ロードバイクの情報を発信しています!

AG2R Citroën Teamの2022 ツール・ド・フランスの出場メンバー発表 グレッグ・ファンアーベルマートが落選

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt
この記事は約5分で読めます。

AG2R Citroën Teamは、ベン・オコナーで総合上位を目指す。

そのため、ツールの常連だったグレッグ・ファンアーベルマートがメンバーから外れている。ただ、グレッグ・ファンアーベルマートはこの決定に理解出来ないとコメント。

ツールのためにコンデションを整えていたのにと落胆を隠せていない。ステージ優勝を狙うメンバーは、ブノワ・コヌフロワ、オリバー・ナーセンといる。

山岳で少し弱さをみせるグレッグ・ファンアーベルマートの出番はなくなったということか。

 

スポンサーリンク

AG2R Citroën Teamのツール・ド・フランスのメンバー

 

ブロワ・コヌフロワ
ミカエル・シュレル
オリバー・ナーセン
ベン・オコナー
オレリアン・パレパントル
ジョフリー・ブシャール
スタン・デウルフ
ボブ・ユンゲルス

 

ベン・オコナー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AG2R CITROËN TEAM(@ag2rcitroenteam)がシェアした投稿

 

ベン・オコナーはAG2R Citroën Teamの総合を狙うライダーとしてツールに望む。ロマン・バルデ、ビエール・ラトゥールが移籍して以来、チームは総合を狙うライダーがいなかった。

ベン・オコナーはその穴を十分に埋めている。昨年のツールでは総合4位。今年も安定した成績を残している。

 

  • ブエルタ・ア・アンダルシア 総合7位
  • ボルタ・ア・カタルーニャ 第3ステージ優勝 総合6位
  • クラシック・グラン・ブザンソン・ドゥー フランス 6位
  • ツール・ド・ジュラ サイクリング  優勝
  • ツール・ド・ロマンディ 総合5位

 

ツール・ド・スイス第8ステージでは、プリモッシュ・ログリッチ、ヨナス・ヴィンゲコーのランデブーに15秒差で収めてゴールしている。

一人で追って二人とほぼ同じペースで上がっているのだから凄いことだ。

ツールでもこの構図が見られるかもしれない。ツールの山岳では間違いなく残ってくるクライマーの一人だ。昨年と同じように総合4位以内となれば凄いことだ。

目指すは表彰台か。

 

ボブ・ユンゲルス

 

チームとしては、ボブ・ユンゲルスが復調してくれたのは嬉しいニュースだ。ボブ・ユンゲルスは両足の動脈内膜症(血流が阻害される珍しい病気)によって3年もの間不調に。

 

引退も考えたというほど辛い日々を送ってきた。クイックステップ時代の逃げて勝つというクラシックライダーのイメージは全く影を潜めてしまったのだから。

ツール直前のツール・ド・スイスでは、ついに総合6位という結果を得ることが出来た。元々得意だったTTでも第8ステージで5位となっている。

止まっていた時間が再び動き出す時だ。

 

ブノワ・コヌフロワ

 

切れの良いアタックで逃げを狙うブノワ・コヌフロワ。今年の勝利はないけど、アムステルダムゴールドで2位。

上記のツイートのブランバンツ・パイルではミハウ・クフィアトコフスキに次いで2位。勝利まではあと1歩だけど、安定して成績を残しており、チームではUCIポイントの稼ぎ頭だ。

現在ランキング12位に位置している。

彼が目指すのは、ツール・ド・フランスでのステージ勝利だろう。逃げに乗れたら少ないチャンスをものにしてもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました