ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaのアーフケ・ソートが拒食症の後にキャリアを終える 残念ながらサイクリングでは一般的と

海外情報
Image credit: AAFKE SOET/Instagram
この記事は約4分で読めます。

過去2シーズンJumbo-Vismaで走ったアーフエ・ソート(Aafke Soet)がサイクリングキャリアを終える。

2018年にはヨーロッパ選手権U23で優勝している将来有望なライダーだった。

 

写真の2位はTrek-Segafredoで走るシリン・ファンアンローイだ。同じヨーロッパ選手権ロードレースでも2位となっていた。

アーフエ・ソートは、残念ながらサイクリングでは拒食症の症状のある選手は一般的だという。

それほど痩せているようには見えないけれど、2018年からWNT-Rotor Pro Cyclingでプロとして走っていた。プロとなってからも、かなり苦労したはずだ。

 

スポンサーリンク

5年の摂食障害

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Aafke(@aafkesoet)がシェアした投稿

 

サイクリングを辞めます。そして、これがその理由(の一つ)です。

まず、私がサイクリングをやめたことを知らせる必要性を感じませんでした。なぜなら、いくつかの成功はありましたが、昨年は頻繁にレースに出場していなかったからです。自転車に乗る多くのライダーの一人に過ぎないのです。

今、私はこの別れの言葉を書いています。私はあまりにも長い間、自分が抱えていた何かを恥じてきました。おそらく、成功するキャリアのチャンスを台無しにしてしまったものです。

誰も経験する必要がないことを望みますが、悲しいことに、自転車競技と私たちが今日生きている社会では非常に一般的なことなのです。

私は拒食症に苦しんでいます。約5年間、摂食障害を患っており、その状態は上がったり下がったりしていましたが、破壊的な思考は常にそこにありました。

やっと心が楽になったとき、また物事がはっきり見えるようになった…。

そして、多くの仲間が苦しんでいることを知り、悲しくなりました。不健康で不幸な考えを持ち、不健康な身体やパフォーマンスの理想を求め、体の不調に対処しなければならないことに苦しむ。

ですから、私は皆さんに、周囲をよく見て、気づいてほしいのです。あえて発言し、質問し、助けを求める勇気を持ってください。

何よりも、あなたは、誰かがどんな困難に直面しているか、決して知ることができません。誰かが精神的に苦しんでいても、たいていの場合、あなたはそれを見ることができません。あなたができる最大の贈り物は、あなたの優しさ、時間、そして愛です。

私は今、「私は回復した」と言うことができ、ようやく人生の美しさを知ることができるようになりました。苦しんでいるすべての人に、そうであってほしいと心から願っています。

そこで私は、皆さんと、そして自転車競技とエリートスポーツの世界と、私の物語を分かち合うことにしました。

2023年、私はスポーツにおける摂食障害と戦い、健康的なパフォーマンスを実現するために戦う(W)eetwatjedoetプロジェクトの大使になる予定です。

私は、私のエネルギー、創造性、そして回復したポジティブさを彼らのミッションに参加するために注ぐことを楽しみにしています。詳しくは、バイオのリンクをご覧ください。

 

摂食障害に苦しむライダーは多い。無理をし過ぎると精神まで蝕んでしまう。アーフエ・ソートは回復しており、今度は苦しむアスリートを救う活動を行う。

 

摂食障害とメンタルヘルスの問題で、24歳のCofidisの女子プロレーサーが引退
デンマーク人ライダーのPernille Mathiesenは、精神的および肉体的な健康の問題解決に集中するために、プロとしてのキャリアを終了することを決定した。 彼女のInstagramアカウントの勇敢で深く正直な投稿で、メンタルヘルスや...
フランスの元ジュニアチャンピオンが21歳の若さで自転車を止める決定を下す バーンアウトか?
フランスのFDJのコンチネタルチームEquipe continentale Groupama-FDJで走るテオ・ノンネス(Theo Nonnez)は21歳の若さでプロサイクリングの世界から引退することを発表した。 トレーニングのストレスの...
ビールを飲んだ次の日は何も食べない 摂食障害について語るローハン・デニス
「ビールを1杯飲んで、罪悪感を覚え、翌日のトレーニングで食事をしない」とローハン・デニスは昨年の摂食障害について告白した。 ローハン・デニスは、2018ジロ・デ・イタリアで第2ステージから第5ステージまでマリア・ローザを着用。 その時に...
摂食障害で苦しむヤニ・ブライコビッチが異常な足の状態を投稿
ヤニ・ブライコビッチ(35歳)は、2017年までバーレーン・メリダに所属。 2010年にはクリテリウム・ドーフィネ総合優勝。2012年にはツール・ド・フランスで総合9位にもなったことのある実力者。 そのヤニ・ブライコビッチがプロツールの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました