ロードバイクの情報を発信しています!

Groupama – FDJのアルノー・デマールがシーズン途中で移籍 ツール落選の怒りか?

海外情報
Photo credit: davidgard30 on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

Groupama – FDJのエーススプリンター、アルノー・デマールが噂通りTeam Arkéa Samsicに移籍発表となった。しかも、シーズン途中だ。

アルノー・デマールは、今年のツールに落選しており、チームとは不協和音がささやかれていた。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

ツール落選を受けてのアルノー・デマールの怒りは相当だった。シーズン終了もまたずに移籍とは~。

ジロ・デ・イタリアのステージ優勝8回。ジロのポイント賞2回。ツール・ド・フランスでも2勝をあげている。キャリアでは93勝をあげているトップスプリンターの一人だ。

ジロも出れず、ツールも出れないのでは活躍する場もない。

 

アルノー・デマールはTeam Arkéa Samsicの公式サイトで以下のようにコメント。

私はARKEA-B&B HOTELSと2024年と2025年の契約を結んだ。2023年シーズン終了後の8月1日からArkéa-Samsicチームに合流し、この体制で戦うために、GroupamaとFDJとの合意により契約を解除することができた。

契約の最後の数ヶ月を解放してくれた2人のパートナーに感謝したい。早くページをめくって未来に目を向けることができたのは、私にとって最高の出来事だ。

Team Arkéa Samsicでのシーズン終了が本当に楽しみだ。僕を信じ、モチベーションを高めてくれるチームとキャリアの新しい章を開くんだ。いい結果を出したいと思っているし、それが僕のモチベーションになっているんだ。

エマニュエル・ユベールのスピーチは情熱的で、やる気を起こさせるものだった。新しいカラーのもとで、できるだけ早くデビューを成功させたい。モチベーションは高いよ。

 

Team Arkéa Samsicには、ナセル・ブアニ、ユーゴ・オフステテール、デビット・デッカー、ダニエル・マクレーとスプリンターが多い。

だが、アルノー・デマールの移籍でエースは決まりだ。Team Arkéa Samsicは、ナイロ・キンタナを解雇してからUCIポイントが取れていない。アルノー・デマールは、チームを救う起爆剤となるか。

 

マイルズ・スコットソン

 

Groupama – FDJからは、アルノー・デマールのパイロット、マイルズ・スコットソンも移籍する。

マイルズ・スコットソンは、2018年にBMC Racing Teamでワールドツアーデビュー。Groupama – FDJには2019年から在籍していた。

2017オーストラリアロード王者、2021年にはボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ第1ステージで、ジョン・デゲンコルプを破って勝利している。

マイルズ・スコットソンは、2024年からTeam Arkéa Samsicに移籍する。

 

また、噂では総合エースのワレン・バルギルが移籍という情報もある。現在わかっている移籍は、ウクライナ王者のアンドリー・ポノマルがtransalpineに移籍するために7月31日で契約を解除している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました