ロードバイクの情報を発信しています!

2019世界選手権に出場するオーストラリア代表決定

海外情報
Photo: Yuzuru SUNADA
この記事は約5分で読めます。

ヨークシャー世界選手権は、9月22日に始まり、9月29日にエリート男子ロードレースで終了する。

世界選手権に出場するオーストラリア代表選手が決定した。

ツール・ド・フランスで謎のリタイヤをしたローハン・デニスも含まれている。

 
スポンサーリンク

オーストラリア男子ロード代表

 
2019年の世界選手権のコースは、とても厳しいコース。
オーストラリアの選手といえば、ツール・ド・フランスで3勝したカレブ・ユアンが浮かぶ。
だが、坂の苦手なユアンには厳しいコースなので代表には選好されていない。
 
リッチー・ボートもお休み。でもエベレストチャレンジしてるけど。
 
 
オーストラリアの男子ロード代表選手はこちら。
オーストラリア
男子ロード代表選手
  • サイモン・クラーク (EF Education First)33歳 クライマー
  • ローハン・デニス (Bahrain Merida)29歳 TTスペシャリスト
  • ミッチェル・ドッカー (EF Education First)33歳 ルーラー
  • ルーク・ダブリッチ (Mitchelton-Scott)28歳 ルーラー
  • ネイサン・ハーツ (Team Katusha Alpecin)30歳 パンチャー
  • ジャック・ヘイグ (Mitchelton-Scott)26歳 クライマー
  • マイケル・マシューズ (Sunweb)29歳 スプリンター
  • ローリー・サザーランド (UAE-Team Emirates)37歳 ルーラー

 

エースはマイケル・マシューズか

エースは、登れるスプリンターであるマイケル・マシューズになりそう。

マイケル・マシューズは、昨年世界選手権の代表に選ばれなかった。

それについて、とても落胆したと語っている。

それまでのマシューズの世界選手権での成績は突出している。

マイケル・マシューズの世界選手権の成績は 

  • 2017年 3位
  • 2016年 4位
  • 2015年 2位
  • 2014年 14位

とても、安定して良い走りをしている。

これを上回るのは3度世界選手権を制覇したサガンだけだ。

今年のツール・ド・フランスでは、ステージ2位が最高の成績。

ポイント賞争いも5位だった。

これは、トム・デュムランがツールに出場しなかったことも関係がある。

デュムランの総合のアシストのトレーニングしかしていなかったためだ。

 

上位に食い込んでいけるのか走りが注目される。

 

ローハン・デニス

ツール・ド・フランスの途中でレースをリタイヤしたローハン・デニスも代表に選出された。

タイムトライヤルも出るのだろうか?

ローハン・デニスはBahrain Meridaの提供する、バイクやエアロスキンスーツなども気に入らないらしい。

とにかく、完璧でないと気のすまない性格のようで機材の問題が解決されないとレースにも出場するのかどうかわからない。

その理由については、こちらで記事にしてます。

 

ローハン・デニスのタイムトライヤルマシンはこちら。

 

マイケル・マシューズと並んでサイモン・クラークも勝負にからめる可能性がある。

どこまでチームワークを発揮できるかも、オーストラリアの活躍に関係してくるだろう。

 

現在コース途中のグリントンムーア橋が壊れている。

グリントンムーア橋(写真:Swaledale Mountain Rescue Team)

情報によると、橋の工事は春までやらないらしい。

橋の近くにバイパスする道路を作るように計画している。

間に合うのか??

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました