ロードバイクの情報を発信しています!

バーレーン・マクラーレンのワウト・プールスも骨折しながら走っている

海外情報
Photo by Ben White on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・フランス初日のクラッシュによる骨折したライダーは増えるばかりだ。

ラスト3kmで発生した大落車では、多くのライダーが被害を受けている。バーレーン・マクラーレンのワウト・プールスもその一人だ。

肋骨骨折に肺に数か所の損傷があるという。ゴール出来るのかと思っていたら、25分遅れでなんとかゴール。

レースを続けられるのだろうか?

 

スポンサーリンク

チームメイトを気遣う

 

ワウト・プールスはインスタグラムで、破れたジャージも公開している。落車のひどさが分かる惨状だ。

インスタでは、同じく落車して大腿骨骨折したチームメイトのラファエル・バルスを気遣っている。

 

ワウト・プールスは昨年のツールでは最後まで山岳で残って、エガン・ベルナルをアシスト。ミカウ・クウィアトコウスキーの山岳でのアシスト欠如をカバーする活躍を見せていた。

今シーズンは、バーレーン・マクラーレンでミケル・ランダと並んでエースとして活躍するはずだったが、調子は上がってこない。更に今回のツールで骨折を抱えたまま走るのは心配だ。

少しずつ回復はするだろうが、山岳でのアシストは期待出来ないのではないだろうか。

 

負傷者リスト

あまりにも後から後から、負傷者が増えるのでここまでのリストを紹介。

  • ウィリアム・ボネ(Groupama-FDJ) 右肩と左側の痛み
  • ダディ・ゴデュ(Groupama-FDJ)- 仙骨の打撲
  • ルディ・モラール(Groupama-FDJ) 膝の怪我
  • ティボー・ピノ(Groupama-FDJ) 膝の痛みと右肩の痛み
  • ジョン・デゲンコルブ(Lotto Soudal) 膝の損傷・タイムオーバー
  • フィリップ・ギルバート(Lotto Soudal) 膝蓋骨骨折
  • ダビ・デラクルス(UAE) 仙骨骨折
  • ライアン・ギボンズ(NTT Pro Cycling)仙骨骨折
  • ドメニコ・ポッツヴィーヴォ(NTT Pro Cycling) 肘の骨折
  • アンドレ・グレイペル(Israel Start-Up Nation)膝を4針
  • ベン・ヘルマンス(Israel Start-Up Nation)手首の関節の損傷と深刻な擦り傷
  • ニルス・ボリッツ(Israel Start-Up Nation)背中の痛み
  • ミゲル・アンヘルロペス(Astana)擦り傷、軽度の擦過傷
  • ラファエル・パレス(BORA – hansgrohe )大腿骨骨折
  • ワウト・プールス(BORA – hansgrohe )肋骨骨折と肺の損傷
  • パヴェル・シヴァコフ (INEOS Grenadiers) 膝と股関節の損傷

 

Groupama-FDJは、エースのティボー・ピノ以下7名が落車しており、満身創痍の状態だ。Lotto Soudalは二人が去っておりカレブ・ユアンのスプリントトレインも組めないのではないか?

各チームとも厳しい。第3ステージをスタートしない選手がいなければ良いのですが。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました