ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツアー・オブ・デンマーク第3ステージ 痛恨のパンク!

海外情報
Photo credit: 1541 on Visualhunt.com
この記事は約17分で読めます。

第2ステージを終わって、リーダージャージはUno-X Pro Cycling Teamのソーレン・ヴァーレンショルト。

第2ステージのゴールでもスプリントで2位に入っており、総合リーダーを最後まで守り抜くつもりだ。第3ステージは最長の209km。ゴールは、少し難しい登りゴールとなっている。

 

スポンサーリンク

第3ステージ ヴェジェン~ヴァイレ 209km

コースプロフィール photo postnorddanmarkrundt

 

ヴァイレは、2022ツール・ド・フランス第3ステージのスタート地でもあった。

この長いステージの最後は難しい。 約10キロで3回乗る必要があるローカルラウンドでは、2段ロケットが用意されている。

1段目は、400mで7%勾配。2段目は800mで6.8%。スプリンターが残るのは難しい。パンチャー有利となっている。

 

  1. スプリントポイント Dover
  2. スプリントポイント Askov
  3. 1級山岳 Refsgårde  0.9km・ 5.5%
  4. スプリントポイント Vorkbakken
  5. 1級山岳 Golfbakken  1.5km・4.8%
  6. 1級山岳 Golfbakken  1.5km・4.8%
  7. 2級山岳 GI Kolding Landevej  0.9km・5.3%

 

7人の逃げ

残り204kmで7人が逃げに。

  1.  FOUCHÉ James (Bolton Equities Black Spoke)
  2.  KRUL Wessel (Human Powered Health)
  3.  AASKOV PALLESEN Jeppe (HRE Mazowsze Serce Polski)
  4.  PEDERSEN Nicklas Amdi (Team ColoQuick)
  5.  BLUHM Oscar (Restaurant Suri – Carl Ras)
  6.  MENGEL Nikolaj (BHS – PL Beton Bornholm)
  7.  PEDERSEN Rasmus Søjberg (Denmark)

 

スプリントポイント Dover

スプリントポイント獲得順位は

  1.  FOUCHÉ James (Bolton Equities Black Spoke) 5ポイント・3秒
  2.  PEDERSEN Nicklas Amdi (Team ColoQuick) 3ポイント・2秒
  3.  BLUHM Oscar (Restaurant Suri – Carl Ras) 1ポイント・1秒

 

残り81.8kmでタイム差は2分5秒に。

 

先頭は4人と3人に割れている。

 

1級山岳 Golfbakken  1.5km・4.8%

先頭は単独で抜け出してポイント獲得。

  1. MENGEL Nikolaj (BHS – PL Beton Bornholm) 12ポイント
  2. PEDERSEN Nicklas Amdi (Team ColoQuick) 8ポイント
  3.  AASKOV PALLESEN Jeppe (HRE Mazowsze Serce Polski) 4ポイント

 

集団はLidl-Trekが引いてる。タイムは32秒と縮まった。

 

残り50.7kmで12秒と捕まるのは時間の問題に。

 

Lidl-Trekが先頭を捕まえた。

 

さらにペースを上げる。

 

ここで、マッズ・ピーダスンがアタック!

 

 

マッズ・ピーダスンがアタックをかけるが、ソーレン・ヴァーレンショルトは逃がさない。6人の良いメンバーだ。

 

だが、マッズ・ピーダスンのグループは、捕まってしまう。

 

残り41km。あとは、サーキットでの決戦か。

 

残り36.6km。Lidl-Trekが先頭を引く。

 

残り3周

先頭は捕まってソーレン・ヴァーレンショルト、マティアス・スケルモースイェンセンなどが抜け出して通過。

 

先頭は9人。

 

マッズ・ピーダスンが抜け出す。

 

しかし、逃げれそうもない。

  1. マッズ・ピーダスン Lidl-Trek
  2. ルーカス・エリクソン Tudor Pro Cycling Team

 

かわって、Lidl-Trekのマティアス・スケルモースイェンセンが仕掛ける。

 

マティアス・スケルモースイェンセンが捕まると、マッズ・ピーダスンがカウンターアタックだ!

 

マッズ・ピーダスンは、10秒のリードを奪う。

 

マッズ・ピーダスンが17秒のリードとなった。

 

残り2周

13秒差で追走が残り2周に。

 

追走では、マティアス・スケルモースイェンセンが邪魔をしている。

 

前に見えるマッズ・ピーダスンに向けてアタックがかかる。

 

あっと、ソーレン・ヴァーレンショルトはパンクだ。

 

マッズ・ピーダスンに追走が迫る。

 

ソーレン・ヴァーレンショルトは、まだサポートカーが上がってこない。

 

マッズ・ピーダスンは、6秒差で逃げている。

 

ソーレン・ヴァーレンショルトは、ようやくバイク交換。

 

後ろでは、常にマティアス・スケルモースイェンセンが目を光らせている。

 

残り12.7km。7秒差。

 

マッズ・ピーダスンは、26秒までタイム差を広げた。

 

残り1周

最後の周回にのぞむ。後ろからは、登りでマティアス・スケルモースイェンセンが抜け出してきている。

 

 

ソーレン・ヴァーレンショルトは、39秒差で通過。

 

マッズ・ピーダスンは、後ろのマティアス・スケルモースイェンセンを待っている。

 

残り8.2kmで8秒差に。

 

残り7.4kmでマティアス・スケルモースイェンセンが追いついた。

 

マティアス・スケルモースイェンセンが、すぐに前に出て登りを引く。

 

二人は協力して残り2.7kmに。後続は29秒も離れた。

 

残り1.2km。マッズ・ピーダスンがマティアス・スケルモースイェンセンをリード。

 

残り600m。登りではマティアス・スケルモースイェンセンが前を引く。

 

残り500m。マッズ・ピーダスンはついていけない。

 

マティアス・スケルモースイェンセンは、総合のタイムのために全開でゴールを目指す。

 

マティアス・スケルモースイェンセンがゴールに戻ってきた。

 

 

マティアス・スケルモースイェンセンが、十字を切ってゴール。

 

天を指さすポーズをする。ソーレン・ヴァーレンショルトがパンクしていなかったら、どういう展開になっていただろう。

 

マッズ・ピーダスンは、万歳をして喜びのゴールの表情に。Lidl-Trekは、ワンツーフニッシュと総合でも1位と2位となる想像以上の成功となった。

 

スポンサーリンク

リザルト

マティアス・スケルモースイェンセンのコメント(チーム公式サイトより)

本当に素晴らしいよ。キッデスヴェイはデンマークで一番大きなシーンだと思うし、マッズと1-2フィニッシュするなんて信じられない。

登りでついてきてくれるように説得したんだけど、結局、彼は私を行かせてくれた。彼が僕にこの勝利を与えてくれたことは、僕にとってとても意味のあることなんだ。

 

2位のマッズ・ピーダスンのコメント

このステージレースは我々にとって超特別なものなんだ。このコースはデンマークのライダーにとって象徴的なステージであり、マティアスがナショナルチャンピオンジャージを着てこのステージを制したことは、私にとっても彼にとっても本当に特別なことだ。

キム(アンデルセン、スポーツディレクター)に聞けば、彼は最も美しい勝利のひとつだと言うだろうし、本当に特別なことだ。

このステージで1位と2位になれたことは、僕らにとって信じられないことだし、長い間記憶に残るものになるだろう。今日、僕はフルで超ディープに走ったけど、それは他の選手にプレッシャーをかけ、彼らが働かなければならないようにするためだった。

今朝は、マティアスと僕で1位と2位を争うことになると冗談を言っていたんだけど、実際にそれが実現したんだからね。

第3ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 20
10″
4:59:31
2
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 15
6″
0:10
3
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost 10
4″
0:43
4
 CONCI Nicola
Alpecin-Deceuninck 5   0:46
5
 VERMEERSCH Florian
Lotto Dstny 3   0:49
6
 KAMP Alexander
Tudor Pro Cycling Team     0:51
7
 SKUJIŅŠ Toms
Lidl – Trek     1:10
8
 SVARRE Tobias
Team ColoQuick     ,,
9
 VALGREN Michael
EF Education-EasyPost     1:15
10
 SBARAGLI Kristian
Alpecin-Deceuninck     ,,
11
 VAN MOER Brent
Lotto Dstny     1:16
12
 BUDZINSKI Marcin
HRE Mazowsze Serce Polski     ,,
13
 SWEENY Harry
Lotto Dstny     ,,
14
 STOKBRO Andreas
Leopard TOGT Pro Cycling     1:19
15
 KACZMAREK Jakub
HRE Mazowsze Serce Polski     ,,
16
 BRENNER Marco
Team dsm – firmenich     1:21
17
 BREGNHØJ Mathias
Leopard TOGT Pro Cycling     ,,
18
 BRAET Vito
Team Flanders – Baloise     ,,
19
 MAGLI Filippo
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
20
 DE BOD Stefan
EF Education-EasyPost     ,,
21
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
22
 RIESEBEEK Oscar
Alpecin-Deceuninck     ,,
23
 BAK Simon
Team ColoQuick     ,,
24
 KLARIS Magnus Bak
Restaurant Suri – Carl Ras     ,,
25
 ANDERSEN Kasper
Denmark     ,,
26
 DECLERCQ Tim
Soudal – Quick Step     1:24
27
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke     ,,
28
 PELLAUD Simon
Tudor Pro Cycling Team     ,,
29
 BUDZINSKI Tomasz
HRE Mazowsze Serce Polski     ,,
30
 APERS Ruben
Team Flanders – Baloise     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 12 ▲11
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 5
10″
12:30:46
2 3 ▲1
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek  
10″
0:10
3 13 ▲10
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost  
4″
0:49
4 34 ▲30
 CONCI Nicola
Alpecin-Deceuninck     0:56
5 16 ▲11
 VERMEERSCH Florian
Lotto Dstny     0:59
6 39 ▲33
 KAMP Alexander
Tudor Pro Cycling Team     1:01
7 1 ▼6
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team  
16″
1:09
8 37 ▲29
 SKUJIŅŠ Toms
Lidl – Trek     1:20
9 21 ▲12
 SBARAGLI Kristian
Alpecin-Deceuninck     1:25
10 17 ▲7
 VAN MOER Brent
Lotto Dstny     1:26
11 26 ▲15
 BUDZINSKI Marcin
HRE Mazowsze Serce Polski     ,,
12 14 ▲2
 STOKBRO Andreas
Leopard TOGT Pro Cycling     1:29
13 18 ▲5
 KACZMAREK Jakub
HRE Mazowsze Serce Polski     ,,
14 7 ▼7
 BRAET Vito
Team Flanders – Baloise     1:31
15 11 ▼4
 MAGLI Filippo
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     ,,
16 19 ▲3
 KLARIS Magnus Bak
Restaurant Suri – Carl Ras     ,,
17 22 ▲5
 BREGNHØJ Mathias
Leopard TOGT Pro Cycling     ,,
18 25 ▲7
 BAK Simon
Team ColoQuick     ,,
19 30 ▲11
 DE BOD Stefan
EF Education-EasyPost     ,,
20 35 ▲15
 ANDERSEN Kasper
Denmark     ,,
21 20 ▼1
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke     1:34
22 23 ▲1
 APERS Ruben
Team Flanders – Baloise     ,,
23 38 ▲15
 DECLERCQ Tim
Soudal – Quick Step     ,,
24 42 ▲18
 BUDZINSKI Tomasz
HRE Mazowsze Serce Polski     ,,
25 44 ▲19
 SVARRE Tobias
Team ColoQuick     1:50
26 40 ▲14
 ZUKOWSKY Nickolas
Q36.5 Pro Cycling Team     1:58
27 15 ▼12
 PEDERSEN Casper
Soudal – Quick Step     2:19
28 27 ▼1
 ERIKSSON Lucas
Tudor Pro Cycling Team     2:21
29 9 ▼20
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk     4:03
30 4 ▼26
 KRAGH ANDERSEN Søren
Alpecin-Deceuninck  
4″
5:23

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 3 ▲2
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 30
2 1 ▼1
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 27
3 2 ▼1
 JAKOBSEN Fabio
Soudal – Quick Step 27
4 10 ▲6
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 22
5 4 ▼1
 ANDRESEN Tobias Lund
Team dsm – firmenich 18
6 5 ▼1
 KRAGH ANDERSEN Søren
Alpecin-Deceuninck 17
7 11 ▲4
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost 16
8 12 ▲4
 PEDERSEN Nicklas Amdi
Team ColoQuick 11
9 6 ▼3
 JOHANSEN Julius
Denmark 10
10 7 ▼3
 BRAET Vito
Team Flanders – Baloise 10

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 5 ▲4
 PEDERSEN Nicklas Amdi
Team ColoQuick 40
2 6 ▲4
 AASKOV PALLESEN Jeppe
HRE Mazowsze Serce Polski 32
3 4 ▲1
 KRUL Wessel
Human Powered Health 26
4 1 ▼3
 JENSEN Frederik Irgens
BHS – PL Beton Bornholm 22
5 2 ▼3
 KRISTENSEN Mads Østergaard
Leopard TOGT Pro Cycling 20
6 3 ▼3
 PEDERSEN Henrik
Team ColoQuick 18
7  
 MENGEL Nikolaj
BHS – PL Beton Bornholm 16
8  
 MOSCA Jacopo
Lidl – Trek 4
9  
 BENDIXEN Louis
Uno-X Pro Cycling Team 2

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 5 ▲4
 ANDERSEN Kasper
Denmark 12:32:17
2 4 ▲2
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke 0:03
3 6 ▲3
 SVARRE Tobias
Team ColoQuick 0:19
4 3 ▼1
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk 2:32
5 8 ▲3
 SKIVILD Robin Juel
Leopard TOGT Pro Cycling 4:47
6 7 ▲1
 BERCKMOES Jenno
Team Flanders – Baloise 5:00
7 12 ▲5
 BRENNER Marco
Team dsm – firmenich 7:21
8 9 ▲1
 SVRČEK Martin
Soudal – Quick Step 10:20
9 2 ▼7
 ANDRESEN Tobias Lund
Team dsm – firmenich 11:33
10 1 ▼9
 RIDOLFO Filippo
Team Novo Nordisk 14:15
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました