ロードバイクの情報を発信しています!

ボブ・ユンゲルスがクラシック中心のチームに移籍発表

海外情報
Image by Sasin Tipchai from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

来シーズン、AG2R La Mondialeからチーム名を変更するAG2R Citroën Teamが移籍により強化を続けている。

グレッグ・ファンアーベルマート、リリアン・カルメージャに続いて、移籍市場の目玉であったボブ・ユンゲルスがDeceuninck – Quick Stepから移籍してくる。

これは大きな強化だ。クラシックを本格的に狙えるチームとなった。

 

スポンサーリンク

2年契約

チームの公式ツイッターでも報告

AG2R La Mondialeが来シーズンからボブ・ユンゲルスを獲得したのは大きい成果となる。

チームには、オリバー・ナーセンがクラシック班のリーダーとなっていたが、これからは、グレッグ・ファンアーベルマート、ボプ・ユンゲルスと3人のリーダーが集まったことになる。

ボプ・ユンゲルスの場合、独走力があるためゴール前で牽制してくれれば、逃げ切ることも可能だ。チームとしては、様々な戦術が使える。カードは多いほうが良い。

誰でもが勝てるメンバーが揃ったことは大きい。

 

特に、ボブ・ユンゲルスの場合、グランツールでの活躍も期待できるのが良い。総合優勝は無理でも上位入賞は可能なはずだ。

短いステージでは総合優勝も可能だろう。ボブ・ユンゲルス自身も、公式サイトで

クラシックに非常に意欲的で、このグループの一員になることを非常に動機づけている。

ステージレースも忘れないでください。1週間のステージレースだけでなく、グランツールでも素晴らしいことを達成したいと思っている。

来シーズンのクラシックでは注目のチームとなることは間違いない。チームの勝利数も確実に増えるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました