ロードバイクの情報を発信しています!

2022 パリ~ルーベ 北の地獄を制したのは?

海外情報
Photo credit: So_P on Visualhunt.com
この記事は約26分で読めます。

北の地獄またはクラシックの女王ともよばれるパリ~ルーベ。Paris-Roubaix(1.UWT)

1896年に第1回大会が開催され、今年で第119回を迎える。

昨年は、コロナのために10月開催だった。ニュースでは今後、10月開催も検討しているという話も出ている。

ただ、ロンド・ファン・フラーデレンなどと連続して開催してくれたほうが、ファンとしては見るのにも連続していて良いけど。

パリ〜ルーベの特徴は何と言っても荒れたパヴェ(石畳)が連続して登場するコースレイアウトにある。

毎年パヴェの区間は減っており、パリ~ルーベ友の会(Les Amis de Paris-Roubaix)などが、保存するために活動をしている。

2015優勝のジョン・デゲンコルプは大使となって活動に参加している。

今年も、地元の人たちが石畳を綺麗にしている様子が見られた。

 

過去のパリ~ルーベの優勝者は

  • 2021 ソンニ・コルブレッリ
  • 2019 フィリップ・ジルベール
  • 2018 サガン
  • 2017 グレッグ・ファンアーベルマート
  • 2016 マシュー・ヘイマン
  • 2015 ジョン・デゲンコルプ
  • 2014 ニキ・テルプストラ
  • 2013 ファビアン・カンチェラーラ
  • 2012 トム・ボーネン
  • 2011 ヨハン・ファンスュメレン

心臓の問題でテレビ観戦している、ソンニ・コルブレッリの後を継ぐライダーは誰だろうか?

 

スポンサーリンク
  1. コンピエーニュ~ルーベ  257.2km
    1. スタート前
    2. オフィシャルスタート
    3. 30. Troisvilles à Inchy (残り161,4 km) 2.200m – ☆☆☆  
    4. 29. Viesly à Quiévy (残り154,9 km) 1.800m – ☆☆☆  
    5. 28. Quiévy à Saint-Python (残り152,3 km) 3.700m – ☆☆☆☆
    6. 27. Saint-Python (残り 147,6 km) 1.500m – ☆☆
    7. 25. Saint-Martin-sur-Écaillon à Vertain (残り136,8 km) 2.300m – ☆☆☆ 
    8. 24. Capelle à Ruesnes (残り130,4 km) 1.700m – ☆☆☆
    9. 23. Artres à Quérénaing (残り121,4 km) 1.300m – ☆☆
    10. 22. Quérénaing à Maing (残り 119,6 km) 2.500m – ☆☆☆  
    11. 21. Maing à Monchaux-sur-Écaillon (残り 116,5 km) 1.600m – ☆☆☆  
    12. 20. Haveluy à Wallers (残り 103,5 km) 2.500m – ☆☆☆☆
    13. 19. Trouée d’Arenberg (残り95,3 km) 2.300m – ☆☆☆☆☆
    14. 18. Wallers à Hélesmes (残り 89,3 km) 1.600m –☆☆☆  
    15. 17. Hornaing à Wandignies (残り 82,5 km) 3.700m – ☆☆☆☆
    16. 14. Beuvry à Orchies (残り 65,2 km) 1.400m – ☆☆☆  
    17. 13. Orchies (残り60,2 km) 1.700m –☆☆☆
    18. 12. Auchy à Bersée (残り 54,1 km) 2.700m – ☆☆☆☆
    19. 11. Mons-en-Pévèle (残り 48,6 km) 3.000m – ☆☆☆☆☆
    20. 10. Mérignies à Avelin (残り42,6 km) 700m – ☆☆
    21. 9. Pont-Thibault à Ennevelin (残り 39,2 km) 1.400m – ☆☆☆  
    22. 8. Templeuve (L’Épinette) (残り33,8 km) 200m – ☆
    23. 7. Cysoing à Bourghelles (残り26,9 km) 1.300m – ☆☆☆
    24. 6. Bourghelles à Wannehain (残り24,4 km) 1.100m – ☆☆☆  
    25. 5. Camphin-en-Pévèle (残り 19,9 km) 1.800m – ☆☆☆☆
    26. 4. Carrefour de l’Arbre (残り 17,2 km) 2.100m – ☆☆☆☆☆
    27. 2. Willems à Hem (残り8,2 km) 1.400m – ☆☆☆  
    28. 1. Roubaix (Espace Charles Crupelandt) (残り 1,4 km) 300m – ☆
  2. リザルト

コンピエーニュ~ルーベ  257.2km

コースプロフィール photo paris-roubaix

 

パリ〜ルーベ2022のルートは、昨年とほぼ同じ。合計30の未舗装セクターで、合計で54.8kmの石畳がある。これは10月より300m長い。

 

30. Troisvilles à Inchy (残り161,4 km) 2.200m – ☆☆☆  
29. Viesly à Quiévy (残り154,9 km) 1.800m – ☆☆☆  
28. Quiévy à Saint-Python (残り152,3 km) 3.700m – ☆☆☆☆
27. Saint-Python (残り 147,6 km) 1.500m – ☆☆
26. Haussy à Saint-Martin-sur-Écaillon (残り141,1 km) 800m – ☆☆
25. Saint-Martin-sur-Écaillon à Vertain (残り136,8 km) 2.300m – ☆☆☆  
24. Capelle à Ruesnes (残り130,4 km) 1.700m – ☆☆☆  
23. Artres à Quérénaing (残り121,4 km) 1.300m – ☆☆
22. Quérénaing à Maing (残り 119,6 km) 2.500m – ☆☆☆  
21. Maing à Monchaux-sur-Écaillon (残り 116,5 km) 1.600m – ☆☆☆  

20. Haveluy à Wallers (残り 103,5 km) 2.500m – ☆☆☆☆
19. Trouée d’Arenberg (残り95,3 km) 2.300m – ☆☆☆☆☆
18. Wallers à Hélesmes (残り 89,3 km) 1.600m –☆☆☆  
17. Hornaing à Wandignies (残り 82,5 km) 3.700m – ☆☆☆☆
16. Warlaing à Brillon (残り75 km) 2.400m – ☆☆☆  
15. Tilloy à Sars-et-Rosières (残り71,5 km) 2.400m – ☆☆☆☆
14. Beuvry à Orchies (残り 65,2 km) 1.400m – ☆☆☆  
13. Orchies (残り60,2 km) 1.700m –☆☆☆  
12. Auchy à Bersée (残り 54,1 km) 2.700m – ☆☆☆☆
11. Mons-en-Pévèle (残り 48,6 km) 3.000m – ☆☆☆☆☆

10. Mérignies à Avelin (残り42,6 km) 700m – ☆☆
9. Pont-Thibault à Ennevelin (残り 39,2 km) 1.400m – ☆☆☆  
8. Templeuve (L’Épinette) (残り33,8 km) 200m – ☆
8. Templeuve (Moulin-de-Vertain) (残り 33,3 km) 500m – ☆☆
7. Cysoing à Bourghelles (残り26,9 km) 1.300m – ☆☆☆  
6. Bourghelles à Wannehain (残り24,4 km) 1.100m – ☆☆☆  
5. Camphin-en-Pévèle (残り 19,9 km) 1.800m – ☆☆☆☆
4. Carrefour de l’Arbre (残り 17,2 km) 2.100m – ☆☆☆☆☆
3. Gruson (残り 14,9 km) 1.100m – ☆☆
2. Willems à Hem (残り8,2 km) 1.400m – ☆☆☆  
1. Roubaix (Espace Charles Crupelandt) (残り 1,4 km) 300m – ☆

 

注目されるライダーは

  •  Lotto Soudal  フィリップ・ジルベール、フロリアン・フェルメルシュ
  •  BORA – hansgrohe ニルス・ボリッツ
  •  Deceuninck – Quick Step カスパー・アスグリーン、イヴ・ランパールト
  •  Team Jumbo-Visma ワウト・ファンアールト、クリストフ・ラボルト
  •  Alpecin-Fenix マチュー・ファンデルプール
  •  Trek – Segafredo マッズ・ピーダスン、ジャスパー・ストゥイヴェン
  •  Bahrain – Victorious 新城幸也、マテイ・モホリッチ、ディラン・トゥーンス
  •  AG2R Citroën Team グレッグ・ファンアーヴェルマート、オリバー・ナーセン
  •  Groupama – FDJ シュテファン・キュング
  •  EF Education – Nippo シュテファン・ビッセガー
  •  UAE-Team Emirates マッティオ・トレンティン
  •  INEOS Grenadiers フィリッポ・ガンナ、ディラン・ファンバーレ、ミハウ・クフィアトコフスキ、マグナス・シェフィールド、ベン・ターナー
  •  Team TotalEnergies ニキ・テルプストラ
  •  Team BikeExchange ルーク・ダーブリッジ
  •  Team DSM ジョン・デゲンコルプ
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux タコ・ファンデルホールン、アレクサンダー・クリストフ
  •  Movistar Team イバン・ガルシア
  •  Team Arkéa Samsic コナー・スゥィフト

 

ブックメーカーのお気に入りは以下の通り。

 

スタート前

優勝候補ナンバーワンのマチュー・ファンデルプール。昨年は3位だったけれど、今年はどうだろうか。

レース前インタビューでは、「私達の計画?   本能でレースする。私はそれが好きだし。」

 

コロナから復帰のワウト・ファンアールト。チームのアシスト役だと言われている。コロナの場合心臓には負担がないと言われているけど、果たしてその走りはどうだろうか。

目標は最初の戦いを生き残ることだとか。

 

昨年2位のLotto Soudalのフロリアン・フェルメルシュ。パリ~ルーベ以降は目だった成績は、上げていない。今日の走りはどうだろうか。ベルギーでは期待されているけど。

 

INEOS Grenadiersの中で、エースと言われているフィリッポ・ガンナ。自分では、何故お気に入りだと言われているのかわからないと。メーバーは、とても良いので期待の出来るチームだ。

トム・ピドコックがいないのは残念。

 

 

Groupama – FDJのシュテファン・キュング。表彰台や10位以内には、何度も今年なている。だけど、勝利がない。Groupama – FDJは、チームランキングがワールドチームで最下位。

チームはダヴィ・ゴデュの1勝だけなので、やばい状況だ。

 

昨年と違って晴天。これは砂ぼこりのルーベとなりそうだ。

 

マチュー・ファンデルプール、ワウト・ファンアールト、フロリアン・フェルメルシュが笑顔で話している。

 

オフィシャルスタート

逃げに乗りたいメンバーが前でペースを上げる。

 

スタートから7kmほどアタック合戦。まだ、決まる気配はない。

 

ワウト・ファンアールトは、ずっと最後尾付近で走っている。様子見と言った感じか。

 

二人が少し前に出た。集団は容認するかな。

  1. マティアス・イェルゲンセン(Movistar)
  2. Stanislaw Aniolkowski(Bingoal-Pauwels Sauzen-WB)

 

 

Groupama – FDJのクレマン・デイビー (Groupama – FDJ)が落車。なんとか走りだす。

 

先頭二人に、追いついたが集団もすぐ後ろ。

 

二人が前にでた。少し集団はおとなしくなったかな。

  1. トム・スクリー(EF Education-EasyPost)
  2.  BRAET Vito (Sport Vlaanderen – Baloise)

 

まだ、逃げが決まらない。すでに27kmも走っているのに。

 

3人が15秒のリードを奪う。

  1. ローラン・ピション Team Arkéa Samsic
  2. オウィエン・ドゥール EF Education-EasyPost
  3. アレクサンドル・リアブシェンコ Astana Qazaqstan Team

 

集団はEF Education-EasyPostは逃げを決めさせようと前で邪魔するが、INEOS Grenadiersは捕まえようとしている。ガンナも前に出て先頭交代する。

 

集団は割れて20秒の差がついている。

 

これはダメだ。追走が9秒まで迫ってきた。3人は捕まってしまう。

 

こちらは先頭集団。ワウト・ファンアールトやマチュー・ファンデルプールは、43秒後ろの集団にいる。

 

INEOS GrenadiersとQuick-Step Alpha Vinyl Teamは、ベースを上げて後ろの集団を引き離しにかかる。先頭は73人。後続は100人。

 

後続は100人いるけど、引くチームが上手く連携しないとタイム差は広がるばかりだ。すでに1分6秒離れている。

 

新城幸也は集団最後尾に。

 

残り171.8kmでタイム差は、1分20秒。膠着状態が続いている。あと、15kmほどで石畳のセクターが始まる。後方に取り残されたマチュー・ファンデルプールは、どこかで追走をかけないといけない。

先頭では、多くのチームが先頭交代にメンバーを送っている。チームのメンバー数は

  • INEOS Grenadiers 7人全員
  • Quick-Step Alpha Vinyl Team 6人
  • TotalEnergies 6人
  • Jumbo-Visma 3人

このハンディは大きい。

 

後方は、Alpecin-Fenix、TREK  Domane、Groupama – FDJが引いているが追いつく感じがしない。

 

先頭では、INEOS Grenadiersのルーク・ロウ、キャメロン・ワーフ、マグナス・シェフィールドが先頭交代に。

Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、ティム・デクレル、ヤニック・シュタイムレ、ダヴィデ・バッレリーニが働いている。EF Education-EasyPostもTotalEnergiesも先頭交代に入るので心強い。

 

落車発生。なんと優勝候補のマッズ・ビーダスンとカスパー・アスグリーンが落車。マッズ・ピーダスンは早い段階でリタイヤしてしまう。

  •  マッズ・ピーダスン (Trek – Segafredo)
  •  カスパー・アスグリーン (Quick-Step Alpha Vinyl Team)
  • ヴィクトール・カンペナールツ(Lotto Soudal)
  •  TILLER Rasmus (Uno-X Pro Cycling Team)
  •  RUSSO Clément (Team Arkéa Samsic)

 

30. Troisvilles à Inchy (残り161,4 km) 2.200m – ☆☆☆  

先頭は最初のセクターに入った。

 

29. Viesly à Quiévy (残り154,9 km) 1.800m – ☆☆☆  

INEOS Grenadiersが全員で石畳のセクターを先頭で進む。

 

新城幸也は、後方集団にいる。

 

次々と落車が起きる。

 

28. Quiévy à Saint-Python (残り152,3 km) 3.700m – ☆☆☆☆

なんと、フィリッポ・ガンナはパンクで遅れている。

 

ガンナは一人で先頭を追う。この後、ガンナは追いつく。

 

27. Saint-Python (残り 147,6 km) 1.500m – ☆☆

ワウト・ファンアールトは、メイン集団の先頭にたってクリストフ・ラボルトを引きだした。

 

また、落車。またも、優勝候補が巻き込まれる。ここで新城幸也は道路脇に突っ込んでしまう。

  •  フロリアン・フェルメルシュ (Lotto Soudal)
  •  ディラン・ファンバーレ (INEOS Grenadiers)
  • キャメロン・ワーフ(INEOS Grenadiers)
  • 新城幸也 (Bahrain Victorious)

 

単独でTotalEnergiesのニキ・テルプストラが前に出た。

 

なんと、Jumbo-Vismaのクリストフ・ラポルトはパンクしたまま走っている。

 

ニキ・テルプストラは援軍が欲しいところだ。10秒のリード。

 

メイン集団はAlpecin-Fenixが引いている。他のチームが引かないと追いつかない。1分のタイム差は縮まらない。

 

マチュー・ファンデルプールは、バイク交換。シクロクロスの要領だ。

 

25. Saint-Martin-sur-Écaillon à Vertain (残り136,8 km) 2.300m – ☆☆☆ 

先頭のニキ・テルプストラを追う追走は14人。

 

ニキ・テルプストラが捕まってしまう。先頭は17人に。

 

凄い砂ぼこりだ。先頭はJumbo-Vismaのマイク・テウニッセン。

 

先頭は舗装路になると、後ろから合流が始まる。また、繋がって50人の大集団に戻る。メイン集団は1分48秒差となった。

 

24. Capelle à Ruesnes (残り130,4 km) 1.700m – ☆☆☆

また、ここでふるい落としが始まる。

 

23. Artres à Quérénaing (残り121,4 km) 1.300m – ☆☆

先頭は、イェンス・レインダース(Bingoal Pauwels Sauces WB)で22秒差。

 

またも、フィリッポ・ガンナがトラブル。チェーン落ちだろうか。

 

ガンナは、またいらない足を使わないといけない。

 

22. Quérénaing à Maing (残り 119,6 km) 2.500m – ☆☆☆  

ガンナは、石畳で集団後方に追いつく。

 

先頭のイェンス・レインダース(Bingoal Pauwels Sauces WB)がパンク。これは残念。一気に集団に抜かれてしまう。

 

21. Maing à Monchaux-sur-Écaillon (残り 116,5 km) 1.600m – ☆☆☆  

Quick-Step Alpha Vinyl Teamが先頭でセクターに突入。カスパー・アスグリーンは後方なので、イヴ・ランバールトで勝負を考えているかも。

 

20. Haveluy à Wallers (残り 103,5 km) 2.500m – ☆☆☆☆

先頭は5人となっていて第20セクターに突入する。

  1.  マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious
  2. ダヴィデ・バッレリーニ Quick-Step Alpha Vinyl Team
  3. ローラン・ピション Team Arkéa Samsic
  4. トム・デヴリーント Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  5. カスパー・ビーダスン Team DSM

 

19. Trouée d’Arenberg (残り95,3 km) 2.300m – ☆☆☆☆☆

先頭は後続に52秒差をつけた。さらに、メイン集団には1分48秒差。

 

ワウト・ファンアールトは、集団の後方に。

 

昨年とは全く違う展開。

 

先頭からダヴィデ・バッレリーニが切れて4人に。

 

 

Team Arkéa Samsicのコナー・スゥィフトが先頭から落ちてきたダヴィデ・バッレリーニと二人で追走。一緒に走っていたニルス・ボリッツは切れている。

ただ、先頭まで1分12秒もある。

 

なんと、ワウト・ファンアールトは、切れてしまった。その後、停車してサボートカーに。何かトラブルか。

 

18. Wallers à Hélesmes (残り 89,3 km) 1.600m –☆☆☆  

メイン集団は、2分17秒もある。

 

先頭は3人に。残り83kmもあるので、もう少しメンバーが欲しいところ。

  1. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious
  2. ローラン・ピション Team Arkéa Samsic
  3. トム・デヴリーント Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux

 

17. Hornaing à Wandignies (残り 82,5 km) 3.700m – ☆☆☆☆

Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxのトム・デヴリーントが端を走って先頭を快調に飛ばす。

 

追走のダヴィデ・バッレリーニとコナー・スゥィフトの後ろに集団が見えてきた。これは一旦吸収だ。

 

先頭3人対、集団との戦いになってきた。これは、この距離では厳しい。次の展開がありそうだ。

 

集団から抜け出した、シュテファン・ビッセガーが追走の二人においつく。これは、またチ3人で続きそうだ。

  1. コナー・スゥィフト Team Arkéa Samsic
  2. ダディテ・バッレリーニ Quick-Step Alpha Vinyl Team
  3. シュテファン・ビッセガー EF Education-EasyPost

 

 

先頭から落ちてきたTeam DSMのカスパー・ピーダスンも加えて追走は4人に。だが、この4人は集団に吸収される。

 

先頭3人では、マテイ・モホリッチが完全に抜けている。パリ~ニースの勝者は、最後まで逃げ続けることが出来るのだろうか?

 

集団からマッティオ・トレンティンがアタックをかける。だが、これはAlpecin-Fenixのティム・メルリエが捕まえる。

 

14. Beuvry à Orchies (残り 65,2 km) 1.400m – ☆☆☆  

メイン集団は、再びINEOS Grenadiersが攻撃を仕掛ける。

 

マテイ・モホリッチは、残り61kmで2分のタイム差を保っている。通常の道路ならば、10kmで1分のタイム差が詰められるが、この石畳のあるコースではそれは通用しない。

 

13. Orchies (残り60,2 km) 1.700m –☆☆☆

メイン集団はJumbo-Vismaが引く。ワウト・ファンアールトは、先頭付近まで戻っている。

 

ワウト・ファンアールトは、集団2番手に。

 

ワウト・ファンアールトが先頭を引き始めて、タイム差が1分40秒に縮まる。

 

ワウト・ファンアールト、ディラン・ファンバーレの引きで集団は一気に絞られてきた。

 

12. Auchy à Bersée (残り 54,1 km) 2.700m – ☆☆☆☆

マテイ・モホリッチにも、追走のペースアップは無線で聞いているだろう。次の展開に備えたほうが良いのでは。

 

マチュー・ファンデルプールのアシストとしてジュリアン・ヴェルモートがまだいる。いい働きをしている。

 

集団では落車が。ティム・メルリエが巻き込まれてしまう。

 

ディラン・ファンバーレが集団からアタック!

 

後ろには、チームメイトのベン・ターナーがおり集団からは追走がかからない。

 

11. Mons-en-Pévèle (残り 48,6 km) 3.000m – ☆☆☆☆☆

追走は9人まで絞られる。先頭はマチュー・ファンデルプール。

 

先頭はついに二人に。

  1. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious
  2. トム・デヴリーント Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux

 

ついにワウト・ファンアールトがアタックだ。

 

これには、当然マチュー・ファンデルプールとシュテファン・キュングが追いつく。

 

先頭まで34秒だ。

 

3人の前に、ディラン・ファンバーレとローラン・ピションが見えた。

 

10. Mérignies à Avelin (残り42,6 km) 700m – ☆☆

追走は5人に。

  1. マチュー・ファンデルプール Alpecin-Fenix
  2. ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma
  3. シュテファン・キュング Groupama – FDJ
  4. ローラン・ピション Team Arkéa Samsic
  5. ディラン・ファンバーレ INEOS Grenadiers

 

やはり、舗装路だと後続が追いつくてくる。この後合体。

 

9. Pont-Thibault à Ennevelin (残り 39,2 km) 1.400m – ☆☆☆  

39秒差で、第9セクターに先頭二人が突入。

 

ワウト・ファンアールトがパンク。

 

ワウト・ファンアールトは、全開で集団を追う。

 

マテイ・モホリッチがパンクで止まってしまう。

 

トム・デヴリーントは、後ろをみる。

 

先頭はトム・デヴリーント(Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)単独に。

 

マテイ・モホリッチは、先頭を追う。

 

だが、マテイ・モホリッチは後続に捕まる。

 

8. Templeuve (L’Épinette) (残り33,8 km) 200m – ☆

先頭は単独で第8セクターに。29秒差だ。

 

マチュー・ファンデルプール先頭でセクターに突入。

 

パンクから戻ったワウト・ファンアールトがベースを上げる。

 

追走ではアタックの掛け合いになってきた。

 

先頭に、マテイ・モホリッチとイヴ・ランバールトが追いつく。

 

マテイ・モホリッチはすぐに先頭に。

 

3人が先頭となる。うしろには、ディラン・ファンバーレが見えている。

 

7. Cysoing à Bourghelles (残り26,9 km) 1.300m – ☆☆☆

先頭に、INEOS Grenadiersのディラン・ファンバーレが追いつく。

 

先頭4人は後続に35秒差をつけた。

 

6. Bourghelles à Wannehain (残り24,4 km) 1.100m – ☆☆☆  

先頭4人は39秒差で第6セクターに。

 

タイム差が41秒と開いてきた。

 

ジャスパー・スティーブンのアタックに、ワウト・ファンアールトとシュテファン・キュングが追走。

 

マチュー・ファンデルプールは見送ってしまう。

 

さらに、ベン・ターナーとIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxのアドリアン・プティに追走を邪魔されてしまう。これは万事休すだ。

 

ジャスパー・スティーブンに二人が追いついた。

 

先頭4人は29秒差。

 

ジャスパー・スティーブンはパンク。これは痛い。

 

5. Camphin-en-Pévèle (残り 19,9 km) 1.800m – ☆☆☆☆

もう、残り距離が少ない。この4人に追走が追いつけば、その中かから優勝者が出る。

 

トム・デヴリーントが遅れそう。先頭は3人となりそうだ。

 

ディラン・ファンバーレがアタック!

 

ディラン・ファンバーレが抜け出しそうだ。

 

追走のシュテファン・キュングとワウト・ファンアールトはタイム差が縮められない。

 

INEOS Grenadiersのべン・ターナーが落車。

 

4. Carrefour de l’Arbre (残り 17,2 km) 2.100m – ☆☆☆☆☆

ディラン・ファンバーレが8秒差で独走する。マテイ・モホリッチは長く逃げていたし、イヴ・ランバールトは、まだ絶好調ではない。これはいったか?

 

マチュー・ファンデルプールは抑えの、ベン・ターナーが落車したために、単独で追い始める。しかし、1分以上のタイム差がある。これは、追いつくのは無理だろう。

 

ワウト・ファンアールトも追いつかない。タイム差は47秒。

 

今年でINEOS Grenadiersとの契約が切れるディラン・ファンバーレ。Jumbo-Vismaが狙っていると言われているけど、これでまた株が上がるのは間違いない。

 

残り10.7kmに。

 

マテイ・モホリッチもパンクがなければ、まだいけていたのに残念なことだろう。しかし、皆チューブレースを使っているのでパンクは少ないはずなのに、なんで?

 

2. Willems à Hem (残り8,2 km) 1.400m – ☆☆☆  

ディラン・ファンバーレは、残り二つのセクターだ。

 

イヴ・ランバールトがハンドルを取られたような感じで、物凄い落車をしてしまう。観客が受け止めてくれてたけど。これについては別記事で原因を~。

 

ワウト・ファンアールトとシュテファン・キュングは2位グループに追いつく。ここは、表彰台の戦いとなる。

  1. ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma
  2. シュテファン・キュング Groupama – FDJ
  3. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious
  4. トム・デヴリーント Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux

 

シュテファン・キュングがアタックをかけるが、ワウト・ファンアールトが逃がさない。まあ、この4人だとどう考えてもスプリントではワウト・ファンアールトに勝てない。

 

1. Roubaix (Espace Charles Crupelandt) (残り 1,4 km) 300m – ☆

ディラン・ファンバーレは最後のルーベの石畳に。

 

トラックに単独で帰ってきた。

 

ディラン・ファンバーレが単独で見事なゴール!

INEOS Grenadiersは、強いメンバーを添えていたけど、最初から攻撃を仕掛けて集団を分断。石畳でもチームで攻撃していた。

最後は、追走の中にベン・ターナーもおり、アタックをかけても抑えがいた。最終的には1分47秒も追走から逃げ切ったのだから、凄いパワーだ。

昨年のドワルス・ドール・フラーンデレンの勝利に続く、大きな勝利でモニュメント獲得だ。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

ディラン・ファンバーレのコメント

ゴール前に競輪場の反対側を見たが、私は一人だった。それは本当にクレイジーだ。これは記念碑だ。もちろん勝ちたい。フランダースのツアーで2位になり、ここルーベで優勝すること…私には本当に言葉がない。

INEOS Grenadiersは、チームが段階的にコースを引っ張ったため、早い段階でコースを難しくしましたね。

それは完全には計画されていなかった。私たちは非常に集中していて、やりたかったんだ。

特に追いかけたくなかった。私たちは前もってチームと一緒に乗った。そしてそれ以来、私たちが良いチャンスがあることを知っていた。

また、そのフェーズで無駄になるエネルギーも少なくなる。しかし、私はパンクした。そして誰もが何かアクシデントを持っていたと思う。しかし私たちは続けた。そして結果は素晴らしい。

私たちはゲームをタフにしたかった。ミハウ・クフィアトコフスキは、オープニングフェーズで、私が非常に強く見え、大きな自信を与えたと言った。

チームに感謝している。これまでのところ、素晴らしい春があった。私たちはこれを楽しむつもりだ。

私たちはここ数年、このために一生懸命働いてきたが、運も悪かった。そして今、物事は正しい方向に進んでいる。チーム全体がその恩恵を受けている。

 

RnkRiderTeamUCITime
1
 VAN BAARLE Dylan
INEOS Grenadiers5005:37:00
2
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma4001:47
3
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ325,,
4
 DEVRIENDT Tom
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux275,,
5
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious225,,
6
 PETIT Adrien
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux1752:27
7
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo150,,
8
 PICHON Laurent
Team Arkéa Samsic125,,
9
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Fenix1002:34
10
 LAMPAERT Yves
Quick-Step Alpha Vinyl Team852:59
11
 TURNER Ben
INEOS Grenadiers704:30
12
 KRISTOFF Alexander
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux604:33
13
 SÉNÉCHAL Florian
Quick-Step Alpha Vinyl Team504:36
14
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe404:47
15
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic35,,
16
 VAN DER HOORN Taco
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux30,,
17
 VAN AVERMAET Greg
AG2R Citroën Team30,,
18
 DEGENKOLB John
Team DSM30,,
19
 PASQUALON Andrea
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux30,,
20
 TEUNISSEN Mike
Jumbo-Visma30,,

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました