ロードバイクの情報を発信しています!

2022 CROレース第6ステージ 最終ステージでヨナス・ヴィンゲゴーがまさかの~!

海外情報
Photo credit: .^.Blanksy on VisualHunt.com
この記事は約19分で読めます。

クロアチアのCROレースも最終ステージを迎える。

ヨナス・ヴィンゲゴーのリードは8秒しかないけど、Jumbo-Vismaがリーダージャージを明け渡すことはないだろう。

このステージレースで驚きはTeam DSMのオスカー・オンリー19歳。Development Team DSMに置いておくのは勿体ない。

テイメン・アレンスマンの後釜になれるほどの可能性を秘めているのでは。

 

スポンサーリンク

第6ステージ セント・ネデルジャ~ザグレブ 158km

コースプロフィール photo crorace

 

最終ステージは、クロアチアの首都に向かうスプリンターステージ。決勝は、ザグレブでの2周回のローカルサーキット。

ただ、登りも500mと短いのでスプリンターが遅れることもないはず。最後はスプリントで決着となるはずだ。ボーナスポイントで逆転の可能性もあるけど、そこはどうかな。

 

  1. スプリントポイント Spveta Nedelja
  2. スプリントポイント Dugo Selo
  3. スプリントポイント Vrbovec
  4. 3級山岳   Sv.Ivan Zelina    1.2km・5.3%
  5. 3級山岳   ザグレブ    0.5km・6.6%
  6. 3級山岳   ザグレブ    0.5km・6.6%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ジョナサン・ミランはポイント賞ジャージに。

 

最終日の4賞ジャージの着用者は

  •  総合 ヨナス・ヴィンゲゴー Jumbo-Visma
  • ポイント賞 ジョナサン・ミラン Bahrain Victorious
  • 山岳賞 アレクシス・ゲラン Team Vorarlberg
  • 新人賞 オスカー・オンリー Team DSM

 

今日は最初のスプリントポイントに向けてBahrain VictoriousとJumbo-Visma、Team DSMが前に陣取っている。

 

オフィシャルスタート。

 

Bahrain Victorious、Jumbo-Vismaが先頭を固める。

 

スプリントポイント前で、ポイント賞ジャージのジョナサン・ミランがずっとアシスト。

 

スプリントポイントでマテイ・モホリッチがトップ通過。これでボーナスタイム3秒を獲得。ヨナス・ヴィンゲゴーとのタイム差を5秒とする。

ゴールで2位以内ならば、総合逆転だ。ヨナス・ヴィンゲゴーは、4位通過でボーナスタイムが取れなかった。

  1. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious 5ポイント・3秒
  2. ジョナサン・ミラン Bahrain Victorious 3ポイント・2秒
  3. オスカー・オンリー Team DSM 1ポイント・1秒

 

逃げは5人

逃げているのは5人。残り59.4kmで35秒差。

  1. アレクサンダー・カタフォード Israel – Premier Tech
  2. ティモ・ローセン Jumbo-Visma
  3. ジャコポ・モスカ Trek-Segafredo
  4. アレックス・マーティン EOLO-Kometa
  5. VAN DER TUUK Danny(Equipo Kern Pharma)

 

集団はBahrain Victoriousのハーマン・ベーンシュタイナーが引いている。ジョナサン・ミランのスプリント3勝目を狙う。

 

3級山岳   Sv.Ivan Zelina    1.2km・5.3%

先頭は争うことなく3級山岳通過。

  1. アレクサンダー・カタフォード Israel – Premier Tech 3ポイント
  2. ジャコポ・モスカ Trek-Segafredo 2ポイント
  3. VAN DER TUUK Danny(Equipo Kern Pharma) 1ポイント

 

残り39.6kmでタイム差1分3秒差。

 

こちらはボスニア・ヘルツェゴビナ王者のヴェダド・カリッチ(Meridiana Kamen Team)。クロアチアのチームなのでカメラも撮影。

 

マテイ・モホリッチがゴールで2位以内、オスカー・オンリーがステージ優勝する以外は、ヨナス・ヴィンゲゴーの総合優勝だ。

 

Bahrain Victoriousのジョナサン・ミランもCROレースで覚醒したライダーの一人だ。ハットトリックとなると凄いのだけど。ただ、マテイ・モホリッチのために走るかも。

 

19歳が立派なTeam DSMのエース待遇。オスカー・オンリーは凄いライダーになりそうだ。

 

残り14.1kmでINEOS Grenadiersが先頭に。

 

先頭は、10秒差に迫られる。

 

残り2周

ソロソロ捕まるころか。集団が迫る。

 

3級山岳   ザグレブ    0.5km・6.6%

先頭が3級山岳に。

 

Trek-Segafredoのジャコポ・モスカが先頭。後ろはJumbo-Vismaのティモ・ローセン。

 

山岳ポイントはジャコポ・モスカがトップ通過。後ろから山岳賞のアレクシス・ゲランがきた。

  1. ジャコポ・モスカ Trek-Segafredo 3ポイント
  2. ティモ・ローセン Jumbo-Visma 2ポイント
  3. アレクシス・ゲラン Team Vorarlberg 1ポイント

 

アレクシス・ゲランが単独トップに。

 

アレクシス・ゲランはどこまで逃げれるか。

 

後ろに集団は見えている。

 

INEOS Grenadiersのゲラント・トーマス先頭で追いこんでくる。

 

残り1周

残り1周だ。

 

 

アレクシス・ゲランは捕まってしまう。

 

INEOS Grenadiersが先頭を固める。

 

3級山岳   ザグレブ    0.5km・6.6%

石畳の登りを走る。

 

先頭はBahrain Victoriousのジョナサン・ミラン。歩道も走るので観客が家の中に逃げ込む場面も。

 

頂上はキム・ハイドックがトップ通過。

  1. キム・ハイドック INEOS Grenadiers 3ポイント
  2. オマール・フライレ INEOS Grenadiers 2ポイント
  3. ダミアーノ・カルーゾ Bahrain Victorious 1ポイント

 

INEOS Grenadiersはエリア・ヴィヴィアーニでゴールを狙っている。

 

残り2km。INEOS Grenadiersの完璧なトレインだ。

 

残り1.8kmで後方で落車。

 

誰が巻きこまれたのか。Jumbo-Vismaのライダーも一人外側に逃げている。

 

INEOS Grenadiersのオマール・フライレが外れていく。

 

さあ、ゴール前ではジョナサン・ミランがマテイ・モホリッチをリードアウトするようだ。

 

先頭はINEOS Grenadiersのキム・ハイドックが、エリア・ヴィヴィアーニをリードアウト。

 

これはマテイ・モホリッチがゴールを狙っている。

 

リードアウトを終えたキム・ハイドックが早くも手をあげた~。

 

エリア・ヴィヴィアーニが先頭だ!

 

エリア・ヴィヴィアーニが勝利~!

 

後ろでは、キム・ハイドックとブランドン・スミスがエリア・ヴィヴィアーニと一緒にガッツボーズ。エリア・ヴィヴィアーニは今シーズン、ようやくの2勝目だ。

2位となったマテイ・モホリッチもガッツボーズ。なんと、マテイ・モホリッチは、ボーナスタイム獲得の離れ業で総合を逆転することに成功だ!

 

       

マテイ・モホリッチは、リードアウトしてくれたジョナサン・ミランをねぎらう。自分の勝利を犠牲にしてチームのために総合優勝を勝ち取ったのだから素晴らしい走りだ。

 

まさか、ヨナス・ヴィンゲゴーは、8秒差を逆転されるとは思ってもみなかっただろう。1秒差で、総合優勝を奪うことは出来なかった。最初のスプリントポイントでボーナスタイムを取れなかったのが敗因となったか。

 

スポンサーリンク

リザルト

第6ステージ リザルト

エリア・ヴィヴィアーニのコメント(公式サイトより)

今日は本当に集団スプリントに専念した。今朝、昨年のステージを見て、最終ラップのアタックを心配した。マテイ・モホリッチがGCで勝ちたいのなら、アタックする必要があることは分かっていた。

サーキットに入ったら、前に出てポジションをキープするのが、最善の方法だと思った。それからみんなはさらに良くなって、登り切った後、再びコミットして、今季最高のリードアウトができたと思う。僕は今年2勝目だけど、こうして優勝できたのはチームのおかげ。

とても大きな意味がある。スプリンターとして長い間勝てないとき、次の勝利はいつも本当に重要なものだ。シーズンを可能な限り最高の方法で終わらせ、チームに勝利をもたらしたいと思っている。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers14
10″
3:15:51
2
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious5
9″
,,
3
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa3
4″
,,
4
 REX Laurenz
Bingoal Pauwels Sauces WB  ,,
5
 MODOLO Sacha
Bardiani-CSF-Faizanè  ,,
6
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 
1″
,,
7
 MOLLY Kenny
Bingoal Pauwels Sauces WB  ,,
8
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers  ,,
9
 RIVERA Brandon Smith
INEOS Grenadiers  ,,
10
 BRUSTENGA Marc
Trek – Segafredo  ,,
11
 POOLE Max
Team DSM  ,,
12
 TRÆEN Torstein
Uno-X Pro Cycling Team  ,,
13
 GALVÁN Francisco
Equipo Kern Pharma  ,,
14
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma  ,,
15
 ONLEY Oscar
Team DSM 
2″
0:04
16
 MARTÍN Sergio Roman
Caja Rural – Seguros RGA  ,,
17
 FRAILE Omar
INEOS Grenadiers  ,,
18
 JENSEN August
Human Powered Health  0:09
19
 HAMILTON Chris
Team DSM  0:11
20
 GUERIN Alexis
Team Vorarlberg  0:15
21
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious  ,,
22
 ABERASTURI Jon
Trek – Segafredo  0:00
23
 MACIEJUK Filip
Bahrain – Victorious  0:24
24
 MEILER Lukas
Team Vorarlberg  ,,
25
 FINKŠT Tilen
Adria Mobil  ,,
26
 GLIVAR Gal
Adria Mobil  ,,
27
 DVERSNES Fredrik
Uno-X Pro Cycling Team  ,,
28
 EG Niklas
Uno-X Pro Cycling Team  ,,
29
 MAESTRI Mirco
EOLO-Kometa  ,,
30
 BUDZINSKI Marcin
HRE Mazowsze Serce Polski  ,,

総合

マテイ・モホリッチのコメント

エキサイティングなバトルになることは分かっていた。今朝はまだ8秒遅れで、まだ総合優勝は無理だと思われた。でも、最初の中間スプリントに全力を尽くし、そのあとのステージでは2位でゴールしなければならないこともわかっていた。

チームがほぼすべての作業を行った。私はただついていくだけで、フィナーレではジョナサン・ミランのホイールを失わないようにしなければならなかったんだ。

エリア・ヴィヴィアーニがスプリントを始めたとき、彼はリードアウトをした。スプリンターでもないのに、ついていくだけで、2位でゴールできた(笑)。チーム全員に感謝しなければならない。彼らなしには、これは実現しなかったでしょう。

今回のCROレースは、今シーズンを良い形で終えたいという思いがあり、目標にした。この夏はいろいろと問題があったが、カナダ旅行中にすでに少し調子が良くなっていた。

その後、ワールドカップには乗らないことにした。トップフォームで走ることができないからだ。でも、トレーニングは続けていた。

RnkPrev▼▲RiderTeamUCI Time
12▲1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious125
19″
24:54:05
21▼1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma85
20″
0:01
33
 ONLEY Oscar
Team DSM70
14″
0:11
44
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa60
4″
0:21
55
 LAURANCE Axel
B&B Hotels – KTM50
10″
0:26
66
 RIVERA Brandon Smith
INEOS Grenadiers40
2″
0:31
77
 TRÆEN Torstein
Uno-X Pro Cycling Team35 0:39
89▲1
 LASTRA Jonathan
Caja Rural – Seguros RGA30 0:47
910▲1
 HAMILTON Chris
Team DSM25 1:11
1011▲1
 FRAILE Omar
INEOS Grenadiers20 1:43
1112▲1
 GUERIN Alexis
Team Vorarlberg15
3″
6:40
1213▲1
 NIEVE Mikel
Caja Rural – Seguros RGA10 7:41
1314▲1
 EG Niklas
Uno-X Pro Cycling Team5 10:19
1415▲1
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious5
30″
10:23
1516▲1
 LEEMREIZE Gijs
Jumbo-Visma5 11:06
1618▲2
 SCHLEGEL Michal
Caja Rural – Seguros RGA3 12:39
1719▲2
 BOUWMAN Koen
Jumbo-Visma3 12:42
1820▲2
 MAESTRI Mirco
EOLO-Kometa3
7″
13:26
1917▼2
 PERNSTEINER Hermann
Bahrain – Victorious3 13:43
2023▲3
 MOLLY Kenny
Bingoal Pauwels Sauces WB3
6″
14:00
2121
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious3 14:02
2226▲4
 GALVÁN Francisco
Equipo Kern Pharma3 14:06
2328▲5
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers3 ,,
2430▲6
 GAUTIER Cyril
B&B Hotels – KTM3 14:07
2527▲2
 MARTÍN Sergio Roman
Caja Rural – Seguros RGA3 14:10
2631▲5
 MODOLO Sacha
Bardiani-CSF-Faizanè 
6″
14:12
2733▲6
 GLIVAR Gal
Adria Mobil  14:42
2829▲1
 BARCELÓ Fernando
Caja Rural – Seguros RGA  14:52
2936▲7
 BUDZINSKI Tomasz
HRE Mazowsze Serce Polski  14:59
3032▲2
 PAASSCHENS Mathijs
Bingoal Pauwels Sauces WB  15:05

ポイント賞

 

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious98
22
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious88
33
 LAURANCE Axel
B&B Hotels – KTM58
46▲2
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa57
54▼1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma52
65▼1
 ONLEY Oscar
Team DSM46
77
 RIVERA Brandon Smith
INEOS Grenadiers43
817▲9
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers41
98▼1
 MODOLO Sacha
Bardiani-CSF-Faizanè38
1011▲1
 MOSCA Jacopo
Trek – Segafredo30

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 GUERIN Alexis
Team Vorarlberg51
22
 ONLEY Oscar
Team DSM26
33
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma22
44
 LEEMREIZE Gijs
Jumbo-Visma17
55
 ROLLAND Pierre
B&B Hotels – KTM12
66
 POOLE Max
Team DSM11
77
 PAWLAK Tobiasz
HRE Mazowsze Serce Polski9
810▲2
 FRAILE Omar
INEOS Grenadiers6
9 
 MOSCA Jacopo
Trek – Segafredo5
108▼2
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious4

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 ONLEY Oscar
Team DSM24:54:16
22
 LAURANCE Axel
B&B Hotels – KTM0:15
33
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious10:12
44
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers13:55
55
 GLIVAR Gal
Adria Mobil14:31
66
 POOLE Max
Team DSM15:25
77
 MARTIN Alex
EOLO-Kometa19:19
88
 FANCELLU Alessandro
EOLO-Kometa23:46
99
 MIHOLJEVIĆ Fran
Bahrain – Victorious25:33
1011▲1
 HOPKINS Dylan
Ljubljana Gusto Santic32:12

チーム賞

RnkPrev▼▲TeamClassTime
11 INEOS GrenadiersWT74:48:19
22 Bahrain – VictoriousWT6:13
33 Caja Rural – Seguros RGAPRT7:44
44 B&B Hotels – KTMPRT8:11
55 Team DSMWT11:08
67▲1 Uno-X Pro Cycling TeamPRT15:53
76▼1 EOLO-KometaPRT16:23
88 Jumbo-VismaWT17:27
99 Team VorarlbergCT32:32
1010 Bingoal Pauwels Sauces WBPRT34:00

コメント

  1. 毎日読者K より:

    秒差を逆転するというすごく面白いレースになりましたね!

    イネオスはラスト数km完璧なトレインでしたね。

    ジョナサン・ミランはチームのためにほんといい仕事しました!かっこいい。
    モホリッチはあいかららず勝負感がいい。ゴール前ではうまいことヴィヴィアーニに乗り換えて(ゴール前最高速での斜行は危険な感じもしたけど。。。)仕事をやりとげましたね。

    • ちゃん より:

      ホント凄かったですね!
      マテイ・モホリッチが調子を戻したのが勝てた要因の一つでしょうね。コロナ感染がなければ、もっと今シーズンも活躍していたはず。

      斜行については、言われてきずきました。人数が少なかったのと上からの映像では後ろと離れていたので危険とは取られなかったのでしょうね。来シーズンのマテイ・モホリッチは、逃げて勝つパターンが復活しそうで楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました