ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ブエルタ第4ステージで3位となったエンリク・マスがファンにバカと罵倒される その後の反応は?

海外情報
Photo by Dave Lowe on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

これはあんまりだろう。

ブエルタ第4ステージで、プリモッシュ・ログリッチ、マッズ・ピーダスンについでステージ3位に入ったMovistar Teamのエンリク・マス。

だが、ゴール後にファンからバカと罵倒されている。これに対してエンリク・マスの反応は?

 

スポンサーリンク

ゴール後の対応

 

最初からアップロードするつもりで、エンリク・マスに声をかけている。すでにアカウントごと削除されているけど、他のユーザーがアップロード。

エンリク・マスは、観客に近づき、尋ねた「このバカはとは誰だ?」

彼は答えた。「俺だ。あんたをバカと呼んだ。」

マスは言った。「お前はバカか?そのバカ面を殴られたことがないのか?」

観客はこう答えた。「なんでだよ、バカって言ったからか?勘弁してくれ。」

 

マスは口論から身を引いて走り去ったが、観客はマスを脅してその動画をツイッターに投稿したが、元の投稿はその後削除されている。

Eurosportのスペイン語サイトは、観客がアカウントを削除する前に、次のようにつぶやいたと伝えている。

「エンリク・マスと私の違いは、彼が何百万も稼いでいて、何でも我慢しなければならないことだ。

何百万も貰っているのだから、脅したり侮辱したり、批判や意見を受け入れる権利があれば、どんなものでも支払わなければならないと思う」

ほとんど、何を主張してるのか意味がわからない。少しでも結果が出ないと、これほど批判されないといけないのか?

 

下記の参考記事には元メッセージも載せられている。過去には、ライダーがファンを殴った事件も多数あるが、ライダーだって人間だ。エンリク・マスは我慢して走り去ったが、どれほどの思いだったか。

一生懸命走っているのにバカと言われてはねえ~。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました