ロードバイクの情報を発信しています!

Wahoo ELEMNT ROAM GPSがカラースクリーンで登場!

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/ 機材情報

WahooのGPSコンピューターELEMNT ROAMがカラー液晶で登場しました。

使いやすいコンピューターを作るという当初の目標を維持しながら、新しいELEMNT ROAMはより進化して簡単になりました。

 

スポンサーリンク

Wahoo ELEMNT ROAM

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

左から:ELEMNT BOLT、ELEMNT、ELEMNT ROAM

大きさは、ELEMNTと変わらないです。

 

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

94gはかなり軽量です。

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

ROAMは2.7インチの対角スクリーンサイズを持つかなり大型のコンピューターです。

しかし、実際の重量は軽く、より合理化されています。

  • ELEMNT ROAM 94g
  • ELEMNT 105g

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

厚みは結構ありますね。

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

コンピュータとマウントが一体化されていて、空気抵抗もこれならば削減できますね。

ただ、この純正のマウントには問題があるようです。それは次で述べます。

 

マウントの問題

ROAMはELEMNT BOLTと同じような形状で、付属のマウントと一体化した空力プロファイルを採用しています。

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

 

マウントの形状は似ていますが、ROAMはELEMNT BOLTマウントと互換性がありません 。

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

しかし、K-Edgeのマウントならば、現在のELEMNTマウントを持っていれば、互換性あります。

K-Edgeならば、剛性は増加しますが、空気抵抗は少し大きくなります。

K-Edgeのマウントは、ROAMには必要だと思われます。

それは

残念なことに、標準のWahooマウントのプラスチック構造はあまり堅くなく、一番外側のボタンを押すとマウントが曲がるそうです。耐久性とか、どうなんでしょうか?

 

K-Edgeに、Wahoo ELEMNT ROAM互換のアフターマーケット用アルミマウントを市場に投入してくれば、K-Edgeのマウントを使うのが良いと思われます。

 

スポンサーリンク

カラー液晶

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

ROAMの最大の変更点の1つは、もちろんカラースクリーンの追加です。

Wahooは、主要な地形機能とパフォーマンス指標を強調するためにカラー色を使うことを指摘している。 複雑な道路、水道、そしてパフォーマンスゾーンをハイライトするような色が、より画面を見やすくしてくれます。

フラッシュマウントされたLCDを搭載したGorilla Glassレンズのおかげで、スクリーンも見やすくなりました。

これにより影が防止され、直射日光が当たっても画面が見やすくなります。暗くなると、コンピュータは現在の照明条件にバックライトを調整する周囲光検出を内蔵しています。
 

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

 

もちろん、WahooのプログラマブルサイドLEDライトも、Perfect View Zoomシステムと同じように動作します。これにより、一度に画面に表示される情報を最小限に抑えることができ、地図やルートプロファイルなどを簡単に拡大/縮小することができます。

データフィールドをさらにカスタマイズするために、ELEMNT Companion Appを使用してレイアウトを選択できます。

 

スポンサーリンク

ナビゲーション

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

ナビゲーションには、リルート機能もついています。カーナビと一緒ですね。

以下の新しいスマートナビゲーション機能を使用すると、乗り始めた後は、特定の目的地への道をすぐに見つけることができます。

  • Route To Start – ベストパスを使用して、ライドの始めに戻る
  • トラックに戻る – 現在のアクティブなルートに戻るためにあなたを再ルーティングします
  • ルートを後退 – ルートを最初から後ろへ
  • ナビ機能 – 保存または選択した場所への新しいルートを開始します
  • はじめよう – 計画したルートの出発点までの​​方向を順番に表示します。
  • 保存場所 – 優先場所へのルートを作成します

 

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

ルーティングについて言えば、Sea Otterの直前にモントレーで開催されたイベントに参加していたときのプレゼンテーションで、以下の質問がありました。

 

デバイスにいくつのルートを保存できますか。

Wahoo: ELEMNT ROAMには、全ナビゲーションデータを持つ価値のある約4つのアメリカの州があります。ヨーロッパの場合は、目的地に応じて国別にダウンロードする必要があります。

それらのルートパックがロードされたら、あなたはどんなルートでもロードすることができ、それで何をすべきかを知るでしょう。

日本のロードマップもこれまで通りあるようです。

 

デバイス上に直接ルートを作成できますか?

Wahoo:保存した場所に移動するように指示するか、地図をパンおよびズームしてピンをドロップしてから、そこに移動するように指示することができます。

しかし、あなたはボタンでそれをしなければなりません。それはタッチスクリーンではありません あるいは、Wahooのスマートフォンアプリでルーティング画面を引き上げてより直感的にドラッグしてからピンをドロップし、そこにルーティングするように指示してからデバイスに送信することもできます。

あなたが自身のデザインの完全なルートを作成したいならば、彼らはKomoot、RideWithGPS、Strava、Singletracksなどのような第三者サービスを推薦します。

タッチスクリーンで直接は操作出来ないということのようです。

 

ルートのためのオプションを与えるのでしょうか、それとも直接的なルートを選ぶのでしょうか?

Wahoo:選択肢がある場合は、高速道路や主要道路のようなものを避けるためにOpenStreetMapsと組み合わせて蓄積された知識を使用して、最も自転車にやさしい方法でルートを表示します。

 

砂利道や他のパラメータを選択できますか。

Wahoo:ネイティブではありませんが、Komootを使ってサーフェスのタイプを設定することができます。

 

地図情報はどこから入手しますか。

Wahoo:いくつかのトレイルはマップされているので、画面上に正しいルートが表示されますが、それが地図システムにない場合は、空白を通ってブレッドクラムトレイルが表示されます。

 

スポンサーリンク

スペックと価格

https://bikerumor.com/2019/05/01/elemnt-roam-gps-leads-the-adventure-w-color-screen-new-features-wahoo-simplicity/

カラースクリーンにもかかわらず、ROAMはより大きな容量のバッテリーのおかげで17時間のバッテリー寿命を維持することができます。

それをボルトの15時間と比較すると、ROAMがカラー液晶であることを考えると性能の向上は素晴らしいといえます。 iOSおよびAndroidオペレーティングシステムとBlutetooth、ANT +、およびWifiとの互換性があり、ROAM付きバンドル、フロントマウント、ステムマウントは35,820円で販売されます。 

Wahoo ELEMNT ROAM: Built For The Ride

 

カラー液晶になって、互換性も多いWahooのGPS付きのELEMNT ROAM中々よさそうです。

パイオニアのパワーメーターにも対応しているので、新たな選択が出来ましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました