ロードバイクの情報を発信しています!

2020ブエルタ・ア・エスバーニャはスプリンターに優しいコース?

海外情報
Photo LaVuelta.com
この記事は約3分で読めます。

スペインのマドリードで2020ブエルタ・ア・エスバーニャのコース発表が行われた。

バッと見たところ、昨年よりも随分と優しいコースになったなという感じがしますね。

ツールがスプリンターに厳しいコースになっているので、ブエルタのコースはスプリンター向きかもしれない。

でも、山岳を越えないとマドリードにはたどりつけないですけどね。

 

スポンサーリンク

2020ブエルタ・ア・エスバーニャ

ざっと、コースをみるにはプレゼンテーションビデオを見るとわかります。

 

2020ブエルタは、オランダで開始。

8月14日金曜日にユトレヒトで23.3kmのチームタイムトライヤルで幕開けとなる。オールフラットなのでジックリと各チームの装備とか見れそうですね。

オランダでの3ステージはフラットなスプリンターコース。

オランダといえば、マチュー・ファンデルプールがブエルタに出場かと思っていたのですが、コースディレクターが2つのポケットに3つは入らんと言ってマチューの出場はないと言ってますね。

マチュー・ファンデルプールが走るのを楽しみにしていたので結構残念!

 

ほぼ完全にスペインの北半分に焦点を当てた2020年のVueltaルートは、カタルーニャを含む国の南部および東部を完全に迂回し、オランダのレグの後、バスク地方の国境都市イルンでステージ4を開始する。

 

第9ステージでツールマレー峠登場

第9ステージ Photo LaVuelta.com

事前の噂どおりに、フランスのツールマレー峠2,115mでフニッシュとなるコースが登場する。

距離は、135.6kmと予想の200kmからは随分と短くなってますけどね~。

 

十分厳しいコースであることに変わりはないかな。

 

第15ステージ

第15ステージ Photo LaVuelta.com

第15ステージに予想通りにアングリルが登場。

 

登坂距離12.6km、最大勾配20%の傾斜があり8回目の登場となる。

今回のブエルタは、7ステージもスプリンターステージがある優しいコース。通常のツール・ド・フランスのコースのような感じ。

ジロとツールが厳しすぎるので、ブエルタが優しくなった感じでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました