ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトは2023ツール・ド・フランスでグリーンジャージを狙わない その理由とは?

海外情報
Photo credit: babbo1957 on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

2022年シーズンもワウト・ファンアールトには最高の年だった。

ツール・ド・フランスでは、グリーンジャージを獲得。ステージ3勝をあげ、ヨナス・ヴィンゲゴーの総合優勝もアシストした。

特に第18ステージで、ヨナス・ヴィンゲゴーをアシストしてタデイ・ポガチャルを引き離した走りは圧巻だった。

 

2023年のツール・ド・フランスでも、再びグリーンジャージを狙うかと思っていたけど、そうではないようだ。

ワウト・ファンアールトならば可能だと思うのだけど、何故グリーンジャージを狙わないのか?

 

スポンサーリンク

グリーンはツールのゴールではない

Image credit: Jumbo-Visma

 

アムステルダムで行われたチームプレゼンテーションで、ワウト・ファンアールトは来シーズンの目標を記者に語っている。

 

2023年シーズンの目標は?

ロンド・ファン・フラーンデレンとパリ~ルーベで勝利したい。その目標は変わらない。これらは高いものだが、論理的な野心でもある。そして、今年起こったことを考えると、余計にモチベーションが上がる。

 

ディラン・ファンバーレという武器を手に入れましたね。

パリ〜ルーベで優勝したことで、外野はいろいろと変わったかもしれないが、私にとっては彼がいかに強いかを確認するものだった。

強いチームが必要なことはすでに知っているし、ディランがいればさらに強くなる。

いつかチャンスを失うかもしれないし、守りのレースをしなければならないかもしれないが、その逆も必ずある。そうすれば、お互いが強くなれる。

 

来夏もツールに向かいますね。今年は3つのステージを制し、7月にはグリーンジャージも獲得した。来年も狙いますか?

2023年は、ステージ優勝が優先される。グリーンはいい冒険だった。でもステージ優勝はもっと重要だし、ワールドカップ(ツールの2週間後にすでに開催)の方が高い目標だ。

だから、最初からグリーンの点数は気にしないことにしているんだ。そして、最終週にはまだ多くのチャンスがある。その方が、より賢明な選択ができる。

 

今年開幕戦で制覇したオンループ・ヘットニュースブラッドがスケジュールに含まれていませんが、これは何故?

そうすれば、ストラーデビアンケの前に1週間余分に高地トレーニングをすることができる。過去の経験から、高地トレーニングが成功の方程式であることは明らかだ。

 

春はストラーデビアンケに始まり、ティレーノ・アドリアテッコ、ミラノ~サンレモ、ロンド・ファン・フラーンデレンというスケジュールで間違いないですか?

パリ~ルーベのコースがフィニッシュ地点となる。リエージュ〜バストーニュ〜リエージュに続かないのは難しい決断だったが、ツールとワールドカップの一連の流れを通して、夏に集中したいと思う。

クリテリウム・ドーフィネではなく、ツール・ド・スイスがツールへの足がかりとなる。

 

来シーズンは、今年とは異なり、再び世界タイムトライアル選手権に参加するのですか?

今年はウロンゴンのロードレースの前だったので、ワールドカップでスーツを着たが、グラスゴーではその逆で、準備できるはずだからだ。

 

チームは、1月15日に行われるベルギー選手権シクロクロスに参加しないことを明らかにしていますが、これは何故ですか?

選択しなければならない。シクロクロスワールドカップはもう一つのステップアップであり、ロードシーズンに向けてしっかりトレーニングする期間が必要だ。

そのためには1月にインターンシップが必要で、ベルギー選手権は不幸にも倒れてしまう。

 

ワウト・ファンアールトの前半の目標は、ロンド・ファン・フラーンデレンとパリ~ルーベだ。今年は、コロナ感染でロンド・ファン・フラーンデレンを欠場し、パリ〜ルーベで2位となった。

2023年は、それらのモニュメントで栄光を目指したいと考えている。

ツール・ド・フランスでは、グリーンジャージよりもステージ優勝を追い求める。ツール終了後すぐにグラスゴーで開催されるワールドカップもあるからだ。

これが、ワウトがグリーンジャージを狙わない理由だ。そして、世界選手権でのタイムトライヤル、ロード共に狙うのがワウト・ファンアールトの後半の目標だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました