私は、三味線を弾かない。ひけない?

梅雨も明けて、夏本番となってきて、そろそろ日中外で走るのがやばくなってきました。

昨日などは、熱中症警戒警報が出ていたとか。

天気予報の気温は、百葉箱の中の温度計で測られており、私らが走る炎天下の温度とは違います。

本日の最高気温は、37度。体温を上回っています。

さすがに、サマータイム導入となり出発がAM7:00となりました。

この時間ならば、少しは暑さ対策になるだろうとの考えからです。

三角公園では29℃

家からの下りは涼しく感じられたのですが、下界に降りるとムワーっという空気の層が。

温度は大したことないのですが、今日は湿度が高いようです。

日本の夏ですね。

定刻よりも、3分くらい早くついたら、お二人共すでに干からびていたので、とっとと出発。

北向きTT

30キロくらいで、引き始めたのですが、どうも先頭交代していると、あららっ、なんかきついです。

やぱい。どうやら体調良くないようです。

しかも、最後は普通にぶっちぎれ~。

ここで、隊長ハズカムで御座います。助かった~。一人、先頭交代要員が増えました!(^^)!

自転車あるあるの一つ 三味線弾き

レース会場などに行くと、知り合いとか、如何にも強そうな人達が、あちこちでこんな会話が……

最近乗ってなくて、調子よくないんだよね~

おれなんか、足が痛くてさあ、踏めないんだよね~

と、さも私は調子良くないんだ~
だから、マークなんてしないでオクレよ、攻撃を仕掛け合ってます。

自転車あるあるの一つで、こんなこという人に限って、レースが終わった途端に

いや、今日は調子が良くて最後のスプリント延びたなあ~

今日のペース遅かったから楽だったよ~

と、途端に豹変します。

サイクリストは、これを三味線を弾くといいます。

普通の自転車乗りの調子が悪いは、実は良いことも多い。自転車あるあるの一つです。

私は、三味線を弾くことがあまりなくて、調子が悪いと言ったら、本当に調子が悪いです。

で、今日はBat Dayのようです。

地獄の1時間

調子の悪い時には、決まって心拍が落ち着かない。

片目で走行。

視界がせまくなる。

ペースの上げ下げに対応出来ない。

で、レースならば、サヨナラ~  のパターンです。

で、1時間くらいすると、ようやくゼハーゼハーが収まって、なんとか平地ならば少しは走れるようになるというパターンです。

ですから、今日も1時間走るまでは、完全に死んでました。帰ろうかとも思う程の調子の悪さでございました。

安野前TT区間

なんとか、走れるようになってきたので、ようやく先頭交代要員に復活でございます。

坂前で先頭に立って、少し引いて坂は耐えます。

平地区間になってから先頭交代に入ります。

最後も頑張って引こうとしたのですが、体調の悪さはいかんともしがたく少し引いてチンでした。

帰りは灼熱

安野からの、下りは影でとても涼しく感じられて、良いペースで走れました(^^)

しかし、お日様の元に出た途端に、ペースダウンで、あとはタンタンとサイクリングペースで帰りました。

馬坂前当たりで、初心者の集団というか、縦長になったグループとすれ違いました。

これからロングライドに行くにしては、遅いような。倒れないといいんですけど。

最後の春日野坂では気温37度に。

電チャリはこの時間にはいないので、助かりましたが、木の陰が全くなくて、干からびる寸前でした。

明日は、なんとか体調戻ってくれるといいな。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする