ロードバイクの情報を発信しています!

Bahrain Victoriousのワウト・プルールスは、クビから一転して残留に

海外情報
Photo credit: joménager on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

少し前にBahrain Victoriousがツイートで発表した6人の契約をしないライダーの中にワウト・プールスの名前もあった。

 

ワウト・プールスの移籍先はどこだろうかと、推測されたがなんと~。

Bahrain Victoriousと、1年の契約延長だという。では、なんで契約しないと一度発表されたのだろう。これについては謎だ。

 

スポンサーリンク

1年契約

ワウト・プールスは面白い動画でこれを発表
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wout Poels(@wout.poels)がシェアした投稿

 

ワウト・プールスはインスタで

帰りません!!(笑 😎

teambahrainvictoriousと一緒に旅を続けることに興奮しています😎。

と書いている。

公式サイトにはワウト・プールスのコメントも書かれている。

昨シーズンの集団として、私たちはいくつかの本当に印象的な結果を出しました。私はここのようにくつろいでいます。

ライダーとスタッフの間には、パフォーマンスに集中するのに役立つ良い精神があります。

 

ワウト・プールスは、Vacansoleilの5年間、Omega Pharma–Quick-Stepの1年間、Team Skyの5年間の後、2022年にBahrain Vicotoriousで3年目を迎えることになる。

Team Skyから移籍して、Bahrain Vicotoriousでエースとして活躍出来るはずだった。

2020年ツール・ド・フランス第1ステージの大落車に巻き込まれてしまう。そのためワウト・プールスは、肋骨骨折に肺に損傷をおいながら、ゴールまで走ることに。

 

2020ブエルタではエースとして走り総合6位となる。2021ツール・ド・フランスでは山岳賞に狙いを定め、最後にはタデイ・ポガチャルに抜かれたが山岳賞2位という成績をおさめた。

決して、成績が悪すぎるということない。ただ、勝利は得られなかった。この点がチームからの評価が低かったということだろうか。

ツールで単独エースとなることは、今後はないかもしれない。ただ、山岳アシストとして考えた場合、彼ほど頼りになるライダーはいない。

1年契約が伸びたことで、どういったレースを狙うのかはわからないが、少しチームの言い分も聞いてみたいところだ。

1週間前には、残留というニュースがあったけど、公式の発表も1週間くらい遅れている。なんででしょうねえ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました