ロードバイクの情報を発信しています!

VelonとEYが先進のVelonLiveデータ追跡システムを発表

http://www.cyclingnews.com/news/velon-and-ey-launch-new-velonlive-data-tracking-system/ 機材情報

11のUCI WorldTourチームを代表するVelonビジネスグループは、デジタルサービス会社EYと提携し、VelonLiveを作成しました。

これは、ロードサイクリングをよりアクセスしやすくし、何百万人もの人々を魅了するシステムです。

 

スポンサーリンク

VelonLive

http://www.cyclingnews.com/news/velon-and-ey-launch-new-velonlive-data-tracking-system/

最近のレースで良くみかけるようになった、バイクにとりついたデータ収集機器。これがVelon Liveを表示させます。

 

https://www.velon.cc/news/ey-and-velon-launch-advanced-cycling-data-tracking-system-worldwide

フランダース・ツアーでもデータが表示されていましたね。

 

https://www.velon.cc/

Velon Liveによって、リアルタイムに上のようなデータが表示されます。

 

2014年の創業以来、Velonはサイクリングファンにオンボードカメラ映像とライダーのスピード、ケイデンスとパワーのようなリアルタイムの情報を提供しようとしてきました。

 

Velonについて

Velonはプロロードサイクリングのトップチームを代表して働いています。 ライブライダーデータ、最高のビデオ、これまでにないほどスポーツを見せるためにデザインされたソーシャルメディアで、チームからファンへのレースの興奮をもたらすことに注力しています。
Velonの目的は、プロロードサイクリングの現在のファンと新しいファンの両方を興奮させ、説明し、刺激することです。
Velonは、スポーツ全般にわたってチームやレースの主催者と提携し、急成長中のロードサイクリングファミリーに新しい技術と投資をもたらします。
引用 velon

 

 

Velon Liveの打ち上げは、5月11日にボローニャで開催されるジロ・デ・イタリアと一致します。これから毎年100レース以上のアクセス可能なレースデータを作ります。

 

VelonのCEO、Graham Bartlett氏は、次のように述べています。

「EYが提供するデータとデジタル分析の知識のおかげで、ファンとレースパートナーの両方にとって、世界最高のチームとライダーのレースを活気づけることができます。

EYはビジネスを変革します」

彼は言った。

 

ゲラント・トーマス

http://www.cyclingnews.com/news/velon-and-ey-launch-new-velonlive-data-tracking-system/

Velon Liveは、Team Ineosのゲラント・トーマスをサポートします。

「ファンに私たちができる限り多くのサイクリングについての興味を提供することに努力してます。そしてEYとVelonはスポーツのデータ面を開くという素晴らしい仕事をしました」

とトーマスは言いました。

 

トム・デュムラン

http://www.cyclingnews.com/news/velon-and-ey-launch-new-velonlive-data-tracking-system/

そして、2017 ジロ・デ・イタリアのチャンピオンのトム・デュムラン(Team Sunweb)

「エリートサイクリストにとって、レースは情熱です。

レースデータをファンと共有することで、スポーツに新たなエキサイティングな側面が加わり、これまで以上に優れた方法でファンを私たちの旅の一部にすることができるのは素晴らしいことです」

Velonのライブライダーデータは、今シーズン以下のレースでデータ公開されています。

  • Cadel Evansグレートオーシャンロードレース
  • UAEツアーフランダースツアー
  • フランダースツアー

 

https://www.velon.cc/news/ey-and-velon-launch-advanced-cycling-data-tracking-system-worldwide

 

リアルタイムで、データが見れると楽しいですよね。特にアタックの瞬間とか常にライダーのデータが見れたら平坦レースでも、退屈せずに済みそうです。どんどんデータを公開してくれれば、パワーメーターの使用不可の問題なんかもなくなりますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました