ロードバイクの情報を発信しています!

ロマン・バルデはツール・ド・フランスを走らず何を目指す?

海外情報
Photo by Federico Beccari on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

2021年、ロマン・バルデにとってはすべてが変わる。

30歳となったフランス人のバルデは2020年末、9年間過ごしたフランスのチームAG2R La Mondialeを離れ、ドイツのTeam DSM(旧Team Sunweb)に移籍することを発表した。

フランス人のバルデがドイツのチームに移籍というのは、相当な決断だっただろうことは想像がつく。

だが、それほど今の自分の現状を変えたいと思っていたことは間違いない。そして、ロマン・バルデは、目標だったツール出場を今年はしない。

バルデの目指す所は何なのだろうか?

 

スポンサーリンク

クラシックで原点回帰

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Romain Bardet(@romainbardet)がシェアした投稿

 

ロマン・バルデは、カナリア諸島のテイデ山で高地キャンプをチームメイト共に行っている。バルデのシーズン開始のレースはベルギーのオムロープ・ヘット・ニウスブラットからだ。

続いて、ストラーデ・ビアンケに出場。2018年には、泥だらけになりながら、ワウト・ファンアールトを振り切って、ティッシュ・べノートに続いて2位でフニッシュしたレースだ。

バルデは、熱い走りを取り戻すために戦う。ロマン・バルデの本来の走りは、順位を守る走りではなく、アタックをかけて厳しいレースを勝ち残ることにある。

ツール出場では順位を期待され、失敗は許されない。これは大きなストレスだったのだろう。

その後、ティレーノ・アドリアテッコのためにイタリアに残る。つまり、フランスのパリ~ニースには出場しない。

 

二つのグランドツアー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Romain Bardet(@romainbardet)がシェアした投稿

 

そして、ついにジロへのデビューを果たす。これまでも、過去にジロに乗るという希望を話していたが、フランスの期待の星として、ツール・ド・フランスから抜け出すということは容易ではなかった。

2020年にジロ挑戦を果たそうとしたが、コロナのためにツールに切り替えた。結局第13ステージで落車のためにリタイヤとなってしまった訳だが。

今年は、オリンピックも開催されるため、ジロの後にオリンピックでメダルを目指し、その後、ブエルタ・ア・エスパーニャに出場する。

ブエルタは2017年に17位になって以来の2度目の出場となる。現状に満足せず、変化し挑戦することを目指しているロマン・バルデ。

再び、クラシックでの熱い走りと、山岳での活躍が見られるのか期待しておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました