ロードバイクの情報を発信しています!

オラフ・コーイがヨナス・ヴィンゲゴーも驚く契約に

海外情報
UnsplashXavi Cabreraが撮影した写真
この記事は約2分で読めます。

今シーズン一杯でJumbo-Vismaから退団すると言われていたオラフ・コーイ。

2022年シーズン12勝。2023年シーズンもすでに6勝をあげている。しかし、今年もグランドツアーには出れそうもない。

ディラン・フルーネウェーヘンが2023年シーズンにTeam Jayco AlUlaに移籍したのも、ツール・ド・フランスに出場出来ないからだっだ。

オラフ・コーイも、その道をたどるのかと思っていたのだけど。

 

スポンサーリンク

2025年まで契約延長

ヨナス・ヴィンゲゴーとクリストフ・ラポルトの小芝居に注目

 

上のツイート動画では、ヨナス・ヴィンゲゴーとクリストフ・ラポルトがお芝居を。

そこに、突然屋上からスポーツディレクターのMerijn Zeemanが「何をしているの?」と彼は二人に尋ねる。

すると、ヨナス・ヴィンゲゴーが「オラフへのお別れのビデオを録画しているところだ」と答える。

ゼーマンはこう答える。「オラフはどこにも行かない、私たちと一緒にいるよ。」と。

本当に驚きだけど、オラフ・コーイはJumbo-Vismaにあと2年残ることになる。この小芝居は、これまでの噂に対する答えとなった。

しかし、そうなるとグランツアーに出してあげないと可哀そうな感じがする。

チームには、プリモッシュ・ログリッチ、ヨナス・ヴィンゲゴーという総合エースがおり、ツール・ド・フランスにスプリンターが出場出来る可能性は少ない。というよりも数年は無理だろう。

しかし、公式サイトではグランドツアーへの出場も約束されたと書かれている。ジロなのか、ブエルタなのかはわからないけど、まあ、まずはブエルタでしょうね。

春のクラシック出場と合わせて実現されると書かれている。すでにキャリア21勝をあげているけど、ワールドツアーでの勝利は2勝。来シーズン、ワールドツアーでの勝利が増えるかもしれない。

オラフ・コーイを欲しがるチームは沢山あったと思うけど、今は悔しがっているはずだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました