ロードバイクの情報を発信しています!

Movistar Teamのエンリク・マスがツールとブエルタで別人のように走った理由を語る

海外情報
UnsplashKai Dahmsが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

Movistar Teamのエンリク・マスは、ツール・ド・フランスでは下りで大きく遅れる場面があり、下りで5分失ったこともあった。

そして、第19ステージで、コロナ陽性のためにツール・ド・フランスを去っている。

だが、エンリク・マスは2022ブエルタ・ア・エスパーニャでは総合2位。そして、イル・ロンバルディアも2位で走りシーズンを終えている。まるで別人だ。

わずか、1か月の間にエンリク・マスに何があったのか。その理由について明らかにしている。

 

スポンサーリンク

3回の落車がトラウマに

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Enric Mas Nicolau(@enric_mas_)がシェアした投稿

 

エンリク・マスをツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャでアシストしたグレゴール・ミュールベルガーが、特に下り坂の走りが彼のキャプテンにとって大きな問題であると公然と説明していた。

特に、ツール・ド・フランスでの下りの遅れは目に見える形で表れていたからだ。

「ピレネー山脈では、2つの下り坂で5分を失った。それは非常に多くの時間であり、他の人がさらに速く上り坂に行くと、前に追いつくことは不可能となる。

エンリクは何かを根本的に変えなければならない。さもなければそれは役に立ちません。」

 

エンリク・マスは、シーズン前半に3回クラッシュしている。そのため、自分のドライビングスキルに自信がなくなっていた。更に、恐怖心もあったのは間違いない。

ツール・ド・フランスでは、彼は単に怖すぎて最高のものに追いつくことができなかった。最初の痛みを伴うクラッシュは3月のティレーノ・アドリアテッコで発生し、2回目は4月初旬のイツリア・バスクカントリー。

3回目は6月のクリテリウム・ドーフィネで発生している。肉体的には、マスは深刻な怪我を負っていなかったが、精神的には、ツールの下り坂の遅れまで、傷はますます深くなっていた。

 

エンリク・マスは、ツールでの遅れについて次のように語っている。

「ツール・ド・フランス? 初めてサイクリングをしているかのように感じた。

最初から最後までひどいものだったので、私の記憶からそれを消去するのが最善だと思う。ピレネー山脈では最悪だった。

その時、私はパニックになった。隅々まで怖かった。疑いが頭に入り、支配権を握る。私の頭は、通常80km/hで運転できるコーナーの前にブレーキをかけなければならないと私に言っていた。

私が失った時間は、私の安全のためだったので、二次的なものだった。」

 

心理学者と協力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Enric Mas Nicolau(@enric_mas_)がシェアした投稿

 

ツールを去って1か月間。

エンリク・マスがコロナ感染のために第19ステージの開始前にツールを去ったという事実は、公の場で精神的な問題を隠していた。

しかし、エンリク・マス自身も、ブエルタ・ア・エスパーニャのために緊急に何かをしなければならないことをすでに知っていた。

彼は心理学者と、そして降下の専門家と働き始める。アンドラで、毎日山の登り下りを繰り返す。ハンドルテクニック、ライン選択、体重移動を一から再確認。

 「ツールとブエルタの間の月は大変な仕事だった。みんなが手を取り合って働き、私をとても助けてくれた。

もっと、上手く下れたかもしれないと思い、同じ山を何度も上り下りしたんだ。そして、それは少しずつ、それは良くなった。」

この、アンドラでの下りの反復トレーニングでエンリク・マスは克服することに成功している。

心理学者とは、サイクリングの単純な喜びや新しいリラクゼーションなど、より深い精神的なことにも取り組んだ。これは、ブエルタで見事に成功した。

2023ツール・ド・フランスでは個人トライヤルの距離が少ない。これはクライマーのエンリク・マスにとっては有利だ。

下りの恐怖を克服したエンリク・マスは、2023ツール・ド・フランスでは表彰台の候補の一人となるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました