ロードバイクの情報を発信しています!

2020 UCI eスポーツ世界選手権 今夜チャンピオンが決まる!

海外情報
photo Zwift
この記事は約3分で読めます。

UCIが開催する、2020 UCI eスポーツ世界選手権大会が12月9日、今夜開催される。

日本では22:45からはZwiftのYouTubeチャンネルで見ることが出来る。

EF Pro cyclingに移籍決定したFumyも参加するので楽しみだ。

 

スポンサーリンク

2020 UCI eスポーツ世界選手権大会

 

コースは、Zwiftのワトピアが使われる。距離は50㎞で、世界22か国から女子55人、男子78人のライダー参加。

 

日本からの参加は、男女の4人。

  1. 別府史之(EF Pro cycling)
  2. 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
  3. 與那嶺恵理(Alé BTC Ljubljana)
  4. 樫木祥子(AVENTURA)

 

男子のワールドツアープロ選手は

  • エステバン・チャベス(Mitchelton-Scott)
  • エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(2021からTeam Total Direct Energie)
  • トム・ピドコック(2021から INEOS Grenadiers)
  • ジャック・ヘイグ(Mitchelton-Scott)
  • ヴィクトール・カンペナールツ(2021からTeam Qhubeka ASSOS)
  • ライアン・ギボンズ(2021からTeam Qhubeka ASSOS) 
  • トーマス・デヘント(Lotto Soudal)
  • リゴベルト・ウラン(EF Pro cycling)
  • ダリル・インピー(2021からIsrael Start-Up Nation)

 

シクロクロスから数人参加で、エリ・イーゼルビットも出場。

スタートリストはこちら

 

だが、Zwiftレースではプロロードレースと走り方が違うので、彼らがそのまま優勝候補となることはない。

たぶん、Zwiftに精通しているライダーが勝利するでしょうね。

賞金は1位8000ユーロ(約100万円)、2位が4000ユーロ(約50万円)、3位が2000ユーロ(約25万円)。

さらに、1年間アルカンシェルのアバターと、2021年のUCIのeサイクリングイベントで着用できるリアルジャージが与えられる。

 

レースの模様は、ZwiftのYouTubeチャンネルで見られる。また、時間前になったら、公式サイトの動画を貼り付けますね。

 

こちらがレースの会場
2020 UCI Cycling Esports World Championships

コメント

タイトルとURLをコピーしました