ロードバイクの情報を発信しています!

Team TotalEnergiesのツール・ド・フランスメンバー紹介 チーム名も変更に

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

Team Total Direct Energieは、ツール・ド・フランスからTeamTotal Energiesにチーム名が変更となる。

チームジャージも変わっているので要チェックだ。

昨年は、プロチームランキング1位でグランドツアーと全てのワールドツアーレースに出場していたのに、今年は元気がない。

チームの勝利数はなんと5つ。チームのGMジャン=ルネ・ベルノードーはレーススタイルに不満を持っていたけど、これだけ勝てなくなるとそんなことも言ってられない。

 

スポンサーリンク

ツール・ド・フランスメンバー

 

201. Pierre Latour(ビエール・ラトゥール)
202. Edvald Boasson Hagen(エドヴァルド・ボアッソンハーゲン)
203. Jérémy Cabot(ジェレミー・カボ)
204. Victor De La Parte(ビクトル・デラパルテ)
205. Fabien Doubey(ファビアン・ドゥベ)
206. Cristián Rodriquez(クリスティアン・ロドリゲス)
207. Julien Simon(ジュリアン・シモン)
208. Anthony Turgis(アントニー・トゥルギ)

 

ピエール・ラトゥール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pierre Latour(@p_latour)がシェアした投稿ね

 

ニキ・テルプストラがツールのメンバーから漏れており、ビエール・ラトゥールがチームのエースとなる。

2017・2018とフランス国内TTチャンピオンにもなっており、山岳に強くTTにも強いとなると期待が高まるのも無理はない。

2018ツール・ド・フランスでは、総合13位に新人賞獲得。これで一気にロマン・バルデにつぐ総合のエースとなった。

今シーズンAG2Rから、移籍して総合を任されている。2019年に手首の骨折し、不運なシーズンを送ったが、今シーズンも思ったほどの成績が出せていない。

そろそろエンジンを掛けなおさないといけないけど、このツールではどうだろうか?

 

アントニー・テュルギ

 

アントニー・テュルギは2014年8月からCofidis, Solutions Créditsのテスト生として入団。翌年から5シーズンを経て2019年にDirect Energieに移籍。

アントニー・テュルギはDirect Energieに移籍して覚醒した。2019年最初のGrand Prix Cycliste la Marseillaise (1.1)で優勝。

2019年には2勝をあげる活躍でチームのポイントゲッターとなる。

だが、最も印象に残っているのは、2019ドワースドール・フラーンデレンでのゴールシーン。

それがこちら。

 

 

5人の逃げで、後ろから少し間隔をあけてスピードをあげ渾身のスプリントを開始したが、マチュー・ファンデルプールに反応されてしまう。

最後まであきらめずにスプリントを続けるがゴールが遠かった。ハンドルを叩いて悔しがる彼の姿が印象に残っている。

だが、それ以降は2021クールネ〜ブリュッセル〜クールネでマッズ・ピーダスンについで2位となったのが最高の成績。

このツールでは、ビエール・ラトゥールのアシストも必要だが、自らも逃げに乗って勝利を狙って貰いたい。

 

エドヴァルド・ボアッソンハーゲン

2009年Team Columbia – HTCでワールドツアーデビューを飾り、翌年からチームスカイで5シーズンを送る。

これまでのキャリア81勝の中には、ツール・ド・フランス3勝、ジロ1勝、クリテリウム・ドーフィネ5勝を含んでいる。

ヘント~ウェヴェルヘムのクラシックでも勝利。だが、ここ2年勝利がない。グランツアーでも14勝をあげているのでチームとしては、1勝をあげて貰いたいだろう。

TeamTotal Energiesは、ツール初出場が4人。逃げに乗ってアピールしないといけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました