ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツアー・オブ・デンマーク第4ステージ う~ん、そうきたか~

海外情報
Photo credit: Cederskjold - The Dane on Visualhunt
この記事は約12分で読めます。

レムコ・エヴェネプールは、最終ステージの個人タイムトライヤルを待つことなく、第3ステージで単独勝利を上げてリーダージャージをゲット。

ついにレムコの得意なパターンで勝つスタイルが戻ってきた感じだ。ひょっとすると再び、このステージでも同じことが繰り返されるかもしれない。

2017年には、Trek-Segafredoのマッズ・ピーダスンが勝利している。平坦に見えるけど、獲得標高は1,500m。小刻みなアップダウンで集団は絞られていくはずだ。

 

スポンサーリンク

第4ステージ   ホルベック~カロンボー 188.4km

第4ステージ photo procyclingstats.com

 

スタートのホルベックから、わずかに登っていく。前半にあるポイントは逃げ集団が奪っていくだろう。

 

  1. 山岳ポイント Vongshøj 0.6km・4.2%
  2. スプリントポイント Svebølle
  3. 山岳ポイント bøgebakken 0.4km・6%
  4. スプリントポイント  Kalundborg

 

カンロボーに到着すると、20kmの周回コースを4周してゴールする。Deceuninck-Quick-Stepは、どう動いてくるだろう。スプリントをマーク・カヴェンディシュで狙うだろうか?

 

8人の逃げ

cycling Todsy ストリーミング スクリーンショット以下同様

Team DSMのマーティン・セルモンを含む8人の逃げ。

  1. マーティン・セルモン (Team DSM)
  2. JOYCE Colin (Rally Cycling)
  3. ZUKOWSKY Nickolas (Rally Cycling)
  4. VAN POUCKE Aaron (Sport Vlaanderen – Baloise)
  5. KRISTENSEN Mads Østergaard (ColoQuick)
  6. NIELSEN Sebastian (Restaurant Suri – Carl Ras)
  7. TOUDAL Emil (BHS – PL Beton Bornholm)
  8. FOLDAGER Anders (Denmark)

 

スプリントポイント  Kalundborg

2回目のスプリントポイントの通過順位

  1. FOLDAGER Anders (Denmark) 3ボイント 3秒
  2. TOUDAL Emil (BHS – PL Beton Bornholm) 2ポイント 2秒
  3. KRISTENSEN Mads Østergaard (ColoQuick) 1ポイント 1秒

 

ラスト4周回

早くもゴールのカロンボーを通過。ここを4周する。残り78kmでタイム差は1分20秒。

 

集団は、レムコを守ってDeceuninck-Quick-Stepが引く。

 

ここが、周回コースの中で狭くてアップダウンが連続する箇所。ここでペースを上げられたら、間違いなく中切れしてしまう。

 

この狭い道路で落車発生。道路から左右で数人がはみ出ている。

 

トレックのミヘル・リースが何故か、畑の中で座っている。どれだけ飛ばされたのか?

  • ティモ・ローセン (Team Jumbo-Visma)
  • ミヘル・リース (Trek – Segafredo)

 

集団は、落車で中切れ発生。先頭はシェーン・アーチボルトが引いている。少し、集団復帰を待ってペースを一時落としていた。

 

集団から飛び出していた、KLARIS Magnus Bak (Denmark)が先頭まで22秒と迫っている。凄い独走力だ。

 

KLARIS Magnus Bak (Denmark)は、先頭に追いつき9名となる。

 

ラスト3周

ラスト3周回に突入。タイム差は1分16秒。

 

ラスト2周回

タイムは、1分20秒台であまり変わっていない。

 

Team Jumbo-Vismaもライダーを一人先頭に送り込んでいる。

 

残り26.7kmで1分6秒のタイム差。そろそろ詰めてくる頃か。

 

先頭は、周回コースの丘の部分を越える。距離は短いけど、結構な勾配だ。

 

ラスト1周

54秒のタイム差を持って、ラスト1周回へ。ゴールまで19.8km。

 

集団から、Bardiani-CSF-Faizanèの二人がアタック。だけど、すぐに捕まってしまう。

  • FIORELLI Filippo (Bardiani-CSF-Faizanè)
  • MAESTRI Mirco (Bardiani-CSF-Faizanè)

 

集団からはアタックがかかり始める。狭い道路区間で、一列棒状だ。

 

集団は、分断されている。レムコは先頭まで出て集団からの逃げを許さない。

 

先頭は、登りでアタックを掛けあうが決まらず一塊に。

 

残り6kmで、38秒もタイム差がある。これは追いつかないかも。

 

マッズ・ピーダスンがアタックだ。

 

だが、レムコが簡単に捕まえしまう。Deceuninck-Quick-Stepは、このステージの勝利は狙っていない。レムコの総合を守るために危ない逃げをつぶすだけだ。

 

先頭からは、Team DSMのマーティン・セルモンがアタック!

 

二人となる。

 

だが、決まらず一塊に。

 

 

集団も追い込むが届かない。Deceuninck-Quick-Stepだけに、集団牽引を任せていたツケが回ってきた。

 

Team Jumbo-Vismaが、ようやく前に出るが、すでに遅い。残り1.3kmで16秒差は埋められない。

 

勝利は、先頭の逃げのメンバーの中から決まる。

 

スプリントで勝利したのは、Rally Cyclingコリン・ジョイス(JOYCE Colin )。これでキャリア3勝目の勝利だ。

集団は6秒遅れで帰ってきた。7位からジャコモ・ニッツォーロ、マッズ・ピーダスン、マーク・カヴェンディシュの順だ。

スプリントで勝ちたいチームは、もっと積極的にDeceuninck-Quick-Stepの集団牽引に人数を送っておくべきだった。これが最後のステージ優勝のチャンスだったのに不意にしてしまった。

Deceuninck-Quick-Stepは、マーク・カヴェンディシュのスプリント勝利がなくても全く問題ない。レムコの総合を守るのが、このステージの目標だったのだから。

最終日は、個人タイムトライヤルなので、レムコのタイムを期待したい。

 

こちらはユーザー作成のハイライト動画 13分と長い

 

リザルト

第4ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 JOYCE Colin
Rally Cycling20304:22:44
2
 NIELSEN Sebastian
Restaurant Suri – Carl Ras1018,,
3
 SALMON Martin
Team DSM512,,
4
 KLARIS Magnus Bak
Denmark 7,,
5
 VAN POUCKE Aaron
Sport Vlaanderen – Baloise 4,,
6
 KRISTENSEN Mads Østergaard
ColoQuick 30:02
7
 NIZZOLO Giacomo
Team Qhubeka NextHash 20:06
8
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo 1,,
9
 CAVENDISH Mark
Deceuninck – Quick Step  ,,
10
 MØRKØV Michael
Deceuninck – Quick Step  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11
 EVENEPOEL Remco
Deceuninck – Quick Step57:07:04
22
 VAN DER SANDE Tosh
Lotto Soudal 1:33
33
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo 1:36
44
 VAN DER LIJKE Nick
Riwal Cycling Team 1:38
55
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma 1:40
66
 CHARMIG Anthon
Uno-X Pro Cycling Team 2:16
77
 MENTEN Milan
Bingoal Pauwels Sauces WB 3:31
89▲1
 TILLER Rasmus
Uno-X Pro Cycling Team 3:33
910▲1
 ERIKSSON Lucas
Riwal Cycling Team ,,
108▼2
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo 3:43

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo42
23▲1
 NIZZOLO Giacomo
Team Qhubeka NextHash29
32▼1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jumbo-Visma25
44
 VAN DER SANDE Tosh
Lotto Soudal21
55
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma19
6 
 JOYCE Colin
Rally Cycling18
7 
 NIELSEN Sebastian
Restaurant Suri – Carl Ras18
810▲2
 CAVENDISH Mark
Deceuninck – Quick Step16
96▼3
 EVENEPOEL Remco
Deceuninck – Quick Step15
1030▲20
 VAN POUCKE Aaron
Sport Vlaanderen – Baloise15

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 WALLIN Rasmus Bøgh
Denmark40
23▲1
 TOUDAL Emil
BHS – PL Beton Bornholm40
32▼1
 JENSEN Frederik Irgens
BHS – PL Beton Bornholm32
44
 STEIMLE Jannik
Deceuninck – Quick Step16
55
 BERNARD Julien
Trek – Segafredo12
66
 HANSEN Jesper
Riwal Cycling Team12
77
 STAMPE Daniel
Denmark12
88
 BANASZEK Norbert
HRE Mazowsze Serce Polski12
9 
 FOLDAGER Anders
Denmark12
109▼1
 KACZMAREK Jakub
HRE Mazowsze Serce Polski12

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 EVENEPOEL Remco
Deceuninck – Quick Step17:07:04
22
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo3:43
33
 PLUIMERS Rick
Team Jumbo-Visma9:51
45▲1
 PUPPIO Antonio
Team Qhubeka NextHash13:50
54▼1
 ANDERSEN Kasper
ColoQuick13:52
66
 GRIGNARD Sébastien
Lotto Soudal14:59
77
 VAN DIJKE Tim
Team Jumbo-Visma16:29
812▲4
 NIELSEN Sebastian
Restaurant Suri – Carl Ras17:55
914▲5
 MAZZUCCO Fabio
Bardiani-CSF-Faizanè20:23
1013▲3
 JENSEN Frederik Irgens
BHS – PL Beton Bornholm20:41

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました