ロードバイクの情報を発信しています!

Dimension Dataの契約更新6人にスティーブン・カミングスの名前はない

海外情報
Photo Dimension Data twitter
この記事は約3分で読めます。

Team Dimension Dataは、来年からTeam NTTとなる新しいメンバーの契約更新の発表を行った。

契約更新されたのは6人のライダー。

その中に、私が注目していたスティーブン・カミンググスの名前はなかった。

このまま、彼はフェードアウトしてしまうのだろうか?

 

スポンサーリンク

Dimension Dataの契約更新選手

チームは6人の契約更新選手の名前を発表。

 

更新されたライダーは以下の6人。

  • エンリコ・ガスパロット(37)パンチャー
  • ライアン・ギボンズ(25)スプリンター
  • ニコラス・ドラミニ(24) ルーラー
  • ジェイロバート・トムソン(33)ルーラー
  • ベン・キング(33) パンチャー
  • アマユエル・ゲブレイクザブハイアー(25)クライマー

 

この名前の中に、スティーブン・カミングスの名前はない。彼はチームに留まりたいと考えており、現在はツアー・オブ・プリテンに出場していた。

 

 

だが、スティーブン・カミングスは、ツアー・オブ・ブリテンの第5ステージで落車してしまう。

第4ステージ終了時点では、トップと27秒差の21位とチームではトップの成績だったのに。

チームの報告によると、骨折しているという。

Team NTTでは、2020年のシーズンに向けて20名の契約が整っている。2019年のチーム人員は27名であり、それから考えると残りは7名の枠となる。

38歳での骨折はとても厳しい判断を迫られることになりそうだ。もし、引退となった場合には、しばらく家族と共に一緒に過ごすつもりだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました