ロードバイクの情報を発信しています!

ジロをリタイヤしたフェルナンド・ガビリアがツールに出場する可能性は50%?

海外情報
https://twitter.com/fndogaviria
この記事は約4分で読めます。

フェルナンド・ガビリア(UAE-Team Emirates)は、膝の痛みでジロ・デ・イタリアから撤退。

チームは、ガビリアのツール・ド・フランスの参加は、フィフティ・フィフティの確立であるという。

 

ガビリアはツール・ド・フランスに出場出来るのでしょうか?
 
スポンサーリンク

ジロ・デ・イタリアからの撤退

 

ガビリアの目標の一つは、東京オリンピックにトラック競技で出場すること。

そのガビリアは、コロンビアのトラックで4月に膝を負傷してしまった。

彼はジロ・デ・イタリアで、エリア・ヴィヴィアーニが降格した後に繰り上げでステージに勝利した。しかし、膝の痛みが激しくなり、ステージ7でレースからリタイヤ。

ドイツで休息と治療の期間の後、ガビリアの母国コロンビアに戻り、2週間で再びトレニンーグを積み重ねた。

と言ってもコロンビアでは、強度を上げてなくてスプリント練習もしてない。今週からモナコに着いて少しずつ強度をあげてトレニンーグしている状態。

多くの選手がツール・ド・フランス前にはステージレースに出て自分の最終的な調整具合をみている時だ。

それなのにガビリアは何も出来ていないのだ。

 

 

UAE-Team Emiratesは、ガビリアの進歩をモニターして、月曜日にツール・ド・フランス参加について決定する。

「現時点では、正直、それは50-50です。

ガビリアのトレーニング状態が、わかっていない。

彼の、ピークパワー、筋肉量など、これから取り組むことになる多くのデータがあります。そして、正確な状態がわかれば決定を下します」

とチームマネージャーJoxean Fernandez Matxinは語った。

 

昨年のツール・ド・フランスではイエロージャージ着用

https://www.rcnradio.com/deportes/fernando-gaviria-cambiara-de-equipo-para-2019

フェルナンド・ガビリアは昨年のツール・ド・フランスで2つのステージを獲得した。

ツール・ド・フランスのデビュー戦でイエロージャージを着用したことを考えると、ガビリアが出場しないのはチームにとって大きな打撃となる。

 

しかし、チームにはアレクサンドル・クリストフもいる。彼は昨年のツール・ド・フランス最終ステージで優勝した。

今年も、6勝している。

2019年 アレクサンドルのリザルト
主なレースのみ
  • Tour of Oman (2.HC) Stage 1 優勝
  • Gent-Wevelgem in Flanders Fields (1.UWT) 優勝
  • Tour of Norway (2.HC) 総合優勝 Stage 1 優勝
  • Trofeo de Tramuntana: Soller – Deia (1.1) 優勝
  • Tour of Norway (2.HC)総合優勝 Stage 5 優勝
  • GP du canton d’Argovie (1.HC) 優勝

問題は、アレクサンドル・クリストフの場合、一線級のスプリンターが揃うワールドツアーになると中々勝てていない。

ただ、アレクサンドル・クリストフは単騎でもスプリントに絡める。アシストの手厚い保護はいらないのだ。この点は、ガビリアとは違ってくる。

チームとしては、最強のスプリンターに出場して貰いたいのは山々だろう。だが、最悪の場合にはアレクサンドル・クリストフに頑張って貰うしかない。

 

膝の痛みは深刻だ。ガビリアの出場は、本当にフィフティフィフティの確立だろう。

難しい判断になりそうだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました