ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・ポローニュ第4ステージ ロングスプリントを決めたのは?

この記事は約16分で読めます。

第3ステージのクイーンステージでは、地元のラファウ・マイカが勝利。ただ、斜行したために物議をかもしたのだけど、UCIは介入せず。

まあ、道端が20mもあり、平坦スプリントでなかったということもあるかもしれない。総合はステージ2位となったマテイ・モホリッチがキープ。ただ、タイム差は10秒なので油断は出来ない。

 

スポンサーリンク

第4ステージ   シュトツェリン~オポーレ   198.6km

コースプロフィール photo tourdepologne

 

ゴールのオポーレは、2020年以来となる。2020年にはスタート地点だった。このステージは前半に登りがあるけれど、最後はスプリントとなりそう。ただ、ゴールは1km手前から登っている。

 

  1. スプリントポイント Sobótka
  2. 3級山岳 Strzegomiany 1.9km・2.8%
  3. スプリントポイント Strzelin
  4. スプリントポイント Grodków
  5. スプリントポイント Moszna

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

少し曇り空。

 

ニュートラルスタート。

 

オフィシャルスタート。ファーストアタックはHuman Powered Healthのセバスチャン・シェーンベルガー。

 

すぐに5人が飛び立つ。

 

5人の逃げ

5人がスタートから逃げに。

  1. エフゲニー・ギディッチ Astana Qazaqstan Team
  2. ジャコポ・モスカ Lidl-Trek
  3. セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health
  4. BANASZEK Norbert (Poland)
  5. STOSZ Patryk(Poland)

 

ジャコポ・モスカは、山岳賞ジャージを守るために逃げに入っている。

 

スプリントポイント Sobótka

スプリントポイント獲得順位は

  1. STOSZ Patryk(Poland) 3ポイント・3秒
  2. セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health 2ポイント・2秒
  3. BANASZEK Norbert (Poland) 1ポイント・1秒

 

3級山岳 Strzegomiany 1.9km・2.8%

ここはジャコポ・モスカがトップ通過。誰も邪魔しないんだけど、全力。

  1. ジャコポ・モスカ Lidl-Trek 3ポイント
  2. セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health 2ポイント
  3. STOSZ Patryk(Poland) 1ポイント

 

残り146.3km。集団は1分43秒。猛烈なペースで引いている。先頭はヨセフ・チェルニー。

 

集団は大きく二つに割れた。先頭とは40秒しか離れていない。

 

先頭は50人くらい。後方はかなりの人数。

 

残り141.5kmで後方が追いついてきた。先頭の5人は助かるはず。

 

スプリントポイント Strzelin

スプリントポイント獲得順位は

  1. STOSZ Patryk(Poland) 3ポイント・3秒
  2. セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health 2ポイント・2秒
  3. BANASZEK Norbert (Poland) 1ポイント・1秒

 

集団の真ん中から落車。これが大被害に。

 

道路の下まで落ちたライダーも多数。

 

あっと、また残り121.1kmで落車が。Soudal – Quick Stepのヤン・ヒルトが一回転していた。

 

先頭からは、ジャコポ・モスカは降りている。明日の山岳ポイントに備えている。

 

スプリントポイント Grodków

スプリントポイント獲得順位は

  1. STOSZ Patryk(Poland) 3ポイント・3秒
  2. セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health 2ポイント・2秒
  3. BANASZEK Norbert (Poland) 1ポイント・1秒

 

残り81kmで3分7秒差に。

 

ジャコポ・モスカは、最後尾で補給中。

 

集団先頭はSoudal – Quick StepとJumbo-Vismaが引く。

 

Astana Qazaqstan Team のエフゲニー・ギディッチは逃げから降りてしまう。

 

スプリントポイント Moszna

スプリントポイント獲得順位は

  1. STOSZ Patryk(Poland) 3ポイント・3秒
  2. セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health 2ポイント・2秒
  3. BANASZEK Norbert (Poland) 1ポイント・1秒

 

先頭は3人。残り37.3kmで46秒差となっている。時速48km/hで走行。

  1. STOSZ Patryk(Poland)
  2. セバスチャン・シェーンベルガー Human Powered Health 
  3. BANASZEK Norbert (Poland) 

 

残り25.5kmで3人の後ろに集団が迫る。

 

最後のあがきに。

 

これも残り24.6kmの橋の上で捕まってしまった。

 

残り17.4km。集団は横一線に。

 

UAE Team Emiratesは、パスカル・アッカーマンでスプリントを狙う。

 

INEOS Grenadiersは、テイメン・アレンスマンが先頭を引いている。

 

残り5kmを切ってINEOS Grenadiersはゲラント・トーマスが引き始めた。

 

残り2.9kmでSoudal – Quick Step先頭に。

 

残り1.9kmでQ36.5 Pro Cycling Teamがマッティオ・モスケッティのために先頭に立つ。

 

残り1kmでAlpecin-Deceuninckが先頭。ヤコブ・マレツコで勝利を狙う。

 

残り700m。

 

Groupama – FDJのルイス・アスキーが先頭に。

 

Groupama – FDJのルイス・アスキーが抜け出したが、後ろはオラフ・コーイが張り付いている。

 

残り300mでオラフ・コーイがまくりにはいる。

 

 

オラフ・コーイの後ろは、EF Education-EasyPostのマライン・ファンデンベルフ。

 

オラフ・コーイは、先頭を譲らない。

 

ゴール前では、後ろを振り返る余裕も。

 

オラフ・コーイが、第4ステージを見事に制した。

 

オラフ・コーイは、これで今シーズン7勝目。この後は、世界選手権にオランダ代表として出場。来シーズンは、いよいよグランドツアーデビューとなりそうだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

オラフ・コーイのコメント(チーム公式サイトより)

素晴らしい勝利だ。ナーバスな序盤戦の後、ペロトンの全員がポイントに達した。緊張した序盤戦の後、プロトンの全員がポイントに達した。最終コーナーでいいポジションにいなければならないことはわかっていた。

そして比較的早い段階でアタックすることにした。幸いなことに、自分のスピードを長時間維持できるだけの力があった。この勝利でまた自信がついた。この勝利を祝って、その後はまた明日のステージにフォーカスを移すつもりだ。

集団スプリントに臨むための既成のレシピはない。どのステージも違うし、常に新しい視点で最終ステージを見て、プランを立てなければならない。今日の僕たちはそれを精力的に実行した。

ステージを通して主導権を握り、ラスト1kmで良いポジションを確保した。チームは今日も素晴らしい手助けをしてくれた。さっきも言ったように、この勝利は大きな自信になる。

 

第4ステージリザルト

 

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 50
10″
4:23:15
2
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 20
6″
,,
3
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 8
4″
,,
4
 WALSCHEID Max
Cofidis     ,,
5
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe     ,,
6
 MARECZKO Jakub
Alpecin-Deceuninck     ,,
7
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step     ,,
8
 DE KLEIJN Arvid
Tudor Pro Cycling Team     ,,
9
 TAMINIAUX Lionel
Alpecin-Deceuninck     ,,
10
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk     ,,
11
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ     ,,
12
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Human Powered Health     ,,
13
 GOVEKAR Matevž
Bahrain – Victorious     ,,
14
 GAVIRIA Fernando
Movistar Team     ,,
15
 FLYNN Sean
Team dsm – firmenich     ,,
16
 MCLAY Daniel
Team Arkéa Samsic     ,,
17
 GAUTHERAT Pierre
AG2R Citroën Team     ,,
18
 MENTEN Milan
Lotto Dstny     ,,
19
 GAROFOLI Gianmarco
Astana Qazaqstan Team     ,,
20
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
21
 THEUNS Edward
Lidl – Trek     ,,
22
 KACZMAREK Jakub
Poland     ,,
23
 PATERSKI Maciej
Poland     ,,
24
 QUICK Blake
Team Jayco AlUla     ,,
25
 VAN UDEN Casper
Team dsm – firmenich     ,,
26
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team     ,,
27
 CONCI Nicola
Alpecin-Deceuninck     ,,
28
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers     ,,
29
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers     ,,
30
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious  
16″
17:38:11
2 3 ▲1
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates  
6″
0:10
3 2 ▼1
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates  
10″
,,
4 4
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers  
8″
0:12
5 8 ▲3
 DUNBAR Eddie
Team Jayco AlUla     0:20
6 13 ▲7
 CONCI Nicola
Alpecin-Deceuninck     0:34
7 14 ▲7
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates     ,,
8 15 ▲7
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team     0:46
9 17 ▲8
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe     0:57
10 20 ▲10
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team     ,,
11 18 ▲7
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step     ,,
12 21 ▲9
 HAGEN Carl Fredrik
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
13 22 ▲9
 LASTRA Jonathan
Cofidis     1:16
14 23 ▲9
 VERVAEKE Louis
Soudal – Quick Step     ,,
15 24 ▲9
 GODON Dorian
AG2R Citroën Team     ,,
16 29 ▲13
 BUDZINSKI Marcin
Poland     1:29
17 31 ▲14
 WARBASSE Larry
AG2R Citroën Team     1:33
18 32 ▲14
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla     1:40
19 36 ▲17
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost  
6″
1:53
20 37 ▲17
 CHEREL Mikaël
AG2R Citroën Team     1:59
21 46 ▲25
 WELLENS Tim
UAE Team Emirates     4:31
22 52 ▲30
 VAN DER SANDE Tosh
Jumbo-Visma     5:28
23 63 ▲40
 GAROFOLI Gianmarco
Astana Qazaqstan Team     11:54
24 64 ▲40
 LUDVIGSSON Tobias
Q36.5 Pro Cycling Team     12:15
25 65 ▲40
 FLYNN Sean
Team dsm – firmenich     12:46
26 68 ▲42
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost     13:20
27 72 ▲45
 MILESI Lorenzo
Team dsm – firmenich  
2″
13:56
28 75 ▲47
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk     15:32
29 78 ▲49
 KACZMAREK Jakub
Poland     16:29
30 80 ▲50
 VAN DIJKE Mick
Jumbo-Visma     17:22

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 39
2 12 ▲10
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 39
3 2 ▼1
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 36
4 19 ▲15
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 35
5 10 ▲5
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 34
6 18 ▲12
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe 33
7 20 ▲13
 WALSCHEID Max
Cofidis 33
8 5 ▼3
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates 31
9 6 ▼3
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates 31
10 23 ▲13
 MARECZKO Jakub
Alpecin-Deceuninck 27

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 MOSCA Jacopo
Lidl – Trek 18
2 2
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious 5
3 4 ▲1
 VAN DIJKE Mick
Jumbo-Visma 4
4 6 ▲2
 KRON Andreas
Lotto Dstny 4
5 8 ▲3
 DUNBAR Eddie
Team Jayco AlUla 3
6 9 ▲3
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step 3
7 10 ▲3
 MILESI Lorenzo
Team dsm – firmenich 3
8 11 ▲3
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers 2
9  
 SCHÖNBERGER Sebastian
Human Powered Health 2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました