ロードバイクの情報を発信しています!

エリートレースで涙を飲んだ17歳がシクロ世界選手権女子ジュニアで勝利!

海外情報
Photo shirinvananrooij instagram
この記事は約4分で読めます。

スーパープレスティージュ第6戦のSPディーヘムシクロクロスで、待っているはずのサポートがいなかったために涙したシリン・ファンアンローイ17歳。

 

17歳ながら、今シーズンのシクロクロスではエリート女子に出場していた。U23もすっ飛ばした感じだ。17歳といえば高校生なのだが、それでもエリートで表彰台に立つほどの実力を持っている。

シリン・ファンアンローイは、今大会から新設された女子ジュニアで圧倒的な勝利をおさめた。

 

スポンサーリンク

スタートダッシュが素晴らしい

2019世界選手権女子ロードジュニア個人タイムトライヤル2位。ヨーロッパとオランダの女子U19ロード個人タイムトライヤルチャンピオンでもある、シリン・ファンアンローイのスタートダッシュは凄かった!

男子顔負けのダッシュのスピードは迫力があるほど。

一度だけ3番手まで下がるが、最初の階段を含むフライオーバーで先頭にたつと、その後は後ろを引き離すばかりだ。

 

上のツイートで最初に写ったアメリカのマディガン・ムンローはアメリカジュニアシクロクロスチャンピオン17歳。

コロラド州ボルダー出身のムンローは、11歳でマウンテンバイクを始め、2018年にシクロクロスを始めた。

 

上の子がマディガン・ムンロー Photo boulderjuniors instagram

昨年のマウンテンバイク世界選手権は6位。シクロクロスのワールドカップはアメリカでは1回のみ。あとの13回はヨーロッパで行われる。

マッド基金によって今シーズンはヨーロッパで2回のワールドカップと他の3回のレースが出来たそうだ。

来シーズンからはU23カテゴリーとなるがマウンテンとシクロを両立していく。だが、ヨーロッパには中々来られないのが困りものだ。本場はヨーロッパなので難しいところだろう。

今回はオランダ勢に続いて3位でフニッシュした。

 

Photo UCI_CX twitter

シリン・ファンアンローイは、全く後ろを寄せ付けることなく独走で勝利! 

来シーズンからはU23となるが、一度優勝すれば男子のトム・ピドコックのようにエリートに進出するだろう。

一度でも記事として取り上げるとその選手がどうなったかはとても気になる。だが、こうやって活躍してくれるととても嬉しい。

エリート女子のシクロでも優勝出来る実力を身に着けて欲しいと思う。

 

こちらは女子ジュニアのハイライト
Women Junior Highlights | 2020 UCI Cyclo-cross World Championships – Dubendorf (SUI)

こちらはフル動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました