ロードバイクの情報を発信しています!

リッチー・ボートはツール終了1週間でエベレストチャレンジに成功

海外情報
photo yuzuru sunada
この記事は約3分で読めます。

エベレストチャレンジって、何かというと獲得標高でエベレストの標高を越えること。

リッチー・ボート(Trek – Segafredo)は、ツール・ド・フランスが終わって1週間で、このチャレンジを実行。

疲れてないのか??

リッチー・ボートは、マドンヌのコースでプロトライアスリートのキャメロンワーフの誕生日を祝うために走ったという。

誕生日のお祝いならば、プレゼントではだめなのか??

 

スポンサーリンク

Stravaにアップロード

https://www.cyclingweekly.com/news/latest-news/la-madone-tour-contenders-favourite-testing-ground-197321

Col de la Madone

コル・デ・ラ・マドンヌの登りは、古くからグランドツアーのライダーがツールの練習のために利用していたコース。

ランス・アームストロングはタイラー・ハミルトンと。

クリス・フルームは2013年にリッチー・ボートと一緒にあがって仕上がり具合を確認している。

 

2013ツールでフルームとポート Photo: Graham Watson

アマチュアサイクリストでは、45分くらいかかるコース。

コル・デ・ラ・マドンヌは登坂距離13.1kmで、平均勾配10%。

 

Illustration: Ian Moores

これを10回上がらないと、エベレストの標高8,848メートルを越えない。

無茶じゃ。

 

https://www.strava.com/activities/2588618801

リッチー・ボートとキャメロンワーフは、土曜日の午前6時20分にマントン近くのfootからスタートし、16時間後、14時間22分の走行時間を終えてライドを終了。

 

これが、誕生日のお祝いか? 
キャメランワーフは本当に嬉しかったんだろうか?

 

270キロを走って獲得標高は9,012メートル

リッチー・ボートは、av18.8km/hで走り、10回の登山と4分3ほどサンタンニュを登って終了。

 

https://www.strava.com/activities/2588618801

エベレストチャレンジを完了するための公式ルールは、エベレストCCによって設定されている。

獲得標高は、最低8,847m以上であることが必要で、1回の登りで1回のアクティビティでなければならず、ループに乗ることはできない。

つまり、同じ道で同じ登りを何回もしないといけない。

死んじゃうな(^-^;

まあ、普通の人では到底出来ないチャレンジですね。

リッチー・ボートは、今後のレース予定は今の所なし。

ゆっくりと休んでいれば良いと思うのは私だけでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました