ロードバイクの情報を発信しています!

世界TTチャンピオン ローハン・デニスのMerida Time Warp タイムトライヤルバイク

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de機材情報
この記事は約5分で読めます。

2018UCI世界タイムトライヤルチャンピオンのローハン・デニス(Bahrain Merida)。

ローハン・デニスは2019ツール第12ステージでリタイヤ。理由は以下の通り。

 

せっかく、個人タイムトライヤルで活躍が見れるかと思っていたのに残念。

これは、ローハン・デニスが走らなったMerida Time Warpタイムトライヤルバイクの紹介です。

走ってから紹介したかったのですけど~。

 

スポンサーリンク

Merida Time Warp TT

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&rurl=translate.google.com&sl=auto&sp=nmt4&tl=ja&u=https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de&xid=25657,15700023,15700186,15700191,15700256,15700259,15700262,15700265&usg=ALkJrhgWcTLOBAXeGzySU2XYBobfnjbgIg

Warp TTは2018年にユーロバイクの自転車ショーで登場。

新しいカーボンレイアップのおかげでフレーム重量は以前のバージョンより400g減少。

リアブレーキは、下部でカバーハウジングされている。

コンピューターモデリングと風洞試験により、以前のバイクよりも9ワット節約。

Jürgen Falke on the new TIME WARP TT

みるからにタイムトライヤルマシンといった感じのバイク。ローハン・デニスは、このバイクのどこが気に入らなかったのでしょうか??

 

https://road.cc/content/feature/264295-tour-de-france-pro-bikes-personalised-bikes

世界チャンピオンの証として、フォークレッグ、トップチューブ、そしてチェーンステーにレインボーストライプのラインを比較的控えめに表している。

 

https://road.cc/content/feature/264295-tour-de-france-pro-bikes-personalised-bikesサドルの下にいる犬には、メガネにレインボーストライプがある。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

すべてのケーブルは、ブレーキケーブルまで配線が内蔵されている。

現段階ではリムブレーキのみの仕様。 中央に配置されたジャンクションボックスは、メインフレーム内のボトムブラケットの上に配置されており、簡単なアクセス、充電、および修理が可能。 

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

ハンドル周りは、新しいカーボンコックピットで統合。以前よりも200gの軽量化と空気抵抗を5ワット削減したという。

ローハン・デニスは3Dプリントされたバーを使用。数年前にTeam Skyが、この技術を最初に使用している。

こちらも、ローハン・デニスがチームに強く要望して実現したバーです。

情報によると、ツール第13ステージのタイムトライヤルの前にスキンスーツを渡されたが、それもデニスは気に入らなかったようです。100%完璧でないと気が済まないのでしょうね。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

デニスのハンドルバーは、とても高い位置にある。

延長部分は上向きに傾斜しており、両手をより近くに持ってきて、正面の表面積を減らすために腕を伸ばし、肩をまわりに引き寄せるのを助ける。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

フォームパッドは手作りのように見える。メカニックが一生懸命にカットして作ったんでしょうねえ~。

素材は、ベルクロに少し似ているが、柔らかくゴム状で滑りにくい。 それはPrologoサドルで使われている技術と変わらないと思われる。 

SRMコンピュータ用のマウントも、拡張機能にシームレスに統合されている。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

エクステンションの先端にはDi2シフターボタンがあり、ベースバーにはDura-Aceブレーキレバーがある。

ベースバーはフレームとフォークに一体化されており、フォークの前部は隠れたブレーキを越えてヘッドチューブの前部まで延びている。

ブレーキレバーのベースバーには、TTバイクでよく見かけるグリップテープが巻いてある。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

チェーンセットは、56×44t。Shimano Dura-Ace Di 2グループセットと、SRMパワーメータが含まれている。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

フロントホイールは、55mmハイトのリムと幅27mmの幅を持つWind 55 DBクリンチャーホイールを使用。

リアホイールは、Speed 360Tカーボンディスク。 このディスクのハブには、CULTセラミックベアリングが使用してある。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

タイヤは何故か、前後で違うものを使用。

  • リアホイールにはContinental Podium TT ProLtdの25mm幅チューブラータイヤ
  • フロントにはContinentalの新しいプロトタイプクリンチャータイヤ

GrandPrix TT 23mmタイヤをベースにしていますが、写真で見える111はタイヤの開発段階を表している。

Continentalは、プロ用で莫大な費用で作られているので、それを公にリリースする計画はないと言う。

 

https://road.cc/content/feature/264181-rohan-denniss-merida-time-warp-tt-time-trial-bike-youre-not-going-see-tour-de

タイムトライアルバイクでは、ショートサドルが一般的になってきている。

ローハン・デニスは、滑り落ちるのを防ぐために、Prologoスタビーノーズタイムトライアルサドルを使用。これは、独特の滑りにくい素材を使用している。

他のライダーに見られるようにサンドペーパーを貼ったりはしてませんね。

 

さて、ローハン・デニスのバイクについてどう思いますか?

これが彼が問題を抱えていたバイクだと想像することが出来ない。再び、彼がレースに戻ってくる日を待ちたいと思います。

 

こちらはユーロバイクの展示ショーでのWarp TT
2019 Merida Time Warp TT Team Bike – Walkaround Debut at 2018 Eurobike-

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました