 改善されたパンク防止機能V-Guardを備えたSchwalbe Oneも更新
  • 耐久性が向上し、約1万キロ走行可能

 

c. Schwalbe, all photos by Irmo Keizer

グラフは赤線が新しいSchwalbe Pro One TLE。

重量、転がり抵抗、グリップ、耐久性、およびパンク防止の各項目で改善しているのがわかる。

 

新しいPro Oneは、新しく最適化されたAddixゴムコンパウンドと、より一貫性を確保する更新された製造方法の両方に基づいて、まったく新しいタイヤカーカス構造を取得している。

Addix Raceコンパウンドは2017年にSchwalbeのマウンテンバイク用に開発された。耐久性の向上に寄与している。

 

新しいPro One –技術の詳細

c. Schwalbe, all photos by Irmo Keizer

 

「私たちの目標は、チューブラータイヤに似たライディング特性を持つタイヤを開発することでした。

まず、すべてに疑問を呈し、従来のカーカス構造ではこの目標を達成できないと判断した。したがって、私たちはまったく新しい設計をしました」

と、Schwalbeのロードタイヤおよびグラベルタイヤのプロダクトマネージャー、ピータークリスキオは言います。

 

新しいPro Oneは、Schwalbeは、「ターンアップ」構造と呼ぶものを使用。

まず、トレッドの下に2層のカーカスが重なり合う。側壁には、カットに耐えるために14mm幅のV-Guardポリマーパンク保護ベルトの層がある。

 

bikeradar.com/news/schwalbe-pro-one-tubeless-tyre-released/

Schwalbeによれば、この設計はPro Oneの重量を265gから245gに減らし、チューブラーに似たしなやかな乗り心地を実現するという。

 

c. Schwalbe, all photos by Irmo Keizer

c. Schwalbe, all photos by Irmo Keizer

新しいPro Oneは、チューブの有無にかかわらず簡単に取り付けられるように特別に開発された。

これは、TLEタイヤビードに組み込まれた新しいシーリングリップのおかげ。

シュワルベと緊密に連携してスムーズな取り付けを保証するリムメーカーが数社ある。

その結果、シュワルベは、新しいチューブレスタイヤをレバーなしで取り付け、コンプレッサーなしでエアアップできると主張している。

手だけで出来たらいうことなしですが、ホイールとの相性があるんでしょうね。

 

Schwalbe Pro One TT

https://images.immediate.co.uk/production/volatile/sites/21/2019/08/BR_07003-91ae31e.jpg?quality=90&lb=1456,969&background=white

新しいフラッグシップタイヤであるSchwalbe Pro One TTも登場。

タイムトライアルやトライアスロン用のレースタイヤとして開発。

これは、世界最軽量のチューブレスロードタイヤと言われている。

Schwalbeは、Pro Oneのパンクガードを取り外し、トレッドの厚さを薄くすることで、25mmで重量205g(28mmは215g)を達成。

Schwalbe Pro Oneよりも、21%転がり抵抗が少ない。

トライアスリートのパトリック・ランゲは、昨年のアイアンマン世界選手権でSchwalbe Pro One TTのプロトタイプを使用して、記録的な速さをで優勝記録している。

 

Schwalbe Pro Oneの全てのラインナップは以下の通り。
c. Schwalbe, aall photos by Irmo Keizer

Schwalbe Pro One Tubeless Easy

  • 25mm, 245g
  • 28mm, 270g
  • 30mm, 295g

Schwalbe Pro One Tube Type

  • 23mm, 215g
  • 25mm, 235g
  • 28mm, 250g
  • 30mm, 275g

Schwalbe Pro One TT Tubeless Easy

  • 25mm, 205g
  • 28mm, 215g

凄く、軽量に仕上がってますね。

 

チューブレスで競うプロが増えるでしょうか?

c. Schwalbe, aall photos by Irmo Keizer

Schwalbeのプロダクトマネージャーは、チューブラーに乗って得られる滑らかな転がり感と、プロが常に求めているものを一致させることに重点を置いて、他の技術よりも新しいチューブレスタイヤ構造の開発について考えています。

 

今後、より多くのプロがチューブレスに移行する予定ですか?

「はい、確かです。ディスクブレーキと電子シフトの時代。

Wallie BruxellesやTeam Canyon SRAM などのチームに所属する若くて革新的なプロは、手縫いのチューブラータイヤを最新技術として受け入れなくなりました。
チューブレスタイヤは、転がり抵抗、グリップ、快適性の点でチューブラータイヤよりもはるかに優れています。わずかな違いについてではなく、最大20%の改善です!

さらに、優れたフェイルセーフ特性を備えています。このシステムの大きな利点は、トライアスロンのプロスポーツで高いレベルで受け入れられていることで証明されています」

 

チューブレスの時代が着々と近づいてきているようですね。

 

こちらは、チューブレスのはめかたの動画。まあ普通のやり方ですね。
TL Road Montage (UK)

 

コメント

  1. […] 合わせてるタイヤはSCHWALBE PRO ONE チューブレス ロードバイクはやめられないというサイト様に記事ありました […]

タイトルとURLをコピーしました