ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールの援軍としてヤスペル・フィリップセンが加わる

海外情報
photo Jasper Philipsen instagram
この記事は約2分で読めます。

2020オランダロードチャンピオンとなったマチュー・ファンデルプールに来シーズン大きな援軍が加わる。

 噂どおりAlpecin-FenixにUAE-Team Emiratesからヤスペル・フィリップセン(Jasper Philipsen )が移籍。

ワールドツアーからプロチームへの移籍となる。スプリンターでもありクラシックライダーとしても活躍出来るパンチャーとしてマチュー・ファンデルプールの片腕となれるだろうか?

 

スポンサーリンク

2年契約

 

フィリップセンは、アクセル・メルクスのチームであるハーゲンスバーマン・アクセオンに2018年19歳でプロ入り。

1年間の在籍でGylne Gutuerの優勝、アンダーでの優勝を含めると5勝をあげる。

 

2019年に、UAE-Team Emiratesに移籍。サントス・ツアー・ダウン・アンダーのステージ優勝。ツール・ド・フランスの期間中はバンチ・スプリントでも活躍。トップ10フニッシュを3回記録している。

ツール・ド・リムザン第3ステージを制し、2020シーズンの最初の勝利を手にしてた。

とても将来性のあるライダーで、何故UAEが彼を手放すのかは謎だ。本人にしてみれば、大きなチームでステージを狙うよりも、小さなチームで中心選手としてステージを狙うことを目指したのかもしれない。

Alpecin-Fenixならば、クラシックなどで活躍出来るはずだ。マチュー・ファンデルプールの良いアシストとなるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました