ロードバイクの情報を発信しています!

エステバン・チャベスは664日ぶりの勝利で完全復活を果たした

海外情報
Photo credit: nuestrociclismo.com on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

ボルタ・ア・カタルーニャ第4ステージで、ラスト7.2kmから独走を開始したエステバン・チャベス(Team BikeExchange)。

まだ、イネオスは4人残っており、その時引いていたのは2019ジロ王者のリチャル・カラパス。その後ろは2018ツール王者のゲラント・トーマスと続いており、逃げ切れることはないと思われていた。

実際、タイム差は15秒程度で推移しており、最大でも25秒までしかひらかなかった。だが、最後は追い込まれながらも7秒のタイム差をキープしてゴール。

2019年ジロでのステージ優勝以来、実に664日ぶりの勝利を飾ることが出来、前日の2位と合わせて完全復活をアピールした形だ。

 

スポンサーリンク

失うものは何もない

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team BikeExchange(@greenedgecycling)がシェアした投稿

 

all-or-nothing。失うものは何もないとゴール後に語るエステバン・チャベス。この勝利までの道のりはとても長かった。

2013年トロフェオ・ライグエーリアのレース中の事故で右鎖骨の複合骨折、頭蓋骨の骨折、右頬骨、上顎洞と蝶形骨、穿刺された肺、肋骨骨折の重症をおってしまう。

この時の不自由な生活がエステバン・チャベス財団を立ち上げることにつながっており、子供を整形外科的に救う活動を継続して行っている。

チャベスは、2017年には膝のケガ、肩の骨折。2018年には、伝染性単核球症にかかってしまいジロを総合73位で終えた後は、このシーズンレースを走ることはなかった。

2020年は短いシーズンで、復活へ向けて困難な時期を過ごしていた。

エステバン・チャベスは前日のステージでも、集団からアタックをかけて一人単独で前を走っていたライダーを次々に抜いて2位でゴールしている。

この日は、無謀とも思えるラスト7.2kmからの離脱はイネオスの最強トレインとの戦いでもあった。

それは本当に長い道のりだったが、失うものは何もなく、勝つためにすべてを捧げた。私は総合で9位だったので、失うものは何もなかった。

向かい風が強く、ホイールのエネルギーを大幅に節約できるタイプの登りだったので大変だったが、良い動きだった。前にとどまることができ、足は本当に良かった。
 
チームは私、サイモン(イエーツ)とルーカス(ハミルトン)を本当に良いポジションに保つために本当にうまく働いたので、私はチャレンジしてみた。
 
信じられないことだ。昨日、この数か月、数年、数か月の苦労の末に言ったように、このようなパフォーマンスは、困難な瞬間の後に多くの喜びと幸せを与えてくれる。

これは、私を信じ続けたチームのすべての人々に「ありがとう」と言う方法だ。

残るステージは3ステージ。エステバン・チャベスは最終日まで山岳賞ジャージを守る予定だ。

Team BikeExchangeは、この日、ドリダーフス・ブルッヘ~デパンヌのウーマンレースで、グレース・ブラウン(Grace Brown)が独走勝利しており、二人の優勝者がいる嬉しい日となっている。

コメント

  1. ししまい より:

    ずっと応援していたので本当にうれしかったです。
    ケガや病気の影響もあったので、再びチャベスの勝利を見ることは難しいとも思っていました。たぶん私だけでなく多くの人がそう感じていたと思います。
    でも、チャベスは復活しました。
    あの、力強い走りはまるで夢のようでした。
    素晴らしい選手です。

    • ちゃん より:

      ししまいさん、確かにエステバン・チャベスは完全復活と言ってよいでしょう。
      2日連続での良い走りというのは、中々出来るものではないですからね。多くの選手がケガや病気から復帰しようとしているけど、大半の選手はあきらめることをしてしまう。
      チームの支えに、家族のサポートもあったから復帰出来たのでしょう。
      財団で、若者や子供たちに夢を与えているのも素晴らしいこと。これからツールなどでも活躍して欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました